トカラ列島で群発200回 トカラの法則

スポンサードリンク

ヒャッハー!

さて、今日は911ですが、今んとこ何もないですね。

まぁ、危ないのは明日912(海外時間911)です。
皆様お気をつけを。

ところで、8日に、アフリカのモロッコではM6.8の地震がありましたね。
死者2千人超のようですた。

モロッコとはここ。

これは地震後のモロッコの様子のようです。

これは直後の様子。

トルコと同じですね。
地震前にこのように空がピカピカ光る現象が確認されたようですた。

モロッコは、8月にBRICS加盟を正式に申請したばかりですよね。

このタイミングはひじょーに怪しい。

 

2月に巨大地震が起きた、トルコもNATOを抜け、BRICSに入る動きを見せた。

トルコは5万6千人が犠牲になった。

裏切り者は許さない。
ということでしょうかね。

さて、そんな中。
日本では気になる群発地震が起きてます。

鹿児島と沖縄の間のトカラ列島で200回以上の地震が起きてますね。

 

これは。。

トカラの法則。

ワタスの口癖、とかなんとかのトカナの法則ではなく。
トカラの法則。

トカラ列島で群発地震があると、その直後日本のどっかで大地震があるという法則です。

以下、南日本新聞からです。

トカラ地震後に大地震…「トカラの法則」? 専門家「科学的根拠ない偶然」「日本全体が多発地帯」


トカラ列島近海で4月9日から断続的に発生している地震は24日までに計265回に上る。

インターネット上では、トカラ近海で地震が頻発した後、国内で大地震が起きるという“トカラの法則”なる言葉が話題になっている。

専門家は「科学的根拠はない」と指摘する。

「トカラ列島の群発地震→巨大地震で日本滅亡の前兆か!」―。

ツイッターでは、2011年の東日本大震災や16年の熊本地震などの大地震とトカラ近海地震が因果関係にあるかのような投稿が相次いでいる。

・・

東日本大震災が起きた11年は、トカラ近海で計63回地震があり、地震群は6件。

熊本地震があった16年のトカラ近海地震は計157回で地震群は8件。

その後に大地震があったのは、熊本地震(最大震度7)のほか、北海道浦河沖(同5弱)、鳥取県中部(同6弱)、福島県沖(同5弱)、茨城県北部(同6弱)の4件だった。・・

まぁ、地震などいつ起こるか分からないのですが。

9月は、100年前の関東大震災で10万人に及ぶ犠牲者が出た月です。

注意するに越したことはない。

本当にありがとうございますた。

イベント情報:
祝!DENBA代理店になりました

能登半島地震:
地球守活動募金先

ショップ情報:
自作ソーラーパネル発電講座 録画動画 7,000円

メルマガ始めました:
サポーター会員募集中(月額777円)

スポンサードリンク

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加

関西黄金村 隊員連絡網はこちら
友だち追加

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう