柳田ファームさんに行ってますた

スポンサードリンク

さて、ちょっと埼玉に行ったり都内に行ったり、横浜に行ったり
忙しくて更新できませんですた。

何たる忙しさでしょうか。

金持ち暇なし。

くほほほほ。
とかなんとか。

実は、先週土曜、埼玉県日高市の柳田ファームさんというところに行ってきますた。
所沢よりちょっと先。川越よりちょっと先のところです。
c48jd2014_00002185.jpg

実は、以前やったチャリで埼玉!という完全おバカイベント。
新宿から出発して柳田ファームさんに行ったのでした。

以下は、柳田ファームさんのサイトです。

http://yanagida-farm.com/top.html
c48jd2014_00002186.jpg

ぶぅぶぅ。

そう柳田ファームさんは可愛い豚さんが一杯の養豚場なのですた。
以前、以下のようなドゥーパという雑誌にも取材されたようです。

middle_1341902657.jpg middle_1341902660.jpg 

さて、柳田ファームさん。
なんで雑誌に特集されたりするのでしょうか。

それは、ただの養豚場ではないからですた。

はら?

こ、これが養豚場?
20140419_101749.jpg

20140419_101834.jpg

動画もとってきました。

綺麗な小川も流れています。
ぜひ見て下さい。

そう。
柳田ファームさんの養豚場はお花畑だった。

養豚場というのは通常めちゃくちゃ臭いですよね。

ぐぇぇ
鼻がひんまがる。
通常、養豚場に行けば強烈な豚の糞尿の匂いで鼻がひんまがる。
それが普通です。

しかし、柳田ファームは全く匂わない。
鼻がひん曲がるどころか、美しく優しい花が咲きほこっている。

ぇえ?

普通の養豚場じゃない。
何たる不思議。

そう。その秘密は。微生物です。

柳田ファームさんでは微生物の複合発酵技術を利用しているのです。

以下、柳田ファームさんの複合発酵プラントの説明図です。

f11532e2.jpg

まぁ、難しいので良く分からないと思うので、
超簡単に言うと

豚のウンコやおしっこをタンクにためて発酵させる

そのうわずみを取り出してまた発酵させる

そのうわずみを取り出してまた発酵

3回まで発酵(3次発酵)までするとあら不思議。
そのうわずみは綺麗な水になる。
別に人間が飲んでも問題ない。

最終的にできあがったものを柳田ファームさんではエナジー水と言っているようです。

img1015k3412_1.jpg

このようなプラントで

P9030001.jpg

P9040001.jpg

糞尿をぐつぐつ煮込む。じゃなかった。発酵させてます。
P9030004.jpg

発酵させていくにしたがい、だいぶ匂いもしなくなる。
P9030007.jpg

もうほとんど匂わなくなる。
P9030008.jpg

色もなんだか綺麗に。。
P9210015.jpg

ぇ?黄金色になってる。
P9040006.jpg

柳田ファームさんではエナジー水が小川になって流れているのでした。
完全な発酵液です。
それを畑にまいたり、豚の飲み水に使っているのでした。

辺りはまったく糞尿の匂いがしない。
エナジー水を飲んだ豚の糞尿は匂いがなく、
そして畑の作物はみるみる育って美味しい野菜になるのです。

す、すごい。。

以下、複合発酵技術の詳細説明です。

普通は、空気が嫌いな菌。嫌気性細菌と空気が好きな菌。好気性細菌は共存出来ません。

ill_01_yanagidafarm.gif

当たり前ですよね。
空気に触れると死んじゃう菌と空気に触れると増える菌が共存できたらおかしいのです。
しかし、複合発酵技術はそれが可能なのです。

ill_02fukugohakkou.gif

それで、通常の微生物存在密度より何万倍もの密度で微生物培養することができるのです。
これにより糞尿はおろか、生活排水、工業排水、そして放射性物質さえ分解可能になっているのです。

notes_02_yanagidafarm.gif

この技術を用いると微生物の存在密度が高い分、通常よりも驚くほど分解効果が高くなるのでした。

http://blog.new-agriculture.com/blog/2012/06/1341.htmlより

うーん。
すごすぎる。。

さて、ワタスが柳田ファームさんで感じたこと。
実はこの発酵プラントや発酵技術そのものではなく、辺りに漂う雰囲気でした。

何か柳田ファームさんに行くと他と全然雰囲気が違う。
波動が違うというか。

咲き誇る花畑もそうですが。
何か静かで包み込むような空気が辺りに漂っているのに深く深く感銘を受けました。

日本は古来から自然と共生する文明を発達させてきました。
日本食には日本酒、味噌、納豆、漬物等々微生物を使った発酵食品が多かった。

昔は、今のようなお互いを罵り合う世界でない、静かな世界だったはずです。
声高に正義を主張するでもない。
静かに微笑み合う、調和の世界に住んでいた。
人々の心の中には争いの心などなかったはずです。

争いを癒す調和の技術。
その技術が復活し始めている。

複合発酵技術を駆使した柳田ファームさん。
ワタスはまさにリアルナウシカの世界があると思いました。

その者、失われし大地との絆を結び、ついに人々を清浄の地に導かん。

農場主の柳田繁吉さん。
写真は顔出し不可ということで載せませんが。
ワタスのイメージではユパさんでした。

何故だ。。豚の糞尿があるというのに。。花が咲いている。。
a21sd14ifouozfcm,ewrj2013_000431
発酵させると、豚のウンコやおしっこは匂いを出さないとわかったの。

なんだって?!
yapa_0.jpg

ちなみにユパさんは、帽子を取るとモヒカンなんですね。
201309181306361bd.jpg

東京は既に腐海になっています。
人々は毒の空気の中で、お互いに罵りあって生きている。
そんな中、腐海一の剣士は腐海のはずれ埼玉にいた。
埼玉にリアルユパさんは存在した。

ゴールデンウィーク中はご家族連れで、柳田ファームさんに見学に行ったらどうでしょうか。
ワタスは隠れた観光名所だと思っています。

黄金村の連中も懇意にして頂いています。

今後、この金玉ブログは柳田ファームを応援します。
特別会員にさせて頂きました。
金玉ブログ見て来ますたと言えば、ユパさんが案内してくれますよ。

本当にありがとうございますた。

関連記事:放射能が消えた?木村農法 リアルナウシカの世界 その1

同じく複合発酵技術を利用しているEMBC。
内部被爆が心配な方に。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう