原発情報 ストロンチウム分布図こっそり終了

スポンサードリンク

あは?
昨日載せた、リンク
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/contents/7000/6213/24/338_2_0912.pdf
が404 Not Foundと出て読めなくなっています。
201207afjasro2_x1zxvjc000009.jpg

うーん。
仕事が早い。。

文科省の人はこっそり公開して、こっそり削除したのでしょうか。
何たるこっそりさ。
ワタスも時々、こっそりえっちなサイトを見る時がありますが。
このこっそりさは見習おうと思います。

それにしてもストロンチウム分布図は、以下の早川教授のセシウム分布図とほぼ同一ですね。
セシウムの分布が高い地域はストロンチウムも高いということなのでしょう。

↓クリックすると大きくなります。

ちょっと前に、ご飯炊いた~だかジョン・タイターだか知りませんが、未来から来た未来人の予言が流行りますた。将来東日本は政府管理区域立ち入り禁止になるという予想図ですた。

↓こういうやつ

うーん。
これは実現する可能性が高い。。

そもそも、福島原発は収束しているのでしょうか?
今年の6月末の時点で、毎時1万300ミリシーベルト、福島第一原発1号機で過去最大の線量計測したというニュースがありますた。
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1719156.html
このニュース以降、具体的にどんな数値になっているのかさっぱり報道されていません。
多分、今も完全無欠でダダ漏れ状態なのでしょう。

以下、興味深い聖徳太子の予言。

聖徳太子は25歳のころに飛鳥の北方「宇治」で非常に興味深い予言を残している

「・・・私の死後二百年以内に一人の聖なる皇族がここに都を作る。そこはかつてない壮麗な都になり戦乱を
十回浴びても、それを越えて栄え千年の間都として栄えるだろう・・・しかし一千年の時が満ちた時には黒龍
(黒船)が来るため、都は東に移される。それから二百年過ぎた頃にはクハンダが来てその都を汚すため、
その東の都は親と七人の子供のように分かれるだろう・・・・」

「クハンダ」とは・・・・・仏教用語で末世に現れる悪鬼(悪心)のこと。真っ黒く汚れきっており、周囲の
人の体の中も心も真っ黒く汚してしまう毒麦のような性質を持っている。これは東京の汚染や人の心のエゴ
イズムや慢心がいずれどうしようもない末世状態になったときに、首都機能が七つの都市に分散されることを
表しているのだろうか?

黒船来航から二百年。
当ってる。。

ストロンチウム90。
多分、群馬あたりがこれほど汚染されてることを考えると、飲み水。
水道水はかなりマズイでしょう。東京の水道水は、もろに群馬県からやって来ています。
547166_231147510331580_100003089984154_399551_1567126221_n.jpg

ちょっと前にここで載せた、ジョセフ・ティトゥルさんという米国人予言者がこう言ってます。

水の問題
日本政府は隠しているが、東日本大震災の被災地では水がとてつもなく汚染している。これからこの地域で多くの奇形児が生まれるので、水が汚染していることがはっきりする。どの地域でも、2012年には水の問題が大きくなる。水は大変に入手しにくくなる。その原因の一つは汚染である。水を使う前に煮沸消毒するように義務づける地域も出てくる。また、広範囲の停電のため水の供給が止る地域を出る。

もう、どう考えてもマズイでしょう。
どう考えても、もう、完全無欠に東日本は住んでちゃいけない地域です。
今後、遅かれ早かれパニックになる。
早くそこから逃げろ。頭の正常なうちに逃げろ。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう