南シナ海で原子力潜水艦の爆発? ジョセフ・ティテル2019年予言が的中

スポンサードリンク

さて、なんなんでしょうねこれ。

先週末。
ひじょーに気になるニュース流れてますたね。

南シナ海で原潜の爆発とか。

南シナ海で原子力潜水艦が爆発か=マスコミ

南シナ海で、TNT換算で最大20キロトン相当の水中爆発が記録された。21日、ハル・ターナー・ラジオショーが、海洋モニタリングサービスの情報をもとに報じた。

現在伝えられている情報によると、爆発はモスクワ時間02時22分(日本時間08時22分)に約50メートルの深さで発生した。消息筋は、爆発後に中国沿岸部と台湾で放射能レベルの上昇が記録されたと主張している。

センサーが爆発による強い衝撃波の発生を記録したという。なお地質調査所は、南シナ海の同海域で地震が起こった可能性を排除している。

なお、この情報は今のところ公式には確認されていない。

この情報のソースはアメリカ人のハル・ターナーという極右のおっさんのブログだそうです。
なので、信憑性はいまいち?ですが。

南シナ海で「事件」があった ハル・ターナー

南シナ海を監視する海洋観測機器が、海底で重大な爆発を起こしたと報じられています。

米東部時間6:22 PM現在、詳細は不明だが、軍事筋によると、爆発は約50メートルの深さで起こり、そのため、突然の水中衝撃波が生じ、爆発自体が「10から20キロトン」ほどの強さだったという。

軍隊筋もまた、はっきりと「地震ではない」と述べている。

米国の潜水艦は日常的に世界の海のその地域で活動している。

その規模の爆発が起こった場合、潜水艦とその機器で大惨事を引き起こす可能性がある。
場合によっては、そこから離れたり、再調整や修理のために港に入れたりすることもある。

南シナ海の海域には、それだけでは説明がつかない。

詳細は現時点では不明だが、今夜 WBCQ(7.49または5.13 AM)や WRMI(午前9.455時)、KYAH540-AM「ユタ州トーク・オーソリティ」で開催されるハル・ターナーショーで最新情報を見ることができる。

東部標準時11:17 PMに更新:

現在、南シナ海周辺の海岸モニタリング地点で放射線が検出されている!

uRADMonitor Global Environmental Monitoring Networkによるこの公式マップによると、「重要な」放射線測定値が、以下のマップに示すように放射線モニタに登録されている。

中国は、米国の上下両院が香港民主法を承認したことについて、米国に警告を送るために小型の戦術的な核装置を爆発させたのだろうか。

この法案は、中国が内政に対する脅威と見なしているものである。

中国は南シナ海で米国の「航行の自由」演習を十分に行っているのか。
中国は米国との貿易戦争で景気後退の恐怖を感じており、「事前準備」実際の戦争を示唆しているのだろうか。

放射能が検出された等は、他のサイトではデマと言ってるところもありますた。

それにしても、南シナ海と言えば、あんた。
前から米軍が「航行の自由」作戦やってるところですよね。

以下、航行の自由作戦。

アメリカ、イギリス、フランスの艦隊がすみません。ちょっと南シナ海通りますよ~と自由に航行してみせることを言います。

なんでこんなことをしなきゃいけないかと言うと。
中国が着々と南シナ海に秘密基地を作ってるからですよね。

世界の皆さん。
第二次大戦中に日本軍は南京大虐殺とか。
とんでもなく酷いことしたんですよ~。
ほんと許せませんね。

などと喧伝しつつ、自分は着々と南シナ海を軍事拠点化して侵略してます。

なんとも頭が良いというか。

以下は、中国さんの軍事拠点化してしまった南シナ海の島々。
日本は平和が一番。
とおっとり言ってる間に着々と侵食されているのですた。

  

例えば、このうちミスチーフ礁は、
1995年フィリピン海軍が不在時に中国に建築物を建造されてしまいますた。
これを、ミスチーフ礁事件と言います。

要するに島泥棒ですよね。

今やどの島も滑走路などがある軍事拠点化されてしまいますたとさ。  
という訳なのでこういう動きにけん制しなきゃならないのです。

米軍が南シナ海で連日の「航行の自由」作戦 中国をけん制

アメリカ軍は中国が主権を主張する南シナ海の海域で艦艇を航行させる「航行の自由」作戦を2日連続で行い、中国の一方的な主張を認めない姿勢を改めて強調し、けん制しました。

アメリカ海軍第7艦隊はNHKの取材に対し、南シナ海で20日、中国が軍事拠点化を進める南沙諸島、英語名・スプラトリー諸島のミスチーフ礁の周辺でアメリカ海軍の沿海域戦闘艦「ガブリエル・ギフォーズ」が「航行の自由」作戦を行ったと明らかにしました。

今回も、そういう緊張の中の海底爆発ですた。

なので右翼のおっさんハル・ターナーも原潜が爆発したのでは?
と勘ぐってもしょうがないのです。

まぁ、しかし、実はこの件
先月メルマガで警告しますたよね。

地底人さんによるとこれは海底火山の噴火では?と言うことですた。

それと以下のジョセフ・ティテルさん。

ジョセフ・ティテルさんは、アメリカの著名サイキックです。
毎年の年頭に予言を公表することで知られてる人です。

2019年初頭は、以下の予言をしてますた。

https://ameblo.jp/redsun2100/entry-12430194210.html

日本と中国、特に中国は、大きな台風が来る。香港のエリアなど。

トップ10動画で扱う予定だけれど、今は手元に地図がないので、詳しくは言えないが、

日本と中国の間(日本海?)の側に、巨大な地震が来る。
そして、水も関わる。おそらく、沿岸部での地震から始まるのだろう。

また、日本のアッパーパート(上部)での噴火活動も感じる。
高い山のエリアだ。ミドル・トップ・オブ・ジャパン(中部地方あたり?)の山、もしかすると、富士山かもしれないが、その地域で噴火活動と地震があるだろう。
山が崩れて海に流れるようなイメージ。(ハワイで昨年あったような火山活動)

環太平洋火山帯は非常に活性化している。ほんの少しスローダウンするだろうが、
局所的には活動が活性化し、日本に近いエリアでの火山活動があるだろう。
山が崩れて海に入っていくのは、日本だろうと思う。

日本には水の災害もあるだろうが、日本の内外で火山活動があり、地すべりなども起こるだろう。

たくさんの台風と風が次から次へとやってくる。

ただし、良いこともある。たくさんの国が日本を助けてくれる。
信じられないかもしれないが、北朝鮮も。

北朝鮮と中国とロシアが結びつき、2019年は、たくさんの結合(統一)の年になる。
感情的なことが表面に出てきて、たくさんの抗議活動や戦いがある
イランやアメリカで。たくさんの闇があるところで。

これ当たってますよね。
台風が来るところも。

南シナ海で海底火山。

最近、日向灘震源で「M5.2」と「M4.4」の地震が来てます。
もしかすると始まりなのかも。

ワタスは今回は原潜の爆発ではなく海底火山だと見てます。

で、他に富士山?もちょっと気になってます。

本当にありがとうございますた。


目指せYoutber:
祝!玉ちゃんねるスタート

メルマガ始めました:
2019/12/05 地震情報と311の真相 島津論文

直近イベント:
電気を自給自足しよう!祝!自作ソーラーパネル発電講座! in山梨 12月14日(土)

ショップ情報:
国産精麻 1300円

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう