夏から即冬へ 気候の劇症化とポールシフト

スポンサードリンク

ヒャッハー!

さて、ちょっと前まで

あぢいよ~

長野の標高1000mでも暑くてバテてたのに。

ガクガクガクガク

なにこの寒さ。
なんだか急に寒くなってきてしまいますた。

あのまったりとした秋。

虫の音を聞きつつ。
お月見だんごを食べつつ堪能してた秋どこ行った?

これじゃまるで冬じゃないか。

昨今の急激な気温の変化についていけず、
ワタスの股間も急速に収縮しているのですた。

さて、昨日、波動学をやってたのですが。

地底人さんによると、
これから春と秋はなくなるよ。

あったとしても、

みたいに、春と秋は目立たなくなってしまう。

今後は、夏と冬だけになるよ。
日本は極端な気候になると言ってますた。

えーー

その原因は、赤道傾斜角の変化のようですた。

以下のように地球さんは自転軸が傾いてますよね。

金星はそれほど傾いてない。
天王星などは真横に傾いて回ってる。

地球の傾き角度は、今まで23.4度ですた。

でも、それが今後、もっと傾いていくだろうというお話ですた。
まぁ、ポールシフトですね。

以下で言うと、日本の位置で言うと、

夏はずっと太陽に近く。
冬はずっと太陽から遠くなる。


春と秋がなくなってまう。
ということのようです。

ちなみに皆様はピタゴラスコンマという言葉はご存知でしょうか。

ピタゴラスコンマ

ピタゴラスコンマ(PC)はピタゴラス音律における半音階的半音と全音階的半音の差、あるいは異名同音の差として定義される。

まぁ、意味が分からないと思いますが。
要するに音階の差ですね。

C と B、とか、あるいは D と Cなどの差のこと。
これは、約23.46セント、約、半音の1/4でした。

え?
23.46?

なぜ地球の軸の傾きと同じになるの?

単なる音階の差がなぜ地軸の傾きと一緒なのでしょうか。

はい。
それは人間の認知の差だからです。

毎度言ってるように、
この世界は、きっちりと固い現実が存在するのじゃない。

人の集合意識が変化するとフワフワと変わる曖昧な世界が外に映し出してるのです。

我々は自分自身の意識で外側にバーチャルリアリティを作って暮らしてる。
だから人の集合意識の変化が外側の世界の変化になる。

地底人さんによれば、

人の体は3拍子で動いてる。
脳みそは2拍子で動いてる。

その差、

ピタゴラスコンマ = 3の12乗 - 2の19乗

=23.4度

ということのようですた。

で、これから、世界の人の認知が変わっていき、
差もプラス10度程度増えて地軸がもっと傾く。

これがポールシフト。

ちなみに地軸の傾きもそうですが、

たった今、太陽が4極化しています。

太陽4極化は、何もこのおバカブログが言ってるだけの世迷い事じゃなく。
国がちゃんと発表している公式発表です。

この度、国立天文台と理化学研究所が「太陽極域磁場の4極化」の観測に成功しました。
国立天文台プレスリリース

http://www.nao.ac.jp/news/science/2012/20120419-polar-field-reversal.html

理化学研究所プレスリリース

http://hinode.nao.ac.jp/news/120419PressRelease/

そして、この太陽4極化につられ、今後、地球も4極化していくのです。

で4極化のせいで、実は、今、地球さんの赤道辺りに巨大な渦ができつつある。

それが台風が年々巨大化する原因です。

今後、風速80m/sどころか160m/sのお化け台風も出て来るでしょう。

それでヒャッハー!

全てをなぎ倒すこともあり得るのですた。

とかなんとか。

まぁ、とにかく気象が劇症化していく。
それは人の集合意識の変化から起きてることなのです。

本当にありがとうございますた。


目指せYoutber:
祝!玉ちゃんねるスタート

メルマガ始めました:
2020/08/31 安部首相辞任の背景

直近イベント:
・市川ジャンさん自然農オンライン!9/10(木)
・占星術で未来を読む 2020年ホロスコープ国際情勢分析 9月11日(金)10月に起きる事

ショップ情報:
国産精麻 1300円

↓1日1回応援クリック

スポンサードリンク

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう