不幸になる電車=人の批判

スポンサードリンク

さて、ゴールデンウィーク中に思ったことなんですが、
イベント中に出会った人々は楽しい人ばかりですた。

それで、なんというか、やっぱり電車が別れて来たなぁと。
最近は本当にそう思います。

これはワタスの知り合いの話なんですが。

久しぶりにカフェ時代の友人に会いました。
ワタスはその昔カフェ&シェアハウスをやってたんですが、
その時、住んでた人の話を聞きました。

その人は飲食店を始めたらしく
借金して開店してみたもののうまくいかなかったようでした。

それで、その人は会うたびに変になっていく。
友人はそう言ってました。

当時覚えてたのはその人はとにかく陰謀論が詳しい人でした。

どこで調べたの?
というぐらいワタスでさえ驚く知識量だったのを覚えてます。

それでまぁ、面倒くさい人で長野くんだりまで勝手に押しかけてきては、
ここはダメだとかこんなことをしてはいけないとか。
あれこれ批判してきて、そんなに自分の思う通りやりたきゃ自分でやればいいのに。

その人は、まぁ、なんというか。
人の批判をさせると天下一。

とにかくあそこもダメここもダメ。
あんた。そんな完璧な神様みたいな人がいる訳ないでしょう。
自分でカフェやりたきゃ自分でやりなさいよ。
と思ってたのを覚えてます。

で、その人は、いつも自分の上に立つ人を批判してトラブルになっちゃうんですね。

新しい職場にいくたびに人を批判してトラブルになって辞める。
それでまた新しい職場でトラブルになって。
というのを繰り返してるようでした。

今では勢いで開業した飲食店も潰してしまい、
最初は応援してた人も徐々に離れて行き。
借金まみれでお酒に溺れて暮らしてるようでした。

昔のよしみで応援してたのに
まぁ、久しぶりに聞いた内容は、悲惨なものでした。
あまり聞きたくない話を聞いた。

まぁ、そういう人は自分で不幸を探してるようなものです。

いろんな現実の中で、不調和の部分に注目する。
引き寄せの法則。

これはずーっと昔に載せた動画ですが、端的に言ってますよね。

Sponsored Link

ある男性は、職場でいじめられて悔しい。
そういう現実ばかりに注目するのをやめて
好きな音楽を聴いて、気分が良いことばかりに注目するようにした。

そしたら、嫌な現実がなくなってしまった。

まさに量子力学ですよね。
現実は見ないと存在しない。観測者が現実を作り出す。

そこに着目すると、その方向にエネルギーが流れて現実が作られる。

この世の物質というのは、観測してない時は波なのに観測すると物体になるのです。

だから楽しいこと。気分が良いこと。素晴らしいことに注目すればそっちの現実が増える。

逆に不幸になる人の典型は、人の批判ばかりしてる。
不調和な方ばかりに目を向ける。

斎藤一人さん的に言うと地獄言葉ばかり吐いてる人です。
そうするとその人の体験する現実は、もっと不調和で嫌な現実になってくのです。

人の批判、気に入らない現実へわざわざ目を向ける。
好んでそっちの世界に行く。

そんなのはやめた方がいいよ。
昔、その人をみかねてそう忠告したこともあったのですが。
でも、もうその人がそっちが好きなのだからしょうがない。

楽しい電車に乗る人。不幸な電車に乗る人。

もう最近は、本当にそれぞれに分かれてきたなぁと思うのですた。

もちろんワタスは楽しい電車に乗りたい。
だから楽しい方に目を向ける。

世の中にはこんな綺麗で美しい現実があるのに。
何をわざわざ嫌な方に目を向ける必要があるのだろう。

最近はそう思ってます。

本当にありがとうございますた。

これはスロベニアのブレッド湖です。まるでボートが浮いてるみたいですね。


※直近イベント:
玉蔵トークライブin 福岡 6/24(日) 18:00~21:00


新刊連動ブログ:
久しぶりの有望ICO MIDEX

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

人気ブログランキング ↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!現在、投資・金融部門アマゾンランキング30位 売れてます!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう