バイデンが勝っちゃった? その後どうなる? バイデンの元での生活

スポンサードリンク

あちゃ~

バイデン勝利!?
どんだけ~

もう皆様、知っての通りですが。


しかし、州単位ではこんな感じなのに。


地区単位だとほとんどトランプ勝ってるんですね。


ヘンテコな選挙制度です。

これはバイデン氏の勝利演説。

これは初の黒人女性副大統領 カマラ・ハリスさんの勝利演説。

ニューヨークは民主党お祭り騒ぎ。

大規模な不正。
これは民主主義への冒涜だ。
トランプさんがいくら叫ぼうが

メジャーメディアは、

根拠がない。
陰謀論だ。

そのような見出しで結託してバイデン勝利の大規模印象操作をすすめてる。

これだけ既成事実化されると、例え不正の事実をあげても覆すのは難しいのでは?

以下、トランプさん可哀想過ぎでしょう。
アベンジャーズのパロディで敵役にされてますた。

もうこうなっては電子透かしやGPS等々。
奥の手があったとしても、後からでは覆せないのでは?

まぁ、来年1月20日までどうなるか分かりませんが。

以下は、ゼロヘッジさんからです。

バイデンの元での生活どうなる?
バイデンは高齢で健康でもない。
更に言うとボケて来てる。

早々に引きずり降ろされ、女性大統領になるんでは?
と言ってます。

バイデンの元での生活

・・もしトランプが勝っていたら、私たちはもっと同じものを得ていただろうし、それは多くを物語っている。
トランプはさらに減税するだろう(少なくともこれまで受けた減税を維持して)。

彼は規制緩和を提案したが、これは1期目の大きな成果だ。

トランプは中国との貿易戦争を継続し、仕事を米国に戻すような形で拡大するだろう(少なくとも中国からベトナムやインドといった友好的な国に)。

トランプはまた、中国による米国の知的財産の盗用を抑制し、中国から米国への技術投資を遮断するとしている。

トランプ氏は、中国軍の秘密兵器である5G通信システムのファーウェイとZTEの海外設置も中止した。

トランプは中国の拡大努力を抑制するために同盟を構築した。

彼の行った政策は、太平洋とインド洋への中国のシーレーン (海上交通路) を事実上包囲し阻止できる米国、日本、オーストラリア、インドの4カ国連合だった。

トランプ氏は、アラブ首長国連邦 (UAE) とバーレーンと25年ぶりに締結したイスラエル・アラブ間の平和協定で中東和平に向けて大きく前進した。

イスラエルとの他の平和条約が続いたかもしれない。

最後に、トランプはイランに壊滅的な制裁を課していた。それは、イランが核開発計画について誠実に交渉することを強制したり、テロや核兵器への取り組みを阻害するような形で経済を崩壊させることになっていた。

トランプの場合は、減税、規制緩和、雇用の増加、新たな戦争の禁止、中東和平、イランと中国に対抗する力による平和が得られる。

あと四年も経てば、トランプ氏は目標を達成し、歴代大統領の中で最も重要な10人に入ることができたかもしれない。

バイデン政権下のシナリオ

バイデンは全く別です。まず第一に、バイデンは名ばかりの大統領です。

彼は有能だったことはない。

彼は公職に就いて50年近くほとんど何も成し遂げていない。彼は身体的に弱く、明らかに急性の認知機能低下を患っている。

ジョー・バイデンが勝つと、彼は宣誓するとき78歳になり、最初の任期の終わりには82歳になる。どちらの記録も、米国の大統領としてはもっとも高齢のものです。70歳代後半でも頭の切れる人もいるが、バイデンは、そのうちの1人になれるでしょうか。

その結果、バイデン氏は決して事実上の大統領にはならないだろう。トランプがいなくなれば、民主党はもう彼を必要としなくなるだろう。

修正第25条に基づく精神的無能力を理由に、彼を公職から追放する措置がいつか取られるだろう。

ナンシー・ペロシ氏は最近、米国憲法に規定されているように委員会を設置する法案を提出しました。

しかし、彼が在職している間、バイデン政権の真の大統領は誰になるのだろうか。

権力を争う3つの陣営がある。

最初の陣営は、ジョー・バイデンの妻ジル・バイデン、息子のハンター・バイデン、ジョー・バイデンの兄弟のジム・バイデンとフランク・バイデンが率いるバイデン一家だ。

これらの人々は、収益性の高い投資管理の役割、コンサルティング契約、建設契約、およびその他の報酬のある案件を獲得するためにバイデンの権力を使用または販売することにより、ジョー・バイデンとの提携を通じて富を得た個人です。

バイデン一族は、揺れ動くことなく監視を避けるために、ジョーを権力の座にとどめておきたい(ジル・バイデンが裏で糸を引いて)。

第2陣営は、カマラ・ハリスと、オバマのクルーやレジスタンスを含む彼女を支配する人々によって率いられます。

バイデン氏が憲法修正第25条により解任すれば、ハリス氏が大統領代理に就任します。

バイデン氏が解任の脅しを受けて辞任すれば、ハリス氏が大統領になります。

彼女は、スーザン・ライス、サマンサ・パワー、サリー・イェーツ、エリック・ホルダーを含むオバマの家来から成る内閣を通して運営するオバマ派とヴァレリー・ジャレットの前線になるだろう。

第三陣営は、極左軍団です。

バーニー・サンダース、アレクサンドラ・オカシオ=コルテス、エリザベス・ウォーレン、BLMなどの過激派組織を含む党の極左派。

このグループは、バーニー・サンダースが彼の予備選挙運動を終えて、サンダースの支持基盤の大部分を引き継ぐことと引き換えに、ジョー・バイデンを支持するという取引の一部としてバイデンの選挙運動にすでに組み込まれてます。

最もありそうな結果は、オバマ派とバーニーサンダース極左軍団が力を合わせて、バイデン一家を追い出すことです。

バイデン一家は中国とロシアの資金を保持することが許され、静かに立ち去ることと引き換えにいかなる監視や訴追にも直面しない。

オバマ派が外交政策 (イランやパリでの気候変動枠組み条約、環太平洋経済連携協定 (TPP)  に関するオバマ大統領の取り決めを守るのを担当し、

バニーサンダース極左派は、大幅な増税、医療費無料、授業料無料、学生ローンの免除、ベーシックインカムの保証、モダンマネタリーセオリー、グリーンニューディールなどの国内政策を担当します。

ワタスが気になってるのは東アジアです。

もう完全来年戦争の道が開けた。

バイデン勝利!で喜んでる日本人がいるのが不思議です。
次に起きることが分かってんでしょうかね。

米大統領選挙期間中にこれですよ。

過去最多。

もう尖閣は自分の領土で、外国船が近づいたら武器使用を認める。
とかなんとか言っちゃってます。

対する日本は、本気モードで大規模演習の計画。

中国はトランプにさっさとあきらめろと言ってます。

トランプ氏に敗北受け入れ諭す 中国環球時報

・米大統領選でバイデン前副大統領の当選が確実になった7日、世界各国の首脳から祝福が相次いだ。欧州はトランプ政権下で通商や地域情勢で対立が目立ち、今後の関係改善を期待するコメントが目立った。

・貿易摩擦や産業技術の競争などで米国と対峙してきた中国は、新華社が米メディアの報道を引用してバイデン氏の勝利を伝えたほか、バイデン氏が声明で「怒りを収め暴言を控えて国として団結する時だ」と述べたと伝えた。

一方、共和党候補のトランプ大統領が「選挙戦は終わりにほど遠い」と述べて、法廷闘争を続ける構えであることも伝えた。

・中国共産党系メディアの環球時報の胡錫進編集長は8日未明「米国の民主主義の運命の一部はトランプ米大統領の手にかかっている」とツイッターに投稿した。

「今回の結果を拒否し、最後までいまの姿勢を貫けば、衝撃は大きいだろう」と続け、トランプ氏が敗北を受け入れるべきだと主張した。

以下略

バイデン氏は副大統領時代、中国とかなり関係が深かった。
ジュリアーノ元NY市長の話。

来年2021年。

このまま平和な日本がいつまでも続く。
まさか戦争なんてあり得ない。

そう思ってるお花畑系の人達。
たった今、バイデン勝利を喜んでる皆様を良く覚えておきましょう。

泣き叫んで失禁する年になるかもしれない。

いよいよ来年から始まる日月神事的展開。
時代が大きく動く時がやってきた。

本当にありがとうございますた。

メルマガ始めました:
2020/11/07 米大統領選の混乱と今後起こりうること ◎◎の未来予測

直近イベント:
・波動学11月30日(月)
・占星術で未来を読む 2020年ホロスコープ国際情勢分析 12月21日(月)2021年はどうなる?

目指せYoutber:
祝!玉ちゃんねるスタート

ショップ情報:
国産精麻 1300円

↓1日1回応援クリック

スポンサードリンク

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう