感動! 子の心親知らず

スポンサードリンク

さて、12月になりだんだん長野は冷え込むようになってきますた。
今朝、おトイレで便座ヒーターのスイッチが入ってなくて
座ったとたんに

ヒャッハーー!

思わず叫び声をあげてしまいますた。

長野で極寒の冬にヒーターのないトイレに座る。
それは氷の上に座るのと同じなのです。

ガクガクガクガク
注意一秒、冷凍ショック1日。

さきほどまでショックで肛門を激しく収縮させていますた。

今日はサヴォイア家のお話を書こうと思ったのですが
別の話題にします。

さて、皆様は以下の実験はご存知でしょうか。
地下鉄のバイオリン弾きという有名なお話です。

これはワシントンポスト紙が行った社会実験でした。

2007年1月12日、朝のワシントンDCの地下鉄構内。

世界的に有名なバイオリニストのジョシュア・ベルさんが
ストラディバリウス(約3億円)で名曲を弾き始めました。

でも、立ち止まって耳を傾けたのはたったの7人。
コインを投じたのもたったの20名。
集めた額は32ドルぽっちでした。
本人だとは誰も気づかなかったのです。

その2日前、ジョシュア・ベルさんのボストンコンサートでは
1席100ドル以上のチケットが売り切れホールが満員でした。

このことからわかるのは、人は音楽そのものを聴いてるのじゃないということです。

昨日、以下の動画を見て感動してしまいますた。

子供は正直です。
何が楽しいかを一番知ってる。

大人になるとやれ有名だとか、お金持ちだとか。
なんでも条件で選んでしまう。
でも、それは単なる情報。

子供はそんなものには頓着しない。

誰と一緒にいると心地よいのか。
誰となら安心できるのか。
自分の心の声を聴いて素直に行動してる。

ワタスは思うのでした。
この世界、どこに真実があるのか。

大人になって成長して、幻を追いかけるようになってしまった。
でも、すっかりと忘れてしまっていた何か。

最も尊いもの。
それは外の世界にはない。
心の中にある。

それを思い出させてくれるような動画でした。
ちょっと感動したので張っときました。

本当にありがとうございますた。

 

ヒャッハーー!
これは都内の書店の風景。新刊、売れてるようです。

Amazonではランキングただいま43位

 

※直近イベント:
玉蔵&山田貢司 トークライブin神戸 7/20(金)18:00~


新刊連動ブログ:
久しぶりの有望ICO MIDEX

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!現在、投資・金融部門アマゾンランキング30位 売れてます!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう