トランプ電撃北朝鮮訪問とメルケルの震え

スポンサードリンク

さて、Qさん?からのスカウトにも驚いたんですが。

ぇええ?
こっちも驚いた~

トランプ氏、北朝鮮電撃訪問。

こっちもかよ!

もしヒラリーさんが当選していたら
とっくの昔に戦争になっていた。

で、トランプ氏の電撃訪問は、
むしろ電撃にしなければ危うかったのでは?

なぜなら身内に敵がいるから。

アメリカにも北朝鮮にも内部に戦争に持っていきたい敵がいる。
だから電撃でやらなきゃならなかったのでは。

ご存知の通り、金正恩氏はスイス留学組です。

スイスから世界をコントロールするディープステート。
どこの政府にも入り込んでる連中。
終末再生思想を持ったグローバリスト達。

人工的にハルマゲドンを起こしキリストの再臨を望む。
その後、人口を5億ぐらいにして世界をコントロールしたい。
そういう思想を持った頭のおかしいヘンテコカルト連中がいるのです。

敵を欺くには味方からをやらざる得なかったんじゃないでしょうか。

一方。
こっちも気になる。

ドイツのメルケルさんはなんでこんなに震えてるんでしょうね。
心配になるほどの震え方なんですが。

6月27日の様子。

メルケル独首相、また式典中に震え 大阪のG20には出席

ドイツのアンゲラ・メルケル首相(64)は27日、ベルリンの連邦議会で行われた式典の最中に、身体の震えが止まらなくなった。メルケル氏は18日にも同じ不調に見舞われたが、その際は脱水症状だとしていた。
メルケル首相はこの日、クリスティン・ランブレヒト法相の就任式に出席した。震えは2分ほどで治まったが、動画にはメルケル氏が震えながら自分の腕をつかむ様子が映されている。
地元メディアによると、この日は気温が高かったものの、式典のあった建物内は涼しかったという。メルケル首相は水を飲むよう促されたが、飲まなかった。

これは以前の式典6月18日の模様。
かなり震えてる。

メルケルさんはヒットラーさんの隠し子という噂もあります。

ヒットラーにはパーキンソン病の症状があったので、その遺伝では?
とツィートをしてる人もいますた。

持病の場合、もっと前から震えが確認されるような気がしますが。
なぜ今頃撮影されてるのか。

まぁ、これはワタスの妄想に過ぎないんですが。

メルケルさんと言えば、ヨーロッパに移民を大量にいれた張本人ですよね。
移民で、ヨーロッパをぶっ壊す計画だった。

でも、最近反撃に合ってる。

最近、メルケルさんは、いよいよ自分の身も危うくなってガクガク震え出したんじゃないでしょうかね。

馬淵睦夫氏の言う隠れ共産主義者。
グローバリスト、ディープステート。
終末再生カルト。
イルミナティ。

名前は何でもいいですが、奴らが追い詰められてる。
ワタスにはそう見えるのですが。

本当にありがとうございますた。


直近イベント:
玉蔵&山田貢司 トークライブ in神戸 7月27日(土)

メルマガ始めました:
2019/7/17 裏天皇と南北朝の秘密その1 明治天皇すり替え論

ショップ情報:
国産精麻 1200円

新刊連動ブログ:
久しぶりの有望ICO MIDEX

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう