いよいよ決戦!米大統領選③ その後どうなったの? トランプ氏の核攻撃を懸念!?

スポンサードリンク

さて、標高1000mの長野から楽しむ大統領選。

ところで、

長野で真冬にお出かけようとすると車のフロントガラスが凍って困ってたのですが。
そうか。
こんな手があったのか~

これで3分で出かけられます。
ありがとうございますた。

って、そんな話はどうでも良い!

米国議事堂占拠後、一体どうなっちまったんだ?
アメリカは本当にバイデンの国になっちまうのか?

どうなっちまうんだアメリカ~
アメリカ カンバーック!

以下は、トランプ氏のその後の演説です。

とりあえず、みんな暴力行為は止めようぜ
俺は選挙の正当性と、民主主義を守るために戦ってるんだ。

メディアは敗北宣言と言ってますが、敗北宣言には思えないのですが。

で、その後、
見ると、トランプ大統領のツィッターは永久凍結のようですた。

Youtubeもトランプ氏の公式アカウント停止。

いや。
仮にも一国の大統領のアカウント永久停止とは。
日本で安部ちゃんのアカウントが停止になったらびっくりですよね。

トランプ陣営の皆さんも軒並み凍結のようですた。

ツィッターアカウント凍結

リンウッド弁護士
シドニーパウエル弁護士
マイケルフリン元大統領補佐官

なんという凄まじい言論統制でしょう。
よほど発言されては困るのか。

これは先日のやりすぎ都市伝説ですが。

検閲しないSNSのParlerとかGabとか。
そういう振興SNSに皆逃げてるようですた。

と思ったらなんと

Googleがアプリストアからパーラー削除
Appleもアプリストアから
削除するようですた。

いやはやなんとも。
CNNなどのメジャーメディアだけでなく、ビックTechも総動員でたたみかけて来てます。

村八分どころか国八分来た~

トランプ陣営は支配者層にとってよっぽど困る存在なのか。

トランプ氏はバイデンの就任式には行かないと言ってますね。
そりゃそうでしょう。

で、このまんまバイデンの国になっちまうの?
一体どうなっちまうんだよアメリカ。

と思ったら。

今、トランプ氏はテキサス州のNMCCの軍事基地にいるようです。
NMCCって何?

というと国家軍事指揮センターです。
核ボタンをもって軍を指揮掌握できるセンターのことですた。

国家軍事指揮センター(NMCC : National Military Command Center )

アメリカ国防総省に設けられた施設。予算上、空軍省の管轄下に置かれているが、実際の運用は統合参謀本部第3部の要員によって行われている。
国家指揮権限(NCA)に関わる通信の統括、核戦争に対する単一統合作戦計画の準備・待機と指揮・統制に関わっている。

以下、海外サイトからです。

大統領がE-4b司令部に乗り込み、テキサス州アビリーンのNMCCへ飛ぶ

トランプ大統領は今晩遅くに「ナイトウォッチ」と呼ばれるボーイングE-4b型機に搭乗し、テキサス州アビリーンの米軍司令部(NMCC)に向かって飛行している。

このような飛行機は世界に4機しかない。
E-4bは、大統領が世界中のすべての米軍資産を完全に、完全に、そして絶対的にコントロールすることを可能にする指揮統制機である。

・・トランプ氏がアビリーンのダイエスにあるコマンドセンターに移転した理由。

政府の継続性のために、完全に核武装が可能な司令部施設である。
・・国家の核能力を制御していることは、共和国がまだ憲法に添った存在であるために維持されなければならない厳格な指揮系統を持っています。

要するにトランプ氏は核のボタンを持って、全米の軍の指揮命令系統を掌握してる。

これについて先ほど、こんな記事が載ってました。

ぇえ?
トランプ氏の核攻撃を懸念だぁ?

トランプ氏の核攻撃を懸念、米下院議長が軍トップと協議

米民主党のペロシ下院議長は8日、トランプ大統領が核兵器を使った攻撃命令を出すことなどを防ぐためとして、ミリー統合参謀本部議長と協議したことを明らかにした。

大統領に権限がある核兵器使用の制限に関して、下院議長が米軍制服組トップと協議するのは異例。

「錯乱したトランプ氏による攻撃から米国民を守るため」としている。

米メディアによると、ペロシ氏は、トランプ氏の支持者らが米議会議事堂に乱入した事件を受け、民主党議員に宛てた書簡の中で「不安定な大統領が軍事行動を主導したり、(核ミサイルの)発射コードへのアクセスや核攻撃を指示したりするのを阻止する予防措置をミリー氏と協議した」と表明。

「錯乱したトランプ氏による攻撃から米国民を守るためにあらゆる措置を講じなければならない」としている。

ミリー氏の報道官は、ペロシ氏側が電話協議を働きかけたとした上で、「ミリー氏は核をめぐる指揮権についての質問に答えた」と述べた。

米国では大統領が核兵器を使うと決めれば、法的には核のボタンを押すことを制限できず、議会の承認など厳格化を求める動きがある。(ワシントン=渡辺丘)

つぁああああ
つぁあああ

これ来た?

エコノミスト2021年の表紙そのまんまでは?

この核爆弾マークは、核ボタンを持ったトランプ氏を現わしている。
そしてバイデン氏でアメリカを真っ二つってことでしょうか。

以下、トランプ陣営のリンウッド氏が気になる発言してます。


トランプ氏はテキサス州アビリーンのコマンドセンターにいます。

議会が首都でペンスの命令の軍に囲まれて反逆罪を犯している間、コマンドセンターでテキサスのトランプ氏はそれを見てます。

軍が支持してなかったらこんな芸当ができると思いますか?またはワシントンを脱出できると思いますか?
国防省のセクトはペンスと議会を騙して、犯罪を終わらせるのを待ってるのです。

犯罪を終わらせるのを待ってる。
凄いこと言ってます。

他にこれはトランプ氏の演説とマイケルフリン元大統領補佐官の発言です。
これも凄いことを言ってますが。

これからの数週間で何が起こるかを見てください。何が出てくるかを見て “何が明らかになるのかを見るんだ”
-トランプ大統領

フリン将軍:「今後数日のうちに、30日以内には間違いなく 歴史的な瞬間を目にすることになると思います。

フリンはジョージ・ワシントンの歴史的なデラウェア州の横断に言及した。

これはモニターを見るトランプ氏と娘のイヴァンカ氏です。

相手がカードを出し切るのを待ってる。
トランプ陣営はもしかしたら壮大な負けたふり作戦をやってるのでしょうか?

まぁ、情報が錯綜して分かりませんが。

このままバイデンが大統領などと普通に考えてそうは問屋が大根おろしをするはずもない。

まだ1月20日の大統領就任式まで何かあるかもしれない。

とにかくびっくり続きの米大統領選。
またもびっくりおったまげの展開になるかもしれません。

期待して見守ることにします。

本当にありがとうございますた。


直近イベント:
・占星術で未来を読む 2020年ホロスコープ国際情勢分析 1月19日(火)大統領選の行方
・波動学1月15日(金)
メルマガ始めました:
2020/1/9 気になる怪文書 その2

目指せYoutber:
祝!玉ちゃんねるスタート

ショップ情報:
国産精麻 1300円

↓1日1回応援クリック

スポンサードリンク

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう