通貨会議お疲れ様でした! 人類起源のお話

スポンサードリンク

さて、昨日、長野に帰ってきますた。

24日 金曜日の第一回通貨会議!職業も年齢も様々な35名程のご参加ですた。
最後の晩餐のま反対。楽しい最初の晩餐になりますたね。

今後とも楽しみながらやってきましょう。
今後ともよろしくお願いします。

さて、通貨とは全然関係ないですが、これは我々、人類起源のお話。

ダーウィンの進化論はもちろん作り話です。
我々が猿から進化したなどと何の根拠もありません。
では、我々は一体どっから来たのでしょうか?

これは人間の遺伝子の97%が地球外生物のものというニュースです。

カラパイア 人類はエイリアンによってつくられた?
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52126103.html
81b03565.jpg

13年に渡るヒトゲノムプロジェクト(2003年に完了)の研究者グループが、驚くべき科学的発見をした。人間のDNAの97%を占めるいわば非コード配列は、地球外生物の遺伝子コードだというのだ。

 ジャンクDNAとして知られる非コード配列は、数年前に見つかったが、その機能は謎に包まれている。人間のDNAの圧倒的大多数がもともと地球外のものだからだろうか。コンピューターのプログラマー、数学者、識者など、他分野の専門家たちとの総合的な分析の結果、研究に携わったチャン教授は、人間のジャンクDNAは地球外生物のプログラマーのようなものがつくりだしたものなのではないかと考えた。

チャン教授の仮説は、高度な知能をもつ地球外生物が新しい命をつくりだし、さまざまな惑星に送り込んだのではないかというものだ。地球はそんな惑星のひとつにすぎないというのだ。

 私たちのDNAは、大きなコードと基本コードというふたつから成るプログラムでできているが、プログラムは地球で完成されたものではないという事実がここで証明されたとチャン教授は言う。遺伝子そのものだけでは、進化の説明がつかないからだ。遺伝子プログラムの中に、何かもっと別のものがあるはずだとチャン教授は考えている。

 地球上のあらゆる生物は、地球外生物と親戚関係にある遺伝子コードをもっていて、我々がこれまで考えてきたような進化を遂げてきたのではないという、信じられないような概念をいずれ受け入れなくてはならなくなるだろうという。

うーん。このようなニュースが出て来たか。。
そろそろ真実が明かされる日も近い。

ワタスのカフェには自称宇宙人さんがたくさん来ます。
実はプレアデス星出身です。とかシリウス星出身ですとか。
レプティリアン。龍族出身という人もいますた。

ぇえ?

まぁ、そういう人は外見上はまったく地球人なのですが、
真顔でそのようなことを言ってくるのです。

ワタスはそういう方にお会いすると、
目があさっての方向に向いてないか横目で確認しつつ。

へーー。奇遇ですね。
ワタスはM78星雲出身なんですよ。
同じ宇宙人仲間ですね。

さぁ、黄金コーヒーでもどうぞ。
などと応対しているのです。

さて、そういう自称宇宙人さんの中で、
とても印象深い話をされていた方を覚えています。

その方が言うには、
地球ほどバリエーションに富んだ星はない。
私の元いた星は、それほど種類がいなかった。

地球人と言うのは、多くの宇宙人のハイブリッドなんだ。
元の星は、同じ人ばかりで全くつまらなかった。
悪い人がいないので平和は平和で良いのだが、刺激がない。
つまらないと言っていました。

地球は、魚だって鳥だって。
これほど種類が多い星はないと言ってました。

img_946541_17342860_0.jpg e0162117_9162939.jpg

地球人は白人もいれば黒人も、そして黄色人種の我々もいる。
地球には波動の高い人もいれば低い人もいる。
良い人もいれば悪い人もいる。
だから経験を積むには、すごく良い環境なんだ。
だから頼みこんで地球に生まれて来たんだ。
と言っていました。
その方は、今生で、この経験を持ちかえって元の星を発展させたいのだそうです。

良く考えれば、こんなに種類がいて、美しい自然がある星。
宇宙でも稀有の存在なのかもしれません。

それなのになぜか我々は毎日、満員電車にゆられて、つらいつらいと言いながら暮らしている。
怖い怖いと将来に怯えつつ羊のように飼われて暮らしています。
本当にもったいない話です。
本来であればこのバラエティ豊かな世界の中で、何かにチャレンジしてみる。
毎日刺激に満ちて楽しんで生きているはずではないでしょうか。

ワタスは前からこういうイメージを持っています。

ある日、世界中の人達が目覚める。
ひとりひとりが弱いミジンコのような存在の人々。
でも、何が本当に大事なことなのか気づき始める。
そして力を合わせ始める。

ひとたび我々が目覚めれば楽しい世界はすぐに作れる。
楽しくてしょうがない世界はすぐに実現できる。

想像しよう。楽しい世界を創造しよう。
人生は楽しまなきゃ損だ。

ワタスは前からそう思っています。

これは幻魔大戦というアニメーションの動画。
30年前に作られたにしては素晴らしいできですよね。
滅亡寸前の世界を、目覚めた人々が救うというアニメです。

We’re children of the light
私達は光の天使

The future we will guide
未来を築くのは 私達

The light will lead us on
輝く光のもとに

Love is on our side
愛が私達をささえてくれる

And bright are days ahead
そして輝かしい日々は もう目の前に

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう