アメリカ国内での激しい暗闘 リシン入り郵便物

スポンサードリンク

さて、一昨日、これからアメリカで大手マスメディアの破壊が始まるという動画を紹介しましたが。

それは2016年の秋。
アメリカ軍内部の愛国者たちが、トランプを大統領にすることによってディープステートから合法的に権力を取り戻した時から始まった。
世界は現在、歴史に残る大反逆罪の大捕物の真っ只中だと言ってました。

本当にそんなこと起きてるの?
と見ると確かにヘンテコなニュースがいくつか目につきます。

これは一昨日のニュース。

リシン入りの郵便物?
非常に物騒なニュースです。

幸い何も起きませんでしたが、軍幹部を狙った暗殺未遂事件ですた。

これは追い詰められたディープステート側が反撃に出て来たんでしょうか。

以下もそうですね。

トランプ大統領が、新しく米連邦最高判事にブレッド・カバノー氏を指名した。
そしたらそのカバノー氏は30年前のセクハラで告発された。

10代のころ学生時代のパーティの際。
カバノー氏は酔っぱらって女子学生にセクハラしたとかなんとか。

なにも30年前の話をほじくり返さなくて良いと思いますが。
FBIが調査を開始だとかバカバカしい話です。

これから大捕り物が始まるとあの動画では言ってますた。
ディープステートの大物を逮捕するとなると最終的には
最高裁まで行ったりする。

だからディープステート側としては、トランプ側の最高裁判事は引きずりおろしたいということなんでしょうか。

まぁ、こういうニュースで確かに何か水面下で激しい暗闘が起きてるなぁと
あの動画は真実を言ってるように思うのですた。

本当にありがとうございますた。


※直近イベント:
占星術ホロスコープを学ぼう in原村 10/19(金)

ショップ情報
新発売!黄金の日焼け止めを知らないか?2,520円

新刊連動ブログ:
久しぶりの有望ICO MIDEX

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!現在、投資・金融部門アマゾンランキング30位 売れてます!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう