無明に光を灯そう 斉藤一人さん

スポンサードリンク

さて、斉藤一人さんの話をまた載せときます。
斉藤一人さんの話を載せるのは別に読者のためではなく。

自分が大事なことを忘れないためです。
こういうブログを書いてるとやもすると世の中を批判し、人を批判し。
不平不満を言って、振動数が低くなってしまうからです。

そう言う時、

はっ!
いかん。
振動数アーップ!

そういって時々ワタスは斉藤一人さんの動画を見たりしています。
昨日見た動画も感銘を受けたので載せときます。

ワタスはずっと前から地震が来るだとか経済崩壊が来るだとか。
そういう妄想を抱いては
ガクガクガクガク

きゃ、きゃん玉がぁぁぁ。
股間を押さえてうずくまったりしています。

斉藤一人さんによるとそれは地獄領域だそうです。
この世は天国領域と地獄領域がある。
恐怖とか不安は地獄領域なんだそうです。

そうだったのか。
ワタスはいつも地獄領域にいたのか。

いかん。
ワタスは天国に行きたい。

以下、載せときます。

輪廻転生について

人は何回も輪廻転生をして来ている。
キリスト教はある時否定するようになったが、以前は輪廻転生を教えてた。
仏教などは輪廻転生を解いてる。

踏んで踏まれて。
例えば人の足を踏んでも踏んだ方は痛くない。
踏まれた方は痛い。
いじめてる方は楽しい。いじめられた方は死ぬほどつらい。

そうやって人は輪廻転生をしつつ、人にやったり人にやられたりを繰り返して
魂は成長していく。
そのために輪廻転生するんだよ。

それに良い悪いはない。
カルマとは人に嫌なことをやって返ってくること。
ダルマとは人に良いことをやって返ってくること。

人の魂は繋がってるから人にやったことは必ず返ってくる。

時々、障害を持った子が生まれたりするが
それは魂の最終段階に来てる人。
その人はもうすぐ輪廻を卒業する人で、今世で一番辛いカルマを返すためにきてる。

良く子供に苦労させたくないという人がいるが、
でも、子供は自分の持った課題を解消したいと思ってきてるから邪魔しちゃだめなんだよ。


悪魔の領域と神様の領域

皆さんの考え方が否定的になってるのは習慣になってるから。
そして、そういうあなたの考えはあなた自身のものと思ってるけど
それは親の考えが代々来てる。あなたの考えはちょっとしかない。

心の癖をつけるまでは心を愛と光の方に置いとかなきゃならない。
心を明るい方に置いとこう。

良くワクワクすると成功すると言う人がいるが、それはすごい危険な考え方だよ。

人は心配してる時、不安な時。
このままやっていけるんだろうかとか。
そういう時に投資の話が来たらワクワクするんだよ。
失敗者だってワクワクしてるんだよ。失敗者は良く考えなきゃダメだよ。

悪魔の領域でワクワクしたものはダメなんだよ。
考えなきゃダメなんだよ。

人は悪魔の領域と神の領域の両方を行ったり来たりしてる。

恐怖と不安は悪魔の領域。
明るさと優しさは神様の領域。
成功者は必ず心を愛と光の神の領域に置いてる。

忍耐強くそちらに心を留める癖をつける。
愛と光に忍耐強くおいておくと閃きが来る。

そして神の領域で閃いたものは逆に考えてはダメだよ。
そういう時は周りの否定的な考えを聞いちゃだめ。

あなたがずっと光の方に身を置くことをやってると
しばらくすると気づくことがある。

周りが闇なのが分かってくる。
周りが地獄言葉ばかり吐いてるのが分かってくる。

それを無明の世界という。

良く子供や家族が心配で心配でという人がいるが。
そう言う人は天国にいけない。

なぜなら悪魔の領域にいるから。

いつも私は愛と光と忍耐ですと唱えること。
人は色んな問題が起きた時、愛と光と忍耐で乗り越える。
起きた問題を愛と光で答えを出す。

無明の中であなた自身が灯ともす。
それを辛坊強くやり続けることだ。
そうしたら灯が大きくなる。

人生が変わりだす。
これを淡々とやり続けることだ。

うーん。素晴らしい。

将来の不安に飲まれて心配ばかりしている。
そしてこの世界はダメダメだ。世も末だ。
そう書いては、政治家、芸能人、有名人の欠点ばかりをあげて批判する。
人を攻撃している。

でもそれは、同じ穴のむじなになって闇に飲まれているということです。
自分が同化してどうする。

世の中が腐ってるのはもう分かってる。でもそれをそのまま言ってどうする。

真逆をやろう。

ワタスは真逆の道を行きたい。

笑顔、信頼、優しさ。

何が来ても愛と光と忍耐を選択したい。

無明に光を灯して闇を進もう。

一人さんの動画を見て本当にそう思いました。

これは松明を灯して深いダンジョンに入っていく人。
Rise_of_the_Tomb_Raider_463491.jpg  

本当にありがとうございますた。

これはコブクロさん絢香さんのWINDING ROAD

曲がりくねった道の先に 待っている幾つもの小さな光
まだ遠くて見えなくても 一歩ずつ ただそれだけを信じていこう

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう