株価が下がって来た リーマンショック時との類似点

スポンサードリンク

ヒャッハー!

さて、今年は何もなさそう
と書いたのですが。

株価がかなり下がって来ますたね。

これはNYダウのチャートですが。
2022年1月始めにピークをつけて徐々に下がって来てます。

9月までかなり暴落し、そこから12月の今まで復活しますたが、
また下がって来ますた。

綺麗に暴落トレンドに沿ってます。

以下は2008年リーマンショック時との類似です。
昨日ツィートしときますた。

ヒャッハー!
暴落するといいな~

実は先日からさつまいもを食べつつプッとおならをしつつ。
先物オプションのプットを仕込んだばかりです。

まぁ、ここのブログを見てる人なら分かると思いますが。

欧米経済はもう終了。

実はロシアを制裁してるようでいて、制裁されてるのはNATO側ですからね。

資源国はBRICS側なのだから、
どう偽装しようが、時間が絶てば化けの皮が剥がれるのです。

これは金の先物。
徐々に上がって来てる。

これは銀の先物。
こちらも徐々に上がって来てる。

はい。
もう先物を使って現物価格の上昇を抑えることができなくなりつつある。

欧米のマネー経済。
刷り散らかした紙幣(打出の小づち)で煌びやかな物質文明を作り上げて来た。

でも、それも終わり。

普通に考えりゃ分かると思いますが、
なにかの株券でも、紙幣でも。

刷り散らかせば1枚の価値は下がりますよね。

これを価値が希釈するといいます。

株価だって大量に何度も発行すれば1株あたりの価値は下がりますよね。

株の希釈化です。

例えば米ドルの場合も刷散らかして、本来なら価値が暴落するはずが、

サウジアラビアや日本のような輸出国が現物を差し出すことで
その刷り散らかした紙切れの価値を維持してきたのです。

価値ない紙切れに、現物の担保(現物と交換できる権利)を与えたということです。

でも、それももう終わり。

アメリカ様バイバイ(@^^)/~~~

日本も中国もサウジアラビアも逃げ出した。

ヒャッハー!
グレートリセットの始まりですね。

以下はドイツ銀行の株価。
年初来、上下はあれど、下がってる。

これはクレディスイスの株価。
もう価値がほとんどなくなってきてる。

ワタスは近々、ドイツ銀行かクレディスイスが逝くかな~
と見てますが。

やっとかよ。

西洋文明の断末魔を見るのはとってもワクワクしますね。

たっぷり豊作のさつまいもを食べつつ。

ぷぅ~
おならをしつつ。

プットを仕込みつつ。

はよ逝けや~

NYダウの崩壊を見る爽快感。
これほど楽しいことがあるでしょうか。

まさにバシャールさんの言うワクワク。
いつもワタスはワクワクの波動と共にある。

本当にありがとうございますた。

  イベント情報:
祝!DENBA代理店になりました

能登半島地震:
地球守活動募金先

ショップ情報:
自作ソーラーパネル発電講座 録画動画 7,000円

メルマガ始めました:
サポーター会員募集中(月額777円)

↓このブログの新刊!


スポンサードリンク

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう