ChatGPTの脅威③ プラグインを使ってみた ついでにGoogle Bardも使ってみた

スポンサードリンク

ヒャッハー!

さて、AIの進化がすすむ中。

いかん!
時代に取り残されないためにワタスも日々AIをいじってます。

青空の下、畑仕事をした後に、おうちに帰ってはAIをピコピコいじる。
この幅の広さ。

それこそワタスがハイパーブロガーな所以です。
本当に宜しくお願いします。

さて、それにしても、このAIが発達していく時代。

なんで日本の子供は、未だに学校で暗記ものなど叩き込まれてるのでしょうか。
暗記など、なんの役にも立たなくなるのに。

今後、企業は、暗記レースを勝ち抜いた東大生を採用するより
3流大出身でもAIの使い方をマスターした学生を多く採用することになるでしょう。

アメリカではハーバード卒はもう必要ないと言われてるようですた。

最近など、AIにどのような質問をすればより効率良く正確な回答得られるか。

質問の仕方のテクニック。

質問技術をマスターした人をプロンプトエンジニアというようですが。

そっちが重宝されるようになりつつあります。

スマホも2010年頃から流行始め、
持ってない方が変に思われるまで10年かかった。

2030年頃にはAIを使わないとアホなの?
レトロ趣味?
と言われるようになるでしょう。

そのころにはホワイトカラー職は死滅してしまう。

そして、むしろ料理人とか溶接工とか。
ブルーカラー職の方が喜々として働く時代になる。

とかなんとか。

さて、そんな中。

あのChat GPTに対抗してGoogle先輩がBardなるAIを公開しますたね。

このままではやられると思ったのでしょう。

最近、日本語でも使えるようになったので使ってみますた。
Google でBardと検索すると出て来ます。

まず、こっちを使ってみますた。

で、試しにワタス自身について聞いてみますたよ。

なんか昔懐かしいワタスの著書が紹介されていますた。

うーん。
しかし、現在は独立して投資活動をしてることになってます。

ワタスは畑活動はしてますが、投資活動からは足を洗ってるんですが。
なんか微妙な回答ですた。

さらに聞いてみますた。

このような質問には答えられないようですた。

黄金村についても聞いてみますた。

ぇええ?金属加工のテーマパーク?
新潟の燕市にあるの?

なんたる嘘八百。
このGoogle Bardさんはシレっと嘘をつくAIさんのようですた。

このような質問をしてみますた。
回答は当たり障りのないものですた。

地底人さんについても聞いてみますた。
ぇえ?地底人チャンネル?
そんなのあったのか。
ワタスの創作したキャラクターになってるようですた。

ちなみに、ワタスのブログの過去記事を要約してと依頼してみますた。

試しに以下の記事を依頼してみますた。

水瓶座の時代の人間関係① ある隊員の相談事

2023年4月4日

ぇえ?金魚? なぜか水槽と金魚の話になってます。
どんだけ~

なんつー出鱈目な要約でしょうか。

という訳で、まだBardさんは、精度低めですね。
今後の発展を期待してます。

ちなみにChatGPTさんの方ですが。

最近プラグインなるものが追加され、これがとっても使いやすい。

まず、ワタスが使ったのはLink Readerというプラグインです。

今まで、ChatGPTではウェブサイトのリンクは、直接聞けなかった。

けど、このプラグインを使ってできるようになった。

試しにちょっと前に書いた、ほしいもの宣伝を要約してみますた。

祝!黄金のほしいもを知らないか?発売 ほしいもの10個の効能!

2023年5月19日

おほぉ。ひじょーに正確な要約が返って来た。

かなり使えますね。

あと、PDFを読み込んで解析してくれるプラグインも使ってみますた。
これが結構使える。

AskYourPDFというプラグインです。

例えば、日本のお役所のめっちゃ分かり難いPDFの説明文章がありますね。

なんで、官僚はわざわざこんな分かり難い文章出すのか。
多分、分かりやすく説明して国民が理解してしまうと色々突っ込まれてしまうのを防ぐためだと思いますが。

以下、デジタル庁が出してるマイナンバーカード説明文章を読み込んで質問してみますた。
こんな分かり難い文章。

で、こんな質問をしてみますた。

ふむ。
まぁまぁ、分かりやすい文章になって返って来る。

ということで、ChatGPTのプラグインは結構使えますね。

今後、これを使える人と使ってない人では大きく差が出て来てしまうでしょう。

取り残されないために使ってみるんだ。

本当にありがとうございますた。

ちなみにChatGPTでプラグインを有効化する方法載せときます。
(月$20の有料版で使える)

設定からプラグインの利用をオンにする

  1. 左下のアカウントの右横の「・・・」をクリックしてメニューを開き、「Settings」をクリックする
  2. 「Beta features」の「Plugins」をONにします

    ※2023年5月20日現在、プラグインの利用はChatGPT Plusの利用ユーザーに段階的に解放されているため、「「Beta features」の「Plugins」が見当たらない場合は、まだプラグインの利用が解放されていない可能性がありますの。その場合は数日待ってから再度試してみてください。

新しいチャットでプラグインを有効にする

  1. 新しいチャットを始めて、GPT-4から「Plugins」を選択

    プラグインは既存のチャットには追加できないので、新しいチャットを開始する必要があります。
    GPT-4をマウスオーバーするとメニューが表示されるのでその中から「Plugins」を選択します。
  2. 「Plugin store」を選択して、プラグインストアに移動する

    ※既にプラグインがインストールされているので、画面ではいくつかアイコンが表示されていますが、初期状態では表示されません。
  3. 使いたいプラグインをインストール

    プラグインストアに移動したら使いたいプラグインを選択して「install」を選択して、プラグインをインストールします。
  4. チャット上で使いたいプラグインを選択して有効にする

    インストールしたプラグインが表示されるので、使いたいプラグインに✅を入れてそのチャット上で有効にするプラグインを選択します。1つのチャットに同時に利用できるプラグインは3つまでです。
    ※✅を入れたプラグインはそのチャット上のみで有効になるため、別のプラグインを使いたい場合には、新しくチャットを始める必要があります。
  イベント情報:
祝!DENBA代理店になりました

能登半島地震:
地球守活動募金先

ショップ情報:
自作ソーラーパネル発電講座 録画動画 7,000円

メルマガ始めました:
サポーター会員募集中(月額777円)

↓このブログの新刊!


スポンサードリンク

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう