仮想通貨の現状③ 支配者層側の仮想通貨が続々誕生しています

スポンサードリンク

さて、シリーズもので書く仮想通貨の現状。

ワタスは3年前からビットコイン買っとけ。これから広まるから買っとけ。
かなり推奨してたのですが。

まぁ、知識がないからなのか何なのか。

ビットコインは奴らの通貨だ。
世界支配者層が考えた新手の世界統一通貨だ。
それを推奨する玉蔵は奴らの手先だから気を付けろ等。

もうネット上のスカポンチンさんがいっぱい寄って来て嫌になったものです。
もう日本のネットのレベルの低さと来たら。。

とほほほ。

海外ではビットコインの評価は真逆なのに。
日本はたぶんビットコインの作られた背景を知らない人が多いのでしょう。

世の中には陰謀云々書いてる人がいますが、
冷静に調査して書いてる人と妄想だけで書いてる人の2通りいる。

だいたいからしてこの世界。
上位1%が99%の富をちゅーちゅー吸って生きている。
これは陰謀云々の前に、経済統計や株主データを見てればちゃんと確認できる紛れもない事実です。

そういう、ちょっと調べれば誰でも分かる事実と自分の妄想とごっちゃにして
地震が起きたら何でもかんでも人工地震。
空に飛行機雲があったら何でもかんでもケムトレイル。

テロが起きたらなんでもかんでも偽旗作戦。
政治家、芸能人は誰でも彼でもレプティリアンか朝鮮人。

おトイレに入っては、トイレットペーパーが切れてたら陰謀です!
玉蔵さん。これはイルミナティが私がトイレに入るのを確認してから
トイレットペーパーを抜き取ったのです。
おかげで今もお尻をふいてません。

こんな人がいたらどう思いますか。

さっさとケツ吹いてどっか行け!この陰謀キチガイ!
肛門を蹴り飛ばして追い払いますよね。

一般人が聞いたら頭が狂った可哀想な人。

真実論なのに、また陰謀論か。。
そうやって一般人が、真実を書く人を馬鹿にするのは、こういう妄想陰謀野郎が足を引っ張ってるからです。

被害妄想の症状が進んで統合失調症を併発して、誰もかれもが敵に見えてしまう。
そういう誰にでも攻撃をしかける攻撃型陰謀野郎も見たりしますが。

そう言う人は一時期ファンになって寄って来ても、何かのきっかけで玉蔵は奴らの手先だ。
攻撃の矛先が向いてくる。

最近、ワタスは陰謀云々から卒業して、美しい緑の星に行きたいと切に願っています。
本当に宜しくお願いします。

ふーー。

という訳で、ビットコインをはじめとする仮想通貨。

ここのところ動きがとっても早い。
支配者層側の動きも活発になってきています。

何でもかんでも奴らの仕業などと言ってる人。
ちゃんと敵を見極めましょう。味方を攻撃してる場合ではありません。

まず来秋発行される三菱東京UFJ (MUFG) コイン。

当たり前ですがこれは完全支配者層側の仮想通貨です。
ロックフェラー通貨と呼んでも良いでしょう。

同じ仮想通貨でも全然ビットコインと意味合いが違います。
まずMUFGコインは、誰が通貨を発行しているでしょうか。

AL20160725ZXCV12ADAOIGC1950873BAZOXLVC9DAY14AD-81021000453.jpg

当たり前ですが、MUFGコインはもちろん三菱東京UFJ銀行が発行してます。

つまり中央銀行は三菱東京UFJです。
シニョリッジ(通貨発行特権)も三菱東京UFJ銀行が持ってます。

でもビットコインは違いますよね。
発行者や運営者などはいません。
いないというより誰でもなれるということです。

発行者、運営者はネットにつながった一般ユーザです。

video_wuc.jpg

マイニング(採掘)という計算処理をすることでビットコインを発行しています。
だからシニョリッジは、ネットに参加している全員が持ってます。

ビットコインは個人が発行主体と言えるでしょう。

そして、ここが重要ですが、今後ビットコインが消えることはありません。
永遠と存在し続ける。

なぜなら中央銀行がないからです。
中央銀行型の通貨は中央銀行のホストコンピューターが潰されればそれでおしまい。
でも、ビットコインはネットにつながったパソコンを全てなくさない限り消えません。
ネットにつながったパソコン、スマホを全てなくすなど不可能でしょう。

もう誰もコントロールできないのです。

AL20160725ZXCV12ADAOIGC1950873BAZOXLVC9DAY14AD-81021000454.jpg

今後もネット上に永遠と存続し続ける通貨。
それがビットコインです。

もう一つ。
ビットコインは、通貨の発行量(採掘量)も上限が決められています。
でも、三菱UFJコインは自由に三菱UFJが決められます。

この違い分かるでしょうか。
これも重要な違いです。

もう一つは、ビットコインはソースコードが公開されてます。
ソースコードというのはプログラムのコードのことです。

プログラミング知識がある人が見れば何の処理をしてるか分かります。

3260095534_d1f216fb8a_b.jpg

例えばパソコンのOSでもLinuxはソースコードが公開されて誰でも閲覧できます。
その逆でwindowsはソースコードを公開してません。

そのためバックドア(裏口)を仕掛けられても誰も分からないのです。
windowsにはバックドアが仕掛けられてると言われてます。
windowsを使ってる限り、あなたのPCは外から奴らが自由に閲覧可能なのです。

linuxはソースコードが公開されてるのでバックドアをしかけたりはできません。
そのため安全なOSと言えるでしょう。

ビットコインもそういう思想の元に作られたものです。
これは色々調べれば分かるでしょう。

という訳で、見極め方のまとめ。

・発行主体はどこか。(採掘してるのは誰か)
・発行上限は決められているか。
・ソースコードは公開されてるか。

この見極め方を覚えましょう。

現在、仮想通貨をめぐる動きが急に活発になってます。
ワタスは今後、奴らは経済崩壊させる。
そして紙幣をすべてパーにして仮想通貨に移行する。
その準備をやってると思って逐一目を光らせてます。

以下、調査したまとめを書いときます。

まずあのゴールドマン野郎。

SETLCOIN(セトルコイン)というのの実験を始めてます。

gs_primary_logo_blue.jpg

SETLcoinは他の銘柄や通貨のSETLcoin証券とも交換可能。
投資家やトレーダー向けのデジタル・ウォレットに採用されP2Pネットワークを通して資産や有価証券、現金への交換に利用可能になる。
http://btcnews.jp/goldman-sachs-disclosure-method-of-cryptocurrency-for-security-settlment/

あのJPモルガンも何やら始めてます。
Junoプロジェクトというのを始めてますね。

jpmorgan-logo.jpg
DigitalAssetHoldings(DAH)という会社と仮想通貨による売買実験を立ち上げ。
JPモルガン独自の仮想通貨、Juno’プロジェクトを公開。
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO96770730R00C16A2000000/

あのバンカメ。
BANK OF AMERICAも始めてますね。
15の特許を申請中。さらに20の特許を追加申請とか。

bank_of_america.jpg
銀行間送金において、仮想通貨を経由した方が有利と判断した場合に資金を一度
ビットコインなどの暗号通貨に交換してから送金を行い再び現金化する「CryptoWireTransfer」。
暗号通貨を用いた送金など、15の特許を申請中。さらに20の特許を追加申請。
http://www.coindesk.com/bank-of-america-cryptocurrency-wire-transfer-patent/

バンカメ・メリルリンチも、貿易金融分野でのブロックチェーン適用を実験中と発表。
http://bravenewcoin.com/news/bank-of-america-merrill-lynch-explores-using-a-blockchain-for-trade-finance/

ロイヤルバンクオブスコットランドはリップルテクノロジーに投資。
リップルはあのGoogleも投資する仮想通貨です。
奴ら側の通貨だと言えるでしょう。

rbs-logo.jpg
RBSはリップルに投資
http://cryptocurrencymagazine.com/royal-bank-of-scotland-invest-ripple-technology


スイスのUBSもセトルメントコインというのを始めてます。

UBS_Logo.png

UBSが取り組む「セトルメントコイン」、ブロックチェーン使い世界中の銀行口座をシームレスに
http://btcnews.jp/ubs-create-innovative-blockchain-platform/

既存の顧客むけロイヤリティポイント制度“KeyPoints”をモデルに実験。
http://www.finews.ch/news/english-corner/19873-ubs-loyalty-program-fintech-experiment-crypto-currenc

 
 
あの倒産しそうなドイツ銀行は社債プラットフォームを作るようです。

ドイツ銀行、ブロックチェーンによる社債プラットフォームのテスト完了を発表
http://www.efinancialnews.com/story/2015-12-04/deutsche-bank-reveals-blockchain-corporate-bond-successful

あの英国保険会社のロイズ
元々は、海賊用の保険会社でしたが。
これも何やら始めてます。

u64y5gtrf.jpg

ロイズ、ロンドン市場の基幹システム刷新にむけた「TOM(Target Operation Model)」構想。
ブロックチェーンを活用して、保険市場のリスク記録能力・透明性・正確性・速度を向上。
http://btcnews.jp/lloyds-proposed-using-blockchain-to-insurance-market/
http://www.londonmarketgroup.co.uk/index.php/current-resources/tom

日本もみずほ銀行が怪しい動きを始めますた。

みずほ・日本IBM、仮想通貨による決済検証へ
http://jp.reuters.com/article/mizuho-ibm-idJPKCN0Z8058

他の銀行も色々始めてます。

住信SBIネット銀行が実証実験を開始
https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/corp_news_20151216

日本取引所グループが実証実験を開始
http://www.jpx.co.jp/corporate/news-releases/0010/20160407-01.html

静岡銀行とORIXが共同で実証実験を開始
http://btcnews.jp/nttdata-orb-start-poc-for-banking/

ふくおかフィナンシャルグループが実証実験を開始
https://www.fukuoka-fg.com/news_pdf/20160315_block.pdf

他、各国中央銀行の動きです。
英国中央銀行は姑息なことに学生を使ってなにやら始めました。
RSCoinというのをやるとか。

英国中央銀行、学生むけに「ブロックチェーンチャレンジ」を実施しブロックチェーンの応用例を公募。
最優秀賞には、6週間のインターンの機会付与。
http://btcnews.jp/bank-of-england-blockchain-challenge/
http://www.coindesk.com/bank-of-england-blockchain-intern/
http://allcoinsnews.com/2015/11/26/bank-of-england-hold-blockchain-design-competition-for-university-students/

ロンドン大学、中央銀行むけ「RSCoin」を開発
即時決済や小口決済を可能で、中央銀行によるコントロールが可能。
https://www.gov.uk/government/uploads/system/uploads/attachment_data/file/468210/UK_NRA_October_2015_final_web.pdf
http://btcnews.jp/ucl-researchers-developed-bitcoin-like-cryptocurrency-for-central-bank/

中国もはじめましたね。

中国政府が独自の仮想通貨を準備中?中央銀行にあたる中国人民銀行が、ビットコインの代用となる仮想通貨の採用に言及した。
http://cards.hateblo.jp/entry/china-kasotsuka-kento/

中国人民銀行、新たな仮想通貨を発行か
http://jp.cointelegraph.com/news/peoples-bank-of-china-plans-to-launch-its-own-digital-currencyjp

他の国も調べると色々と動きがあります。

カナダおよびオーストラリアの中央銀行もデジタル通貨発行に注目
https://www.cryptocoinsnews.com/australian-reserve-bank-sees-a-digital-dollar-future/

オランダ中央銀行(DNB)は、DNBcoinと呼ばれるプロトタイプの実験計画を発表。
http://www.the-blockchain.com/2016/03/24/dutch-central-bank-plans-to-experiment-with-a-blockchain-based-currency/

欧州議会(European Parliament)はレポートの中で「デジタル通貨タスクフォース」創設を提案。
http://www.coindesk.com/european-parliament-report-proposes-eu-task-force-on-digital-currencies/

各国金融監督当局で構成される金融安定理事会(FSB)もブロックチェーンへの取組開始を表明。
http://www.coindesk.com/financial-stability-board-seeking-better-understanding-of-blockchain-technology/

ロシア、2016年に独自の仮想通貨発行なるか
https://www.coin-portal.net/2015/09/18/1908/

カナダ中銀が仮想通貨「Cad-Coin」を試験開発
http://www.msn.com/ja-jp/money/news/%E3%82%AB%E3%83%8A%E3%83%80%E4%B8%AD%E9%8A%80%E3%81%8C%E4%BB%AE%E6%83%B3%E9%80%9A%E8%B2%A8%E3%80%8Ccad-coin%E3%80%8D%E3%82%92%E8%A9%A6%E9%A8%93%E9%96%8B%E7%99%BA/ar-AAhgpsl

という訳で、以上。
これらは全て奴ら側の通貨。
支配者層側の仮想通貨です。

奴らも懲りずに色々やってます。

通貨は誰が発行してるか。発行上限は決められてるか。オープンソースか。
これを見極めればどっち側かすぐ分かるのです。

今後、経済崩壊後、皆様はまたわざわざ支配者層の仮想通貨を使うのでしょうか。
騙されてはいけないのでした。

仮想通貨は、一般庶民が発行したものを使いましょう。

ワタスは仮想通貨を使って地域通貨を発行すれば良いと思ってます。
そして、事実。
世界ではそういう面白い動きが始まっています。

次回は我々の通貨。庶民の通貨。
通貨を取り戻せ!

そういう頼もしい動きを紹介します。

本当にありがとうございますた。

以下は野口悠紀雄氏と他15名の専門家がまとめた仮想通貨の最新の動きです。
ワタスも読みましたが一番まとまってる本だと思います。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう