イルミナティカード March on Washington

スポンサードリンク

つぁあああああ

またしてもイルミナティカード実現!!

これだったのかぁぁあ。

マーチ オン ワシントンカード

確かに連邦議会議事堂内を群衆がマーチしてますた。

いやもうあんた。
恐るべしイルミナティカード。

これは何らかの方法でその場面を見てるとしか思えない。

恐るべし。

以下、昨日、突入した群衆の1人が感想を述べてますね。

「本当に楽しい時間だった」議事堂に突入した男性ら、当時の雰囲気を語る

  • アメリカでは1月6日(現地時間)、トランプ大統領の支持者らが議事堂に突入した。
  • 突入した人々のうちの2人は当時の様子をお祭りのようで「とてもおもしろかった」と説明した。暴徒化した人々は議事堂の中で自撮りをしたり、南部連合国旗を振ったり、書類の山を床にぶちまけたりした。
  • ワシントンD.C.にはトランプ大統領を支持する人々が大勢集まっていた。
  • デモは暴徒化し、連邦議会議員は避難せざるを得なくなった。選挙人投票の結果の認定も遅れた。

トーマス・アダムス(39)は、議事堂に最初に突入した1人だ。

多くのトランプ大統領の支持者らとともにアダムスは警察のバリケードを踏み倒し、議事堂のホールへと侵入。上院の議場まで入り込んだ。その時、議員らはすでに避難していた。

「本当に楽しい時間だったよ」とトランプ大統領の旗をケープのように首に巻き付けたアダムスは報道陣に自らの突拍子もない行為を捉えた携帯電話の画像を見せながら語った。

暴徒

午後2時頃、議事堂の階段の一番下でアダムスとフランクリンは警察のバリケードのすぐそばにいた。

彼らの後ろにいた何百人もの暴徒がものすごい勢いで後ろから押してきたため、フランクリンはつまずき、警察官の上に倒れ込んだ。警察官はほとんど反応しなかったと、フランクリンは話している。

建物の脇をよじ登っている人々を2人が見たのはこの時だった。アダムスとフランクリンも彼らに続いた。

足場を登り切って、中に入るために向きを変えると、ナショナル・モールに詰めかけたトランプ大統領の支持者らと、赤、白、青の海が見えたとアダムスは回想した。暴徒は目の前の建物の窓を破壊し、中へとよじ登った。そうして中に入った暴徒らは建物の内側からドアを開け、アダムスやフランクリンといった他の人々を中に入れた。

建物内の廊下には、侵入者たちが何をするつもりか見るために警察官たちが控えていた。

衝突

「彼らは特に何もしていなかった。何人かは警棒を持っていた。俺たちが彼らを押しのけて行くつもりかどうか見ているだけだった」とアダムスは語った。動画は彼の話を裏付けている。

1人の男性が明るい黄色の「俺を踏みにじるな(Don’t Tread on Me)」と書かれた旗を振り、別の男性は南部連合国旗を振った。誰かが「盗みを止めさせろ(Stop the steal)」とわめき、「USA、USA、USA!」「誰の家だ? 我々の家だ!」といったシュプレヒコールもあがった。

廊下のスクリーンには、上院が中断しているとあった。

アダムスとフランクリンは群衆の後をついて行き、議場へ入ったと言う。

中に入ると、動物の頭飾りをつけ、顔を赤、白、青に塗った上半身裸の男が議長の椅子に立ち、拡声器を振りかざし、力こぶを見せつけていた。

「政府は腐っている。でたらめだ」とアダムスが議場で声を上げると、周りから喝采が湧き上がったという。

そして、政府の正統性について投票を呼びかけた男性は、周りの人々からの支持に喜びの涙を流したが、警察が議場に入ってきて、今すぐ止めるよう告げたとアダムスは回想した。

アダムスは当時の様子を「とてもおもしろかった」と説明した。

ホールをあちこち歩き回りながら自撮りをしたり、家族に電話をかける人々の様子をアダムスは携帯電話で撮影し続けた。引き出しをこじ開けたり、大量の書類をデスクから取り出し、それをテーブルや床にぶちまける人々もいた。

議事堂への侵入に関与したと話す人々の中には、午後6時からの外出禁止令を無視して、ダウンタウンのホテルの外に集まり、ビールを飲み、この日の出来事を振り返っていた人々もいる。

暴れ回って疲れた人もいたが、多くの人々は活気づいたようだ。

フランクリンは、この日の出来事を「楽しかった」と結論付けた。

「でも、俺たちが議事堂を丸焼きにしたとしても、連邦議会は俺たちの言うことを聞かないだろう」

アダムスはよく分からないという。

「物を壊したり、みんなが12歳の子どものように振舞い始めるまで、平和的に進んでいた時までは全て良かったと思う」

日が暮れると、さらに物騒な声も聞かれた。

「次はこんなに平和的にはいかないぞ!」とある男性は大声をあげた。

トランプ大統領のTシャツを売り歩く別の男性は「今夜、BLM狩りに行きたいやつは他にいるか?」と拡声器で叫んだ。

面白かったってあんた。
そりゃワイルドで面白かったろう。

この歴史的出来事。

ワタスも標高1000mの長野から駆け付けたいぐらいでしたからね。

とりあえず現場からは以上です。

本当にありがとうございますた。


直近イベント:
・占星術で未来を読む 2020年ホロスコープ国際情勢分析 1月19日(火)大統領選の行方
・波動学1月15日(金)
メルマガ始めました:
2020/1/9 気になる怪文書 その2

目指せYoutber:
祝!玉ちゃんねるスタート

ショップ情報:
国産精麻 1300円

↓1日1回応援クリック

スポンサードリンク

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう