歴史を知ろう!歴史スペシャル本日 これから都内です

スポンサードリンク

さて、今から都内です。
ヒャッハーー!

今日は、山田高明氏とのコラボです。

後、残席ほんのちょっとあります。
立ち見になる可能性もありますが、会場に直接来てもOKです。

場所はここ

いや、さすがですね。
山田氏はやはり歴史が分かってる。

山田氏のブログ記事を載せときます。

世界支配層とは何か?

http://freezzaa.com/archives/2656

私は当サイトでよく「影の政府」とか、「世界支配層」といった用語を使います。

世間一般では、ロスチャイルド家が世界の支配者だ、いや今はロックフェラー家だ、などと言われている。この二大陣営が競争しているという説も多い。

あるいは、ロスチャイルドとロックフェラーは仲間で、本当はロスチャイルドがロックフェラーを影から操っているんだ、という説もある。

だから、陰謀論の研究家の中には、ロスチャイルドやロックフェラーに焦点を絞って、細かい情報を丹念に調べる人もいる。

また別の人は「ユダヤが影から世界を支配している」という人もいる。

本当はどうなんでしょうか?

実は、私の見方はまったく違います。私は上のような意味で世界支配層という言葉を使っているわけではありません。

ロスチャイルドやロックフェラーの当主が世界の王というわけではありません。

「世界支配層」は想像以上に巨大な集団です。ズバリ、

二つの系統

4つないし5つのグループ

数百の一族

その下に位置する数万・数十万

だいたい、こういったところです。

ちゃんと組織として成り立っています。これが影の政府です。

本当は、ロスチャイルドもロックフェラーも一本の木にすぎない。俗に「木を見て森を見ず」といいますが、全体像を俯瞰することが重要です。

細部からは全体像は見えてこない。全体像は凄まじく巨大です。

私は当サイトでユダヤ・プロテスタント連合政府とも呼んでいますが、大きく分けてこの二種類の系統がある。

そして、ユダヤ系統、プロテスタント系統、共、非常に複雑な歴史があります。

両者がどう始まって、どう動いて、どう結びついて、そして今どうあるのか。

この実態を知っている人は、おそらく世界的にみてもわずかしかいない。

端的にいえば、ユダヤ系統は2500年前、プロテスタント系統は1500年前までさかのぼることができます。そこから見る人だけが真相にたどり着ける。

横の広がりだけでなく、縦の長さと複雑さも想像を絶するものがあるんですね。

その通り。

山田氏はこの記事で、House of Welf
つまりヴェルフ家の紋章を載せてますね。

ヴェルフ家=黒い貴族です。

歴史を調べると、ヴェルフ家から色々派生していることが分かります。

ヴェルフ家、ドイツのヘッセン家、そしてユダヤゲットーにいたロスチャイルド等々。
大きな枠が分かってくる。

ワタスはスイスの親玉。
サヴォイ家について話しましょう。

くほほほ。

き、金玉がぁぁ。

聞いてると、ひじょーにガクブルできるかと思います。
気の弱い人は失禁してしまうかもしれません。

みんなでガクブルした後は、金玉ナイトへ。

ヒャッハーー!

今日はショッカーの皆様シリーズ。
トークライブ版と思ってください。

今日は楽しみましょう。

本当にありがとうございますた。


※直近イベント:
占星術ホロスコープを学ぼう in原村 10/19(金)

ショップ情報
新発売!黄金の日焼け止めを知らないか?2,520円

新刊連動ブログ:
久しぶりの有望ICO MIDEX

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!現在、投資・金融部門アマゾンランキング30位 売れてます!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう