アナグラム CORONA→RACOON

スポンサードリンク

ヒャッハー!

さて、続報貼っときます。
相変わらず増えるの早いのぉ。
死者492人、感染者23892人。

で、日本ですが。

あーぁ。
また増えて23人になっちゃいますた。
感染者数2位をキープ中。

ミクロネシア連邦から感染国扱いになってしまいますた。
今後、日本人は入国制限されるそうですた。

こういうザルなことをやってるからでしょう。

北大が潜伏期間中にも感染すると言ってます。

日本が武漢のようになるかは今月末まで様子を見ましょう。
その頃趨勢が判明する。

同じく北大が中国の感染者は少なくとも10万と言ってます。

さすがドローン大国。
ドローンを使って追い返しているようですた。

米専門家はパンデミックになるのはほぼ確実と言ってますが。

さて、こういう情報ばかりでなんだか疲れてきたので
面白記事をちょっと。

おほぉ、これは興味深い。

以下は去年のガジェット通信さんの記事です。
去年の6月の記事ですた。

『バイオハザード』のアンブレラ社そっくりのロゴを持つバイオ企業が上海に創立されていた!?

2019/06/18 16:30

サバイバルホラーゲーム『バイオハザード』で世界をゾンビ禍に陥れた、あのアンブレラ社のロゴマークにそっくりな傘の社章を持つ会社が上海にあることが分かった。

しかもその会社はバイオテクノロジー事業を展開しているというから、ゲームとの関連を疑わずにはいられない。

中国のネット民が上海で見つけたこちらの会社のロゴマークを見てもらいたい。

緑と白になっているという違いはあるものの、アンブレラ社の赤と白のパラソル柄のロゴマークと瓜二つなのだ。

「保護傘」と書いてあることから、“八角形の何か”ではなく傘を表していることは間違いない。

社名の “上海瑞藍生物科技有限公司”を日本風にすると“上海瑞藍バイオテック株式会社”となる。

どうやらこのバイオ企業は今年の515に登記されたばかりの会社らしい。

社名で検索しても会社の公式サイトなどはヒットせず、代わりに公式サイトの作成を依頼されたと思われる代理店が公開している画像が出てくる。

そこでは「幹細胞の保存と臨床応用、腫瘍免疫学、動物種子産業の技術研究開発と産業応用、動物の商業用クローニング、美容、生命と健康の分野で大きな影響を与えている産業集団です」と事業内容を紹介している。

作ったはいいがまだ公開していないということなのだろうか?

あまりにも似すぎなロゴマークに、中国ネット民も
ラクーンシティは上海だった……
「この機関を徹底的に調査したほうがいい」
「社長が『バイオハザード』のファンなのかも」
著作権侵害にはあたらないの?」
などと、あのアンブレラ社に言及せずにはいられない様子。

ともかく、上海発のゾンビ大戦が発生しないことを願うばかりだ。

ぇーーー
去年ゾンビ大戦発生を書いてるのかよ。

上海発ではなく、武漢発のゾンビ大戦でしたが。

ガジェット通信さんにもAKIRAの作者のような人がいるのかも知れない。

とかなんとか。

ちなみに以下はネットで流れた推理。

あのバイオハザードのラクーンシティは、コロナウイルスのアナグラムなんでは?
という指摘ですた。

アナグラムというのは文字を入れ替えて違う意味にする言葉遊びです。

おほぉ。
確かに。

コロナ→ラクーン

とかなんとか。
まぁ、面白かったので貼っただけです。

本当にありがとうございますた。


目指せYoutber:
祝!玉ちゃんねるスタート

メルマガ始めました:
2020/2/22 免疫力アップと若返り? 永久凍土から出て来たある特殊な菌について

直近イベント:
波動学オンライン タイムワープ法 2月29日(土)

ショップ情報:
国産精麻 1300円

↓1日1回応援クリック

スポンサードリンク

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう