GDP戦後最大の落ち込み 日経平均の金換算グラフ

スポンサードリンク

さて、何を今更なニュースが流れてますた。

これはBBCから。
GDPが戦後最大の落ち込みだそうですた。

日本経済、戦後最悪の落ち込み 4~6月期は27.8%縮小


日本の内閣府は17日、2020年4~6月期の国内総生産(GDP)が前期比年率27.8%縮小したと発表した。

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)に取り組む中で、現行基準の1980年以降で最悪の落ち込みとなった。

この日に発表された減少率はアナリスト予想をわずかに上回った。

マイナス成長となるのは3四半期連続で、GDP統計をさかのぼることができる1955年以降で最大の落ち込み。

今回の数字は、世界各国が直面する深刻な経済的影響を鮮明に浮き彫りにした。

日本は今年初め、GDPが2四半期連続で落ち込み、リセッション(景気後退)入りした。

景気低迷の主な要因の1つは、日本経済の半分以上を占める国内消費の深刻な減少だ。世界貿易がパンデミックの打撃を受けていることから、輸出量も激減している。

日本は新型ウイルス危機よりも前から、すでに経済成長率の低迷に苦しんでいた。

GDPの落ち込みは、昨年10月に消費税が8%から10%に引き上げられたことや、同月の台風19号「ハギビス」による被害などの影響で苦戦してきた日本経済を、さらに圧迫している。

以下は東京新聞に出てたグラフ
リーマンショックを超えるマイナス幅だそうですた。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/49477

マイナス幅はリーマン・ショック直後の09年1~3月期の年率17・8%減を上回り、統計上比較可能な1980年以降最低。記録の残る55年までさかのぼっても「これだけの落ち込みはない」(内閣府)

しかし、こんなことはずっと前から分かってたのに。
なんで今更報道するのか。

3月に大暴落した日経平均さんですが、持ち直して現在23000円台。

GDP戦後最大の落ち込みなのに、これは一体何の株価なんだ?

もう実体経済となんの関係もない。
架空の世界のお伽話になってしまいますたとさ。

日経平均株価23000円いいね!

以下は、これは金(ゴールド)の価格。
ずっと上がり続けてます。
すなわち貨幣の価値が下がり続けてるということです。

以下を見れば分かるでしょう。
これは日経平均を金(ゴールド)グラム当たりに換算したグラフです。
去年の10月辺りから実際はずーっと下がり続けてたのでした。
これが本当の日経平均の姿なのでした。

以下。
ビットコインさんが~

あはぁ。
ずっと見ないうちに127万になってますた。

と言う訳で、

金(ゴールド)とビットコインが上がる。
= 貨幣が徐々に紙屑化してる。

ワタスは通貨紙屑化は、一気に来るのかと思ってたら
徐々に気づかぬうちに忍び寄ってた。

いい湯だな~
と思ってたらヒャッハー!

金、ビットコイン、食糧、土地。
等々。
お金の価値があるうちに物に変えとけ!

本当にありがとうございますた。


目指せYoutber:
祝!玉ちゃんねるスタート

メルマガ始めました:
2020/09/23 気になる日付いろいろ

直近イベント:
・市川ジャンさん自然農オンライン!9/10(木)
・占星術で未来を読む 2020年ホロスコープ国際情勢分析 9月11日(金)10月に起きる事

ショップ情報:
国産精麻 1300円

↓1日1回応援クリック

スポンサードリンク

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう