銀が高騰中 米ドル崩壊が始まった?それともトランプ陣営の反撃?

スポンサードリンク

さて、世界中で辞任、退陣が相次ぎ。
あのプーチン氏は第三次世界大戦の兆候に言及している。

今、何か世界中で大きな動きが起きている。

で、気になるのが金融市場の動きですた。

戦争などの大きなインパクトのある出来事の前には必ず先物市場や株等々。
金融市場で大きな動きが出て来る。

知っての通り、仮想通貨はかなり上がってるのですが、
銀の先物も高騰し始めますたね。

直近、前回の高値を超えてきますた。

で、誰が大量に買ってるの?
とみると個人投資家が買ってるようですた。

つぁぁあ。
バイデン政権爆誕。

こりゃアメリカ終わったわ。

そう危機を感じた米国民が資産を現物に替え始めたからなのでしょうか。

米ドル崩壊するので仮想通貨や銀に替えとこう。
そう思って個人投資家が大量に買ってるのか。

以下は真偽不明ですが、ネットにはこんな内容が載ってますた。

前に書きますたが。
トランプ氏は2018年の段階で2018年9月12日に大統領令13848号に署名してた。

それは、米国選挙に外国の干渉が発生した場合に制裁を課すという法律だった。
これはまだ生きてる。

で、その法律では
不正のあった選挙から45日後に調査が開始されるとある。
つまり12月18日から調査が開始された。(選挙び11月3日から45日後)

その報告書の作成と提出にまた45日間の期間が必要とある。
つまり1月20日まで報告書が作られていた。(12月18日から45日後)

そして、2日遅れて1月22日に提出された。

で、報告書が提出されたのち、
2月1日から不正選挙をやった連中の資産が凍結される。

って、昨日からじゃないですか。

で、不正を働いてた連中は慌てふためいて、資産を銀に替えて逃亡。
そのため銀が高騰しているという話のようですた。

IS PRESIDENT TRUMP, COMMANDER IN CHIEF DOING WHAT NEEDS TO BE DONE?


ヘッジファンドのマネジャーたちは必死に空売りを試みた。

彼らは押収される前に資産を保存しようとしていたようだ。

トランプ大統領の大統領令第13848号に従って、現在凍結されようとしているのと同じ資産。

トランプ大統領は、外国からの干渉に関する大統領令第13848号に2018年9月に署名したが、この大統領令は、制裁の発動に伴うプロセスと期間の詳細を説明している。

まぁ、どっちなんでしょうね。

銀は去年から上がってますた。
それは中国が買ってたから。
先物市場は主にJPモルガンが仕切ってる。
JPモルガンと中国が連携して銀を買ってた。

でも、直近、また急激に上がったのは何故なのか。

銀じゃなく金(ゴールド)の方をみると2019年からずっと上がってましたが
最近はちょっと下がってます。

これで金も再度昇竜拳ならいよいよ何かあるでしょう。
有事の金と言います。

とにかく何か大きな動きが起きてるのは確かでしょう。

本当にありがとうございますた。


直近イベント:
・占星術で未来を読む 2021年ホロスコープ国際情勢分析 2月23日(火)
・波動学2月25日(木)
メルマガ始めました:
2020/2/22 トランプvsバイデンの裏背景 ナチスとイスラエル そして2つのユダヤの関係

目指せYoutber:
祝!玉ちゃんねるスタート

ショップ情報:
国産精麻 1300円

↓1日1回応援クリック

スポンサードリンク

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう