au大規模通信障害 完全ワザとやってる件 電気ガス水道通信食料ストップ計画

スポンサードリンク

ヒャッハー!

さて、ワタスは先日、標高2千メートル。
再生ツアーで御嶽山に行ってますたよ。

やっぱり大自然は良い。
忘れてしまった大事なことを思い出す。

皆様も人間界を脱出し、自然に帰ることをお勧めします。

選挙がどうのこうの。
これから人間社会は潰し合いのプロセスが始まる。

さっさといち抜けた!することをお勧めします。

さて、以下。

このブログではずーっと前から
これから殉教者の苦しみ期間が始まるよ。

それは支配者層の行動計画書。

ヨハネの黙示録を見れば分かるよ。
と言って来ますた。

以下、奴らの行動計画書(アジェンダ)です。

(1)白い馬  1993年~1999年
(2)赤い馬  2000年~2006年
(3)黒い馬  2007年~2013年
(4)青ざめた馬  2014年~2020年
(5)殉教者の苦しみ  2021年~2027年
(6)神の怒り  2028年~2034年
(7)獣の刻印  2035年~2041年

イエスの復活

はい。
一昨年の2020年までは青ざめた馬の期間ですたね。

以下は、アメリカ コロラド州デンバーにあるデンバー空港のモニュメントです。

ひひ~ん。
201102140123069ee.jpg
img_6.jpg
って、気持ち悪いだろ!
誰だ空港にこんなモニュメント作ったのは。

どういう美的感覚?

まぁ、大阪万博のマスコットもそうですが。

正常な感覚があればなんかの悪意を感じて悪寒がするはずです。

これこそヨハネの黙示録から来たモニュメント。
2020年までは青ざめた馬期間(ペイルライダー)期間だった。

そして2021年から殉教者の苦しみ期間に入ってる。

忘れもしない2021年6月11日。
英国G7首脳会議でワクチン10億回分を無償提供を決めた。

2001.9.11、2011.3.11と来て、2021年は何?
と思ってたら、ワクチンだった。

これが苦しみの始まり。

そして、ロシアが2022年2月24日に開始したウクライナへの軍事侵攻。
これも第2の苦しみの始まりです。

人類は80年毎に同じことを繰り返す。

1941年12月8日にパールハーバーがあった。
だとすれば2021年末頃に戦争があるのでは?

と思ってたら、2022年の2月に戦争が始まった。

とにかくこれから80年前の第二次世界大戦のような期間がやってくる。
天変地異、疫病、食料危機、そして世界大戦等々。

で、最近気になったのがこれ。

auの大規模通信障害ですね。

御嶽山のイベントの時。
スタッフが各方面に連絡がつかず困ってますた。

今は復旧したようですが。

しかし、不思議なことに、同時期。

他にも電力関係でも次々に事故が起きてますた。

福島の変電所がストップ。
原因はヘビってあんた。

同時期に、火力発電所がストップ。

 

千葉の火力発電所もストップしてた。

こんなに同時期に起きる?普通。

ひじょーに怪しい。

そして、天然ガス、パイプラインのサハリン2。

知ってると思いますが。
ロシアがストップしますたね。
今後、天然ガスの輸入ができなくなる可能性が出て来た。

 

それに、5月末。

これは農業関係者なら気になったはずですが。
全国で、田植えに合わせて農業用水が次々と使えなくなってますた。

誰だ~やったのは~

絶対ワザとやってるだろ~ゴラァ(# ゚Д゚)

それで、アメリカでもこんな事故が多発してますね。
食品加工工場の閉鎖が相次いでる。

海外のゼロヘッジさんの記事です。

今年で100件も続くってどんだけ~

食品加工工場の閉鎖が相次ぐ

zerohedge.com 2022/06/28

以下のリストは、「偶発的事故による火災」「病気」「その他の原因」によって破壊、損傷、影響を受けた工場である。

1/11/21 フェイエットビルの 75,000 平方フィートの加工工場が焼失する火災が発生。
4/30/21 イリノイ州モンマスのスミスフィールド・フーズ豚肉加工工場内で発火火災
7/25/21 メンフィスのケロッグ工場で3アラーム火災、170人の救急隊員が駆けつける
7/30/21 アラバマ州ハンスヴィルのタイソン社リバーバレー・イングリディエンツ工場で、金曜日に消防隊が大規模な火災と闘った。
8/23/21 AustellのEwing RoadにあるPatak Meat Production社に消防隊が出動した。
9/13/21 日曜夜、ネブラスカ州グランドアイランドの JBS 牛肉工場で火災が発生し、食肉処理と加工ラインは停止を余儀なくされた。
10/13/21 ID 州CaldwellのDarigoldバター製造工場で5つのアラームによる火災が発生した。
11/15/21 ガラード郡の食料配給所で火災が発生し、女性が拘留されている。
11/29/21 午後5時半頃、メイドライトステーキカンパニーの食肉加工工場で火災が発生。
12/13/21 サンアントニオのウエストサイド食品加工工場で火災が発生し、煙の被害が残っている。
1/7/22 ハミルトン山の鶏肉加工工場が夜間に火災に見舞われ、被害が出た。
1/13/22 LA州LecompteのCargill-Nutrena工場で火災が発生し、消防士が12時間かけて消火活動を行った。
1/31/22 Winston-SalemのCherry Streetで、600トンの硝酸アンモニウムを貯蔵する肥料工場が火災に見舞われた。
2/3/22 MaustonのWisconsin River Meatsで大規模火災が発生。
2/3/22 ストウのパーシーファームで火災が発生し、少なくとも130頭の牛が死亡した。
2/15/22 テキサス州エルパソでボナンザ・ミート・カンパニーが炎上する。
2/15/22 Hermiston の Shearer’s Foods の工場の大半が火災で焼失してから約 1 週間後、Hermiston の Shearer’s Foods の工場が焼失した。
2/16/22 インディアナ州クレイプールの米国最大の大豆加工・バイオディーゼル工場が火災に見舞われた。
2/18-22 早朝、Bess View Farmのミルクパーラーが火に包まれた。
2/19/22 フリーモントのリンカーン・プレミアム養鶏場でアンモニアが漏れ、3人が負傷し、1人が入院している。
2/22 HermistonのShearer’s Foodsの工場でプロパンボイラーが爆発し、火災が発生した。
2/28/22 Nutrien Ag Solutions社で、くすぶっていた硫黄の山がたちまち化学薬品火災となった。
2/28/22 Shadow Brook FarmとDutch Girl Creameryで火災が発生し、男性が負傷した。
3/4/22 ミズーリ州ストッダードの農場で294,800羽の鶏が焼失した。
3/4/22 メリーランド州セシルの卵農場で644,000羽の鶏が破壊された。
3/8/22 デラウェア州ニューキャッスルの養鶏場で鶏243,900羽が焼失。
3/10/22 メリーランド州セシルの養鶏場で663,400羽の鶏が焼失。
3/10/22 IA州Taylorの養鶏場にて915,900羽の鶏が焼失。
3/14/22 244 Meadow Driveの火災は農場主のWayne Hooverによって午後5時過ぎに発見された。
3/14/22 ウィスコンシン州ジェファーソンの養鶏場で2,750,700羽の鶏が焼失。
3/16/22 インディアナ州Plainfieldのウォルマート倉庫配送センターで火災が発生し、インディアナポリス全域に大きな煙が立ち込めている。
3/16-22 アーカンソー州ジョーンズボロ、ネスレ食品工場が火災で大規模な被害を受け、新たな生産が不可能になった。
3/17/22 アイオワ州ブエナビスタの養鶏場で鶏5347,500羽が焼失した。
3/17/22 デラウェア州ケントの農場で 147,600 羽の鶏が焼失。
3/18-22 メリーランド州セシルの養鶏場で鶏315,400羽が焼失。
3/22 サウスダコタ州の農場で172,000羽の七面鳥が破壊された。
3/22 ネブラスカ州Butlerの農場で鶏570,000羽が焼失。
3/24/22 メイン州ベルファーストのマクラムのジャガイモ加工施設で大火災が発生し、多数の町の消防士が消火活動をしている。
3/24/22 ネブラスカ州Butlerの農場で418,500羽のニワトリが焼失。
3/25/22 アイオワ州フランクリンの卵農場で250,300羽の鶏が焼失。
3/26/2012 ミネソタ州で 311,000 羽の七面鳥が焼失。
3/27/2012 サウスダコタ州で 126,300 羽の七面鳥が焼失。
3/28 アイオワ州ガスリーの養鶏場にて鶏1,460,000羽が焼失。
3/29/2002 Maricopa近郊の砂漠地帯で、40,000ポンドの食料が焼失した。
3/31/22 テキサス州南部の主要な生鮮タマネギの包装施設の大部分が建造物火災により大きな被害を受けた。
3/31/22 アイオワ州オセオラで 76,400 羽の七面鳥が焼失した。
22年3月31日 アイオワ州オセオラの卵農場で5,011,700羽の鶏が焼失した。
4/6/22 ノースカロライナ州ウェインの農場で 281,600 羽の鶏が焼失。
4/9/22 ミネソタ州にて 76,400 羽の七面鳥が焼失。
4/9/22 ミネソタ州で 208,900 羽の七面鳥が焼失。
4/12/22 ノースカロライナ州 Wayne の農場で 89,700 羽の鶏が焼失。
4/12/22 ネブラスカ州 Dixon の卵農場で 1,746,900 羽の鶏が焼失。
4/12/22 ミネソタ州の農場で259,000羽の鶏が焼失。
4/13/22 ニューハンプシャー州コンウェイのイーストコンウェイビーフ&ポークミートマーケットが火災により焼失。
4/13/22 アイダホ州のジャガイモと食品加工工場、Gem State Processing に飛行機が墜落。
4/13/22 ミネソタ州で 77,000 羽の七面鳥が破壊された。
4/14/22 カリフォルニア州サリナス、テイラーファーム食品加工工場が全焼。
4/14/22 ミネソタ州で 99,600 羽の七面鳥が焼失。
4/15/22 ミネソタ州ランカスターの卵農場で 1,380,500 羽の鶏が焼失。
4/19/22 米国オレゴン州デュファーの有機・健康食品の独立系販売会社アズールスタンダードが焼失。
4/19/22 ミネソタ州で 339,000 羽の七面鳥が焼失した。
4/19/22 Color 州 Montrose の農場で 58,000 羽の鶏が焼失した。
4/20/22 ミネソタ州の卵農場で 200 万羽の鶏が焼失。
4/21/22 ジョージア州コビントンのゼネラルミルズ社の工場敷地内に小型飛行機が墜落。
4/22/22 ミネソタ州で 197,000 羽の七面鳥が破壊された。
4/23/2012 ミネソタ州で 20 万羽の七面鳥が破壊された。
4/25/22 ユタ州キャッシュの養鶏場で鶏1,501,200羽が焼失。
4/26 ペンシルバニア州ランカスターの養鶏場で鶏307,400羽が焼失。
4/27/22 ネブラスカ州ノックス農場にて鶏2,118,000羽が焼失。
4/28/22 アイオワ州の採卵施設で鶏530万羽を殺し、200人以上を解雇。
4/28 22 デラウェア州のアレンハリム・フーズ加工工場で約200万羽の鶏が死亡。
4/2822 ウィスコンシン州バロンで110,700羽の七面鳥が破壊された。
4/29 カリフォルニアからアラスカに向かう花粉媒介昆虫を乗せた便がジョージアに迂回し、500万匹のミツバチが死んだ(新)。
4/29 農場で鶏1,366,200羽が処分される Weld Colorado州
4/30/22 オクラホマ州Sequoiaの農場で鶏13,800羽が焼失。
5/3/22 58,000 羽の七面鳥が処分される Barron ウィスコンシン州
5/3/22 七面鳥 118,900 羽を焼却 Beadle S Dakota
5/3/22 114,000羽のアヒルがペンシルベニア州Berksのアヒル農場で処分された。
5/3/22 118,900 羽の七面鳥が焼失 ミネソタ州 Lyon
5/7/22 20,100 羽の七面鳥が焼失 バロン・ウィスコンシン州
5/10/22 ペンシルベニア州ランカスターの農場で 72,300 羽の鶏が焼失。
5/10/22 ペンシルベニア州Berksのアヒル農場で 61,000 羽が焼失。
5/10/22 35,100 羽の七面鳥が焼失 ミシガン州マスケゴン市
5/13/22 10,500 羽の七面鳥が焼失 ウィスコンシン州 Barron
5/14/22 ペンシルベニア州 Berks の Duck 農場で 83,400 羽のアヒルが処分された。
5/17/22 ペンシルベニア州バークス農場の 79,00 羽の鶏が焼失。
5/18/22 ペンシルベニア州BerksのDuck Farmで7,200羽のアヒルが焼失。
5/19/22 石灰石を積んだ列車が脱線 Jensen Beach FL
5/21/22 ミネソタ州 Dakota の農場で 57,000 羽の七面鳥が破壊された。
5/23/22 ペンシルバニア州Berksのアヒル農場でアヒル4,000羽が焼失。
5/29 22日 土曜日の夜、ミネソタ州ハワードレイクのForsman Farmsの鶏舎が火災で焼失。
5/31 22 ミネソタ州ストックホルムタウンシップの Forsman 施設で 300 万羽の鶏が焼失。
6/2/22 ペンシルバニア州のダックファームBerksでアヒル30,000羽が焼失。
6/7/22 ウィスコンシン州グリーンベイのJBS食肉加工工場で火曜日夜、火災が発生。
6/8/22 ルイジアナ州アーコラのピュリナ飼料工場で火災が発生、Tangipahoa Fire District 1の消防士が出動した。
6/9/22 米国第一の食糧生産地であるカリフォルニア州で灌漑用水が中止され、貯蔵水が直接デルタ地帯に流された。
6/12/22 米国最大の豚肉会社、コスト高でカリフォルニア工場を閉鎖
6/13/22 ウィスコンシン州Waupaca郡西部の食品加工工場で火災発生
6/14/22 最近のカンザス州の熱波で1万頭以上の牛が死んだと報告された
6/23/22 George’s Inc: Poultry and Prepared Foods はテネシー州 Campbell County の食品加工工場の 1 つを閉鎖すると発表した。

はい。

絶対おかしい。

普通の感覚があれば気づくはずです。
こんなにも食品工場が偶発的に次々と火災になる訳がない。

完全にワザと。
悪意を持ってやってる。

どんなに鈍感でもこれは分かる。

と言う訳で、あなたにちょっとでも正常な感覚が残ってれば、
こりゃまずい。

計画してやってるんだ。

いち抜けた~
都会から離れて田舎で食料も電力も自給自足。

これが正解だと分かるでしょう。

まぁ、まだもうちょっと猶予はあるのですが。

本当にありがとうございますた。


イベントに参加して黄金村の隊員になろう!

直近イベント:
・9月11日(日)土中環境ブートキャンプ in 八ヶ岳!


↓このブログの新刊!


目指せYoutber:
ゴールデンタマちゃんねるスタート

6/22 久しぶりに動画アップしますた。今こそ地方コミュニティが大事だという話


ショップ情報:
・あの高田さんの新刊発売開始!よくわかる土中環境イラスト&写真でめっちゃ分かりやすい
自作ソーラーパネル発電講座 録画動画 7000円
メルマガ始めました:
サポーター会員募集中(月額777円)

↓1日1回応援クリック

スポンサードリンク

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう