2016年10月ローマカトリックの聖年に金融市場が崩壊

スポンサードリンク

さて、これは気になったので張っときましょう。

まぁ、皆さん飽きて来たと思いますが。
このブログでは今まで何度も経済崩壊が来る!者どもモヒカンだ!と叫んでは
外してきてるのでその程度のお話です。

なんでも以下は、2016年10月からはローマカトリックの聖年(新年)が始まる。
金融崩壊は6月~10月に起こるだろうと言ってます。

6月はゼロの月と言ってます。
これはあのマヤ暦とも関係ありそうな。。

あのバシャールさんも2016年の秋に全てが変わると言ってるので気になります。

http://beforeitsnews.com/economy/2016/06/bo-polny-video-june-2016-zero-hour-5-financial-explosions-coming-2829648.html

2016年に時間がゼロにリセットされ、5つの崩壊が起きます。


(ビデオ概要)

聖書の予言が記されてから2000年後にキリストが誕生しました。
キリストの生誕に合わせて世界は時間をゼロにリセットしました。つまり ゼロ アノドミニ(Anno Domini=キリスト紀元)です。
それはなぜでしょうか。
ゼロ アノドミニを重要視しない人たちもいますが、なぜ我々は長期的周期をゼロ アノドミニから数えるのでしょうか。
昨年、「2016年は世界経済が崩壊する年&聖書の時間周期について」と題するビデオを制作し公開しました。
聖書の時間周期は常に7が基準であり、X7 或いは ÷7 の周期なのです。

こちらが聖書の時間周期です。
1サイクル(周期)は1サークル(円)です。
円は360度であり、予言書に記された1年は360日です。
1週間(7日) X 1/2サイクル或いは1/2サークル(180日)=1260日(3.5年)となり、
7か月 X 7か月 X 7か月=21か月(1260日の1/2)です。
2 X 1260日(ダニエルのタイムライン)=2520日=7年です。
つまり、7年 X 7サイクル=2520週=49年となります。
そして49年 + 1年(ローマカトリックの聖年)=50年です。
2520年からゼロ アノドミニの2000年を引くと252年です。
252年こそが株式市場の崩壊を予言する時間周期なのです。
株式市場は、通貨法が制定された1764年から21年ごと或いは42年ごと(21X2)に崩壊すると予言されています。
なぜ1764年からとなるのでしょうか。ゼロ アノドミニから数えて、252年 X 7=1764となります。

1764年に制定された通貨法とは:
イ ングランドのジョージ三世によって制定された法律であり、アメリカ合衆国(イングランドの領土)の人々に対しすべてのビジネスに、イングランド銀行から利 子付きで借り入れた銀行券(紙幣)を使うことを命令しました。その結果、アメリカ合衆国は貧困、飢餓、失業に苦しむようになり、民衆の怒りを増幅させ、ア メリカ革命(独立戦争)を起こす原因となりました。

ゼロ アノドミニから数えて252年を6で掛けた年は。。。1512年です。
1512年に何が起きたのでしょうか。
1512年は英国会の特権法が制定された年です(イギリスの議員がいかなる法律を制定しても法的に守られる)。

ではゼロ アノドミノから数えて252年を8で掛けた年は。。。2016年です。
つまり、この年から貧困、飢餓、失業に苦し診、民衆の怒りを増幅させ、戦争が起きるのでしょうか。

2016年6月はゼロ時間であり、この月から変化が始まります。
では2016年に何が起ころうとしているのでしょうか。

2016年6月から10月の間に、以下の5つの爆発(激変)が起きます。
1、銀と金の価格が高騰し、世界中で銀と金を買い求める人が殺到します。
2、人類史上最大の世界的経済バブルが崩壊します。
3、QE4で紙幣の乱発が起き、ハイパーインフレとなります。
4、その結果、不動産市場が崩壊します。
5、債券市場が崩壊し、急いで売却しようと処分特売が行われます。

我々は、2015年9月の安息日にリーマンショックから7年後に起きることになっていた金融市場の崩壊が起きないことを予測しました。その代わり、ローマカトリックの聖年(2016年)に金融市場が崩壊すると警告しました。

我々は2015年12月に誰よりもいち早く、聖年が終わる2016年10月に金融市場が崩壊することをビデオで警告しました。10月はローマカトリックの新年に当たります。

・2015年9月28日から聖年(ユダヤ歴1月)が始まります。
・2016年10月1日、中国元がIMFのSDRバスケットに追加されることになっています。
・2016年10月2日、安息日、オールドワールドが終わる。
・10月3日、聖年が終わり、新年になる。

金の価格はアップダウンを繰り返すように操作されています。2011年から2015年までは金の価格は下降しました。そして今年は金の価格が2000ドル以上、銀は60ドル以上に急騰する年に当たります。

以下省略 
※訳は日本と宇宙と世界の動向さんより拝借
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51987478.html


銀と金の価格が急騰すると言ってますが。
昨日は、金価格がかなり上にすっ飛んで来ましたね。
79年来の上昇率とか。

NY金:反発、ECBの「刺激薬」投与で-年初来上昇率は79年来最大
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-06-08/O8GWJT6KLVRT01

ワタスは前から金を買えと言って来ましたが、金を買ってた人おめでとうございます。

それと、昨日の日本経済新聞の1面トップはこんなヘンテコなニュースでしたね。

http://mainichi.jp/articles/20160609/k00/00m/020/095000c
三菱UFJ銀 国債保有のリスク回避 資格返上へ

なんじゃこりゃ?
要するに三菱UFJ銀行はもう日本国債なんて買わないよ~と言ってるんですが。
そうなると日本国債はどうなるんでしょうか?
国債暴落=ハイパーインフレ?

なんか確かに変な動きが出て来てますね。

10月までひょっとしてひょっとするかもしれません。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

shinminato_main_photo01

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう