この人誰? 秋冬にかけて金融面で何かある?

スポンサードリンク

さて、このパンデミック騒動。

もちろん本当に起きてる訳はなく、
今後の社会構造をリセットするために起こされてる。

で、コロナ騒動は2020年~2021年と2年かけて煽られた。

そして、次の段階に移行する時期が来た。

ここの読者なら推測できることでしょう。

ワタスはこの秋冬。
金融の面で何か起きるのではないかと見てるのですた。

まず株価。
菅さん辞任報道から上にすっ飛んで来ますたね。

日経平均3万越えてます。
辞任が最大の景気対策になってしまった。

でも、上げて落とすのはいつもの手です。

ワタスの気になったのはこれです。

じゃーんってあんた。
これ日銀の公式アカウントさんのツィートからです。

このツィートには、賛否両論出てるようですた。

新紙幣印刷開始。

黒田さんと麻生さんがにっこりお披露目してますた。

新紙幣は3Dなんだそうですた。

 

まぁ、デザインなどはどうでも良い。

ちなみに以下の人は誰かご存知でしょうか。

1896年8月25日 ~ 1963年10月25日

はい。
渋沢 敬三(しぶさわ けいぞう)さんですね。

渋沢栄一さんのお孫さんです。

第二次大戦後の大蔵大臣だった人ですた。
在任期間はたったの半年ですた。

でも、その半年で日本の歴史に残ることをやった。

はい。
預金封鎖、新円切り替えをやりますたね。

NHK大河ドラマも渋沢栄一の晴天を衝けをやってる。

もう完全、その路線で進んでるのは分かるかと思います。

最近、ドルの価値が徐々に下がって来てる。

ドル安とかドル高と言ってるのはあくまで日本円に対しての価値。

本来のドルの価値を見るならドルインデックスの方を見なければならない。

以下は1967年~2015年までのドルインデックスです。
1985年頃がドルの最高値だった。
そこから徐々に下げてる。

以下は2015年~現代までのドルインデックス。
やっぱり下がってる。

以下はWikiによるドルインデックスの説明です。

各国通貨の加重平均で算出してる。

Wiki ドルインデックス

ドルインデックスまたはドル指数(ドルしすう、英語: U.S.Dollar Index)は、複数の主要通貨に対する、アメリカ合衆国ドルの為替レートを指数化したものである。

米ドルが他通貨より価値(強さ)があると、インデックスは上昇する。

「U.S.Dollar Index」はICEによって商標登録されており、一般的にドルインデックスといえばICEによるものを指す。

インターコンチネンタル取引所(ICE: Intercontinental Exchange)のドルインデックスは6通貨の加重平均でリアルタイムに算出される。

採用通貨及び比率の見直しは不定期に行われ、最終更新年は2015年である。

対象通貨及び加重平均比率
ユーロ(57.6%)
日本円(13.6%)
スターリング・ポンド(11.9%)
カナダドル(9.1%)
スウェーデン・クローナ(4.2%)
スイス・フラン(3.6%)

で、グレートリセットと言えば、社会構造を一変させる訳ですから。

当たり前に、今までのドル基軸通貨体制。
それをぶっ壊すに決まってるのです。

アメリカのアフガン撤退はその表れです。

つまり基軸通貨リセット、それに続き、全世界の通貨リセット。

ワタスは次に来るのは戦争、もしくは世界的な強制ロックダウン。

で、その後数年で全世界の通貨リセット。

今、海外サイトでは、アメリカに資源が入って来ない。
つまりインフレが急速に進みつつある言ってるとこが多くあります。

地獄の夏は起きなかった。
でも、遅れて地獄の冬が来る?

また灯油。
ペヤング等々。
買い増しせねばならないのか。。

人々が株価復活で浮かれる中、ワタスは真逆の動きをする。

全力で後ろ向きに進む。

とかなんとか思ってます。

本当にありがとうございますた。


直近イベント:
・9/11(土)山梨清里ハイキング&キャンプ

メルマガ始めました:
2021/5/20 金一族、北朝鮮の真実 そして統一朝鮮国家の建設計画

目指せYoutber:
祝!玉ちゃんねるスタート

ショップ情報:
国産精麻 1300円

↓1日1回応援クリック

スポンサードリンク

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう