いよいよ資本主義の終わり FRBがレポ市場に過去最大規模5000億ドルの超巨額の資金供給

スポンサードリンク

さて、近々、金融の方で大きな変動がある。
それはイギリス総選挙か。
はたまた米中貿易協定か。

と先週書いたのですが。

なんだかめっちゃ株価上がってますね。

つぁぁぁ。
日経平均は最高値更新。

NYダウも今年最高値更新。

ワタスが言うと逆になるいつもの法則ですた。
本当にお疲れ様ですた。

しかしなぁ。
3ヵ月前の9月16日。
アメリカのレポ金利があり得ない10%に急騰した。

これは崩壊のサインでしょう。

その後、FRBが大量の資金供給をして、11月頃には1.5%台にまた下がったのに
また直近4%台に跳ね上がった。

結局、あのレポ金利の件はどうなったんだ?

と思ってみたらとんでもないことやってますよ。
これは日本のマスコミは全然取り上げてない話です。

FRBが5000億ドル供給?

5000億ドル? (つд⊂)ゴシゴシ
500億ではなくて?

5000億ドルったら日本円で55兆円ですよね。
日本の国家予算が100兆だからその約半分ですよね。

頭おかしい。。( ゚д゚)

はっきりとFRBがレポ市場に5000億ドル供給と書いてます。

ニューヨーク連銀が過去最大5000億ドルという超巨額資金を市場に供給すると発表:年末に向けレポ取引市場で流動性が枯渇する危険を回避するため

本日12月12日、ニューヨーク連銀の公開市場取引デスクは、最新の週間「レポ・オペレーションに関する声明(Statement Regarding Repurchase Operations)」を発表し、12月13日〜1月14日に行う予定のレポ・オペレーション(レポ市場への資金供給)について方針を発表した。

その内容が市場の予測を大幅に上回る5000億ドルという超巨額となっており、市場関係者を驚かせている。

今週火曜、レポ取引の専門家であるCurvature Securitiesのスコット・スカーム氏は、連銀が12月23日(月)のターム (期日)物の資金供給オペレーションとして少なくとも500億ドル(現在の2倍)、そして12月30日(月)のターム・オペレーションとしてさらに少なくとも500億ドルを実施すると発表するだろうと予想していた。

・・・

本日発表された声明によると、ニューヨーク連銀は、2週間ターム・レポ・オペレーションを週に2回、継続して実施する予定である。

つまり年末までに4回のレポ・オペレーションが行われることになる。

さらに、ニューヨーク連銀の公開市場取引デスクは、償還期日までの期間がより長いターム・レポ・オペレーションも年末まで実施する予定である。このオペレーションで供給される資金は、スカーム氏が予想した通り、少なくとも500億ドルとなっている。

しかし連銀による市場介入策はこれだけではない。

年末に向けて金融市場の流動性が逓減するのを防ぐため、連銀によるオーバーナイト・レポ・オペレーションはこれまで通り毎日実施され、念のためにその規模も大幅に拡大する予定である。

2019年12月31日および2020年1月2日に実施されるオーバーナイト・レポ取引市場に供給される資金は、年末年始におけるオーバーナイト取引市場の流動性に対処するために、少なくとも1500億ドルにまで増額される予定。

さらに2019年12月30日には、公開市場取引デスクは、2019年12月31日に決済され2020年1月2日に償還期日を迎える750億ドル分の資金供給を行う予定である。・・・

連銀が意味していることは、オーバーナイト・レポを1500億ドルまで規模を拡大することに加えて、12月16日〜1月14日までの年末年始をカバーする合計9回のターム・レポを実施する予定であるということであり(そのうちの8回の供給資金合計は350億ドル、最初の供給資金は500億ドル)、この先1ヶ月間で連銀は合計3650億ドルもの資金を市場に投入するということである。

以下はニューヨーク連銀が発表したレポ・オペレーションの予定表である:

しかし連銀による市場への資金供給はこれだけではない。
 
既に拡大実施されているオーバーナイト・レポ・オペレーションとして、約500億ドルの国債購入と、さらに600億ドルの国債購入による流動性の増加も考えると、連銀はこの先わずか30日間で合計5000億ドル弱の資金を市場に投入する予定である

これはもう資本主義じゃない。

ゼロヘッジさんも
こんなのもう市場じゃないでしょう。
以下の記事で怒ってます。

価格決定は市場が行うのが基本でしょう。
でも、最終的にFRBが買ってくれるなら、富裕層は、リスクを考えずにギャンブルできちゃうでしょう。

株とかデリバティブとかそういうギャンブルを安心してできちゃうでしょう。
こんなの資本主義と呼べるかドアホ!

FRBがお金を刷るたびにバブルは膨れ上がる。
でも、それは庶民には全然流れてない。

実は、市場には買い手はもう既にいない。

買ってるのはFRBだけだった。

でも、このバカげた市場を維持するのに巨額のコストがかかるようになってきてる。
それは1兆ドルというインドネシアのGDPに匹敵する規模になってきてる。

もうそろそろ終わりだ。

そう言ってます。
長い記事ですが、まさに今のキチガイ経済を良く表してます。

A “Market” That Needs $1 Trillion In Panic-Money-Printing To Stave-Off Implosion Is Not A Market

パニック・マネー・プリンティングに1兆ドル必要な「市場」は市場ではない

米連邦準備制度理事会 (FRB) による操作とプロパガンダには、大きな犠牲が出そうだ。

米連邦準備制度理事会が、過剰なインフレを回避するために1兆ドルを必要とする「市場」は市場ではない。
合法的な市場が価格の決定を可能にするのだ。

価格決定とは?

買い手と売り手の意思決定と行動によって、資産、商品、サービス、リスク、借入価格、すなわち金利と信用の利用可能性など、あらゆるものの価格が決まる。

米国は12年間、合法的な市場を持っていなかった。
私たちが「市場」と呼んでいるのは、連邦準備制度理事会の超富裕層のための社会主義を曖昧にする粗雑なシミュレーションである。

つまり、所得を生み出す資産の大部分は超富裕層が所有しており、資産バブルを新たな極端に膨らませるために必要なすべてのFRBの紙幣印刷は、すでに超富裕層をさらに豊かにするだけである。

その擁護派は、バブルは平均的なアメリカ人を「手助け」ために膨らませなければならないと主張しているが、その主張はばかげている。

米国人の大半は、所得がほぼゼロ資産だ。
せいぜい、急速に減価償却している車、収入のない家、そして亡くなったときにだけ元が取れる生命保険を所有している程度だ。

平均的なアメリカ人は家を避難所として利用しているので、その現在の高騰した価格は世帯の収入を改善することは何もない。

それは紙の富であり、住宅バブルがはじけたときに紙の富が急速に失われることはすでに見てきた。

合法的な価格決定が認められれば、資産バブルがはじけ、実質的に所得ゼロの資産を持つ平均的な世帯に対する現実的な影響は最小限に抑えられるだろう。

過大評価された住宅は半分に減るだろうが、それでも避難所として機能しているため、実際の経済効果は小さい。

生命保険会社の損失について言えば、今のところ、自分が死んだときにだけ支払う「資産」の利益はどこにあるのだろうか。

一方、超富裕層は株式、債券、企業、商業用不動産を保有しており、これらすべてが所得を生み出している。

富裕層は二つの点で裕福になる。
彼らの資産は収入に小さな富を生み出す(不労所得は「金持ち」を他のすべての人から分けるものである)。
そしてFRBの資産価格の継続的な上昇のおかげで、彼らの紙の富は倍増した。

ささやき声が雪崩の自己増幅を引き起こすのを恐れて、誰もあえてささやく人がいないという秘密は、このFRBで操作された「市場」が非流動的であるということだ。

もし本格的な売りが出たとしても、バブルの完全な崩壊を食い止めるだけの買い手はいないだろう。

FRBのゲームは、最後の手段の買い手であることによって流動性の幻想を作り出そうとするものだが、今はFRBが唯一の買い手だ。

これは、連邦準備制度理事会が超富裕層のために12年間社会主義を貫いてきた弊害である。

連邦準備制度理事会による価格決定の破壊のおかげで、超富裕層はもはや流動性を気にせず、レバレッジこそがゲームの名である。

超富裕層は数千億ドルを賭けて経済を切り裂き、買い手が実際に過大評価された資産価格を支払うかどうかを心配しなくてもよい。

流動性という幻想を維持するために必要な金額が何であれ、FRBが介入してパニックに陥ることを期待できるからだ。

「市場」がそれほど健全なら、FRBはなぜ数カ月で1兆ドルを超えるパニック・マネー・プリンティングを行うのだろうか。

下のグラフを見てください

FRBは即座に2130億ドルのレポと3360億ドルの資産購入を公表し、さらに200ドル以上のレポと300ドル以上の資産購入をパニック的に公表し、総計1兆ドル以上のパニック的なマネー印刷を行うことを約束しています。


なぜFRBは、インチキ「市場」の崩壊を回避するために、1兆ドルのパニック・マネー・プリントを強いられたのか。

モラルハザードは根こそぎになりつつあり、FRBは本格的なパニックに陥っている。

なぜなら、超富裕層(銀行、企業、金融機関)には流動性が枯渇する恐れがないからだ。
流動性の枯渇とは、市場から買い手が消え、バブルで過大評価された資産を買う人がいなくなること。

流動性が一夜にして枯渇し、入札が消滅する仕組みを理解するには、マンデルブロの著書『市場の誤った行動:金融混乱のフラクタル図』を読んでください。

マンデルブロがここで強調しているのは、市場は本質的に不安定で、突然の無秩序な混乱に陥りやすいということだ。

完全な価格決定を伴う合法的な市場では、買い手と売り手はリスクを0に減らすことはできないことを理解し、それに従って取引を行う。

しかし、我々の市場は、偽の「市場」の買い手と売り手だ。

FRBは常に価格に関係なく資産を購入すると確信しており、それに応じて取引している:レバレッジ、デリバティブ・ポジション、クレジット・ライン、株式買い戻し、通貨(FX)スワップに制限はない:

連邦準備制度理事会は合法化された略奪者たちを安心させてきました。
何千億ドルも賭けても、状況が悪化したらあなたの過大評価された資産を買います。

そのため、極めて薄っぺらな「市場」は基本的に非流動的であり、それゆえにFRBの突然のパニック・マネー・プリンティングは、インドネシアのGDPにほぼ匹敵する1兆ドルに達した。

FRBが価格決定を徹底的に破壊し、モラルハザードを高めようとしていることが怪物を生み出し、FRBの「市場」という偽りの見せかけを食いつぶそうとしている。

超富裕層を豊かにするのは楽しいことばかりではあったが、今やFRBの操作やプロパガンダには莫大なコストがかかるようになってきており、FRBの流動性という幻想を解き明かす準備ができている「市場の」参加者はほとんどいない。

たとえて言うなら、島で増殖したネズミの個体群を考えてみよう。

すると、貪欲な群れが最後に残った餌を食べてしまった。
次に何が起こるかを計算できるでしょう。

今回は、FRBが大量の資金供給をして何とか延命した。

でも、9月からたったの3ヵ月しか経ってないのにこれです。
ということは、また3か月後。
2020年の3月頃。

また資金枯渇して金利が高騰するんじゃないでしょうか。

それはもう買い手がいないということです。
買い手がいないからFRBが買わざる得ない。

でも、もうこれは資本主義ではなく完全社会主義。
それも金持ちのためだけの社会主義になってる。

まぁ、もう限界ギリギリのところに来てるということでしょう。

本当にありがとうございますた。


目指せYoutber:
祝!玉ちゃんねるスタート

メルマガ始めました:
2020/09/23 気になる日付いろいろ

直近イベント:
・市川ジャンさん自然農オンライン!9/10(木)
・占星術で未来を読む 2020年ホロスコープ国際情勢分析 9月11日(金)10月に起きる事

ショップ情報:
国産精麻 1300円

↓1日1回応援クリック

スポンサードリンク

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう