トランプの反撃 その2  12月8日と1月6日までひっくり返る?

スポンサードリンク

さて、混とんとして来た米大統領選なんですが。

ワタスがトランプ氏を応援するのは、

主要メディアの逆が真実だからですね。

主要メディアがこぞって叩く人が真実の人。
この世界の法則は皆さんも十分にご存知でしょう。

CNN、ABC、CBS、NBC、NPR、MSNBC、ウォール・ストリート・ジャーナル、ニューヨーク・タイムズ。
この連中は結託して巨大な9.11という偽テロ作り上げた実績があります。

存在しないものを存在したかのようにもできる。
問題ないものを問題にできる。

とにかく報道しちまえば、それが真実になる。

 

ただの風邪もこんな風にできちゃう。

まぁ、羊の群れが見るんだからしょうがないのですが。

で、トランプをこれだけ攻撃するということは、
支配者層にとってトランプ氏がひじょーに都合が悪いからですね。

さて、混とんとしてきた米大統領選ですが。

バイデン勝利などと、既成事実化して報道してますが。
実際は何も決まってない。

以下の今後のスケジュールも報道してない。

大統領就任式までの日程

・12月8日までに選挙結果を最終確定させる(選挙人による投票の6日前まで)

・12月14日 選挙人による投票

・12月23日 投票の期限日

・1月6日13時 開票結果確定

・1月20日 大統領就任式

今年の12月8日までに選挙人を確定出来ない場合どうなるか。

州議会が選挙人を選ぶ。

そうなると今、もめてるジョージア、ペンシルベニア、ミシガン、ウィスコンシン州。
ここはトランプの共和党が過半数を占めてる。

だからトランプ当選の確率は高い。

で、1月6日までに投票人による結果が確定しない場合どうなるか。

今度は、下院で決戦投票するのですね。

下院議会で50の州の半分。26票得た候補が勝つのですた。

だから、まだ全然、どっちになるか決まってないのです。

ロシアのプーチンさんは祝辞を送ってないし、
他にメキシコ、ブラジルなども送ってない。

冷静な国は行く末をじっと見守ってるのです。

で、気になる情報を張っときます。

ジョージア州は色々出て来てますね。

以下はペンシルバニア州。

トランプ氏は、
「フィラデルフィアとピッツバーグで70万票がカウントされてなかったよ!
我々はペンシルベニア州で勝利しました!」

と言ってます。

以下はミシガン。

トランプ氏は、「わぉ! ミシガン州は選挙結果の証明を拒否したよ!
勇気を持つことは美しいね!アメリカを誇りに思ってるよ!」

とツィートしてます。

ミシガン州は、死んだはずの1万人がバイデンに投票したと問題になってますた。
この選挙の結果の証明を拒否したので、ミシガンの16人の選挙人が白紙に戻った。

ウィスコンシンも再集計申請。

以下はエポックタイムㇲ(大紀元)の情報。

元連邦検察官のシドニー・パウエル氏が複数の州で選挙を覆す準備をしてる。
十分な証拠を持ってると言ってます。

という訳で、12月8日。
来年の1月6日。

そこまでは、どっちになるかはさっぱり分からないのですた。

ちなみにワタスはこっちの線が高いのかなと思ってます。

バイデン 「やったぞ!我々は勝ったんだ!」

カマラハイジ恐るべし。

本当にありがとうございますた。

メルマガ始めました:
2020/11/07 米大統領選の混乱と今後起こりうること ◎◎の未来予測

直近イベント:
・波動学11月30日(月)
・占星術で未来を読む 2020年ホロスコープ国際情勢分析 12月21日(月)2021年はどうなる?

目指せYoutber:
祝!玉ちゃんねるスタート

ショップ情報:
国産精麻 1300円

↓1日1回応援クリック

スポンサードリンク

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう