同調圧力 洗脳社会から辞める練習 震災でも出社のサラリーマンが話題

スポンサードリンク

さて、地震でも出社する日本サラリーマンの社畜ぶりが話題になっているようですが。

以下。
いやいやいや。誇ってる場合か!

こちらが普通でしょう。

こんな記事もありました。

「このままでは首都直下、南海トラフに対応できない」大阪北部地震でも”災害モード”にならなかった日本社会

「なぜ必死になって出勤しようとするのか。電車がしばらく動ないことが分かっていても、再開まで駅にいるぞという心理は”エマージェンシーモード”ではない。そのことによって、駅にはものすごい負荷がかかっている。駅員や鉄道事業者の負担を一旦軽減させ、エネルギーを復旧のために使ってもらったほうが経済合理性もある。政府が働き方改革を進めているが、なぜエマージェンシーモードが入らないのか」。

 慶応大学特任准教授の若新雄純氏は「地元の福井が大雪になったとき、国道も雪に埋もれていて商品に仕入れができないという状況なのに、大手コンビニチェーンが”出勤しなくていい”という判断をしなかったため、加盟店のスタッフは無理やり出勤した。日本人は”皆で休む”と決めていないと、”行かないといけない”という気持ちになる。今回の地震でも、”すぐに電車が復旧して、みんなが会社に行っちゃったらどうしよう”みたいな心理があったと思う。社会全体で”迷惑がかからないようにしよう”という規範を作り、子どもの避難訓練でも”押さない・駆けない・喋らない”に加え、”会社に行かない”ということも教えないといけない」と提案した。

 渡辺氏は「アメリカの場合、大きな災害が起きると、州知事や大統領が『非常事態宣言』を出すことで、様々な機関がエマージェンシーモードに切り替わる。ハリケーンの時にマイアミでびっくりしたのは、路線バスの行き先が”Emergency”に変わったこと。誰でも乗れるようになり、避難所に向かった。これから我々が迎え撃つことになる巨大地震のイメージが過少評価されている。このままだと、首都直下型、あるいは南海トラフ地震とはとても戦えない。若い皆さんにもぜひ考えてほしい。それをベースにして、政府が企業、社会に災害モードの形を提案する時期に来ている」と訴えた。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)

なぜ、緊急事態なのに出社してしまうのか。

周りからの同調圧力。

人の目を考えなさい。周りを見なさい。
そう学校教育で徹底的に叩き込まれてるせいでで考えずに反応してしまう。

とにかく自分で考えない。
まわりがやってるからそうする。
そりゃロボット化してるってことですね。

中国人はこう言ってるようです。

いや、以下は全然関係ないですが。
前にこんなの載せました。

食べ物小さくなってませんか日本?!

2018.01.09
今日驚いたのは伊藤園のむぎ茶がいつの間にか650ml→630mlでした。

( ゚Д゚)
伊藤園のむぎ茶ぁぁ。
お前もかぁ~!

ったく。
こういう姑息なのが日本の大企業。

3.11の時も全てがひじょーーーーに姑息ですた。

震災後、放射能予測システムSPEEDI(スピーディー)はなぜか風向きを発表しなくなった。
食品の基準値は10ベクレルだったのに、なぜか100ベクレルと10倍になった。

支配者層というのは、庶民の安全、幸せなど、なーんも考えてない。

あるのは究極のエゴ。
自分さえ良ければ他の人が死のうが苦しもうが関係ない。

養分を吸い取って使えなくなったら捨てる。
庶民は、ただの使い勝手の良い家畜と思ってる。

正直、ロボットの様に働いて、地震でも出社して。
その先に何が残るのか。

そろそろ洗脳から抜け出す時じゃないでしょうかね。
また、311の時のようなのが来たらどうするんでしょうか。

あの当時は、
怖い。怖い。
何でもよいからとりあえず更新してくれ。落ち着くから。

ワタスのブログにはそういうメールがいっぱい来たものです。

昨今の連日の地震。

皆さん、また始めますよ~
今のままで良いんでしょうか?
これから大きく社会が変わりますよ。
犠牲になっちゃいますよ~。
そういう警告のような気がしますが。

以下は参考になったツィート。
そう。辞める練習してない。
日本人は今こそ辞める練習、抜ける練習をしよう。

今こそヒャッハーー!
思いのままに行動する時でしょう。

本当にありがとうございますた。


※直近イベント:
玉蔵&山田貢司 トークライブin神戸 7/20(金)18:00~


新刊連動ブログ:
久しぶりの有望ICO MIDEX

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!現在、投資・金融部門アマゾンランキング30位 売れてます!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう