米ドル崩壊が加速中 中ロ間の取引500兆円に急増

スポンサードリンク

ヒャッハー!

さて、さつまいもに田植えに真菰(まこも)植え。
ワタスは今、ひじょーに忙しい。

そのため、もはや市場がどうのこうのどうでも良いのですが。

ぶひゃは!

昨日、NYダウまた千ドル超安ですたね。

また、おはぎゃーやってますた。
笑ってしまいますた。

ナスダックなんて-5%近い下げなのか。

ぶひゃは!

まぁ、ワタスは今年の1月にこんな動画を上げて警告したのですが。
覚えてるでしょうか?

下げも下げたり。NYダウ。

ナスダックの方が下げがきつい。

FIREして若くして引退と言ってた人は今頃どうなったのでしょう。
人生を引退してなきゃ良いですが。

FIREとは庶民を焼き殺すという意味だとちゃんと警告したのに。

はい。

逆に暴騰してるチャートがありますが、これなんでしょう?
分かるでしょうか。

はい。
ルーブルですね。
ロシアが戦争に負けそうだとかデフォルトしたとか。
またぞろ西側メディアは必死こいてフェイクニュースを流してますたが、実体はこれですよ。

ルーブルの価値はどんどん上がり続けてる。

以下は、金価格ですね。

また上がって来てる。
1時9000円に近くなった。

銀も上がって来てる。

と言う訳で、

今までFRBは米ドルという偽のお金を刷り散らかして、
金の上昇を先物を使って意図的に下げて来たのです。

しかし、米ドルは、刷り過ぎて希薄化し、もう価値を維持できない。
それで、金価格の上昇を抑えられなくなって来た。

もはや米ドルはNATO陣営以外からは欲しがられない。
世界中からソッポを向かれつつある。

以下はブルームバーグの記事です。

500兆円ってあんた。
日本のGDPに匹敵する額ではないか。

人民元・ルーブル取引急増、中ロがドル回避で米国に挑む

中国とロシアが自国通貨間の取引を急激に増やし、基軸通貨ドルに挑んでいる。

ロシアのウクライナ侵攻開始後、ルーブル・人民元の月間取引量は1067%増え、ほぼ4兆ドル(約512兆円)相当に急増。

ロシアと中国はドル依存を減らし、米国が実施あるいは今後発動し得る制裁を乗り越えるため2国間貿易を増やしている。

このタイミングで、ルーブルは人民元に対し5カ月ぶりの高値水準となった。

ブルームバーグの算出によると、5月に入りこれまでにモスクワのスポット市場では約259億1000万元(約4980億円)がルーブルと交換された。

これはロシアがウクライナに侵攻した2月のほぼ12倍だ。

えーー

米ドル抜きで、日本のGDPに匹敵する額が中露間で取引されてる。
これはもう米ドル崩壊決定でしょう。

というより、米ドル基軸通貨体制の崩壊と言うべきか。

と言う訳で、アメリカは今後、地獄の夏、インフレの夏へ。

多分ですが、それで台湾が戦争になっても手が出せないのでは。

NATO西側諸国は経済制裁をしてるようで、されてる。

ロシアが悪いなどと西側のメディアしか言ってない。
世界から村八分されつつある。

なので、今は西側フェークニュースは完全スルー。

ワタスは必死こいて農業に専念してるのですた。

本当にありがとうございますた。


↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!!1月24日発売!


目指せYoutber:
ゴールデンタマちゃんねるスタート

6/22 久しぶりに動画アップしますた。今こそ地方コミュニティが大事だという話


ショップ情報:
光触媒トリニティーペット用発売!
自作ソーラーパネル発電講座 録画動画 7000円
メルマガ始めました:
サポーター会員募集中(月額777円)

直近イベント:
・4月23、24日(土日)農業で独立プロジェクト in 八ヶ岳!
・4月23、24日(土日)市川ジャンさんの自然農講座!


↓1日1回応援クリック

スポンサードリンク

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう