今回の地震を当てた人 松原照子さん LoveMeDo氏

スポンサードリンク

ヒャッハー!

さて、予言などバカバカしいとは言いつつも。
時々当たったりするのでそこまでスルーもできない。

なんと今回の北海道地震。
あの世見で知られる松原照子氏が当ててたようですた。

松原照子さんとはこんなおばちゃんです。

以下は、松原照子氏のブログ幸福への近道から。
2016年5月時点のブログの書き込みでした。

北海道の地図を見ています
<世見>2016.5.7

日本地図を開くと気になる場所の多いこと。

私が書くことの中に何度となく出て来る地域がありましたら、もしかすると不思議な世界の方々の思いが入っているのかもしれません。

いつも申し上げているのですが、書き終えると殆ど覚えてはいません。

だからよけいに思うのですが、何度となく書くことには意味があるのでしょう。

読み手のあなた様が判断なさってくださるといいのかもしれません。

書き方も、あっちに行ったりこちらに来たりとわからないかもしれませんが、書いていると急に書きたくなったりするのでお許しください。

今日も手元の地図はいつもと同じです。

何となく指を突っ込み開けると北海道でした。

勇払平野が他の字より大きく見えます。

「ムカワ」 

アレ~漢字よりムカワが大きく見えました。

近くには苫小牧があります。

富良野までのこの辺りの沖で大きく揺れると影響を受けますが、夕張岳って火山なの?それとも普通の山なの?

大雪山は今日も美しいことでしょう。

でも、どこなのかなぁ~。湖が見えたかと思うと小噴火しています。

北海道の地図を開けて見ているのですから、北海道のどこかでしょう。

「石狩は巨もゆっくりと動く日を待っています」

当別(とうべつ)ってどこですか? 

今こんな地名のような言葉が聞こえました。

十勝 根室沖は揺れやすいと思いました。

「空地支庁」と赤字で書いてある辺りは揺れとは違う何かが気にかかりましたが、今ひとつ文章にはなりませんでした。

うーん。
震源近くのむかわ町に言及しているのは凄い。

この人の場合は、どうも地名が浮かんで来るようです。

3.11の前にもこんな書き込みをしていましたね。

http://shohweb.com/archives/936.html
2011.02.16

やはり太平洋側は動く気配がムンムンしています。 『陸前高田』と云う地名が声にならない会話を 自分にしています。 どこにあるのだろうと 探してみると 見付かった。 指で感じ取ろうとしたが 期待ほど感じなかったが 釜石辺りが赤く見えた。 東和と書かれている場所辺りが気になった。 今度揺れると広範囲に思える。

陸全高田や、釜石と言ってますね。
後出しジャンケンだとかネットでは批判されてましたが。
北海道の記事は確かに以前から書かれていた。
やはり、その能力は本物じゃないでしょうか。

で、その松原照子さんが伊豆周辺の巨大地震を予言してるのですね。

あのAI予測といい、ひじょーにガクブルです。

他に、あのオカルト記事のTOCANAさんから。

これを読むとLove Me Do氏(ラブちゃん)という占い師がかなり当ててますね。
これは驚きですた。
2018年9月1日の記事です。

【緊急警告】「9月11・26日前後に巨大地震発生、ウイルス事件、衝撃芸能ニュースも…」当たりすぎて震えるLove Me Doの最新予言!

数々の芸能人・スポーツ選手から「当たる!」と評判の占い師Love Me Do氏(通称・ラブちゃん)。
メディア露出の多い人気占い芸人の影に隠れているものの、約20年間学び続けた占いの実力は“あまりにも高すぎてドン引きされるレベル”だという。

主な占い実績としては「東日本大震災、熊本地震、トランプ大統領の就任の的中」が挙げられ、占星術、四柱推命、 手相、タロット、 人相、顔相占いなど多数の占い技術を使いこなす。

8月11日の「山の日」をめぐっては「この前後3日を含めた8月8~14日辺り」に「名前に『山』がつく人」は、何かが起きる可能性を示唆していた。
また、「8月8日に『変化』の天王星が逆行し始める」という指摘もあったが、まさに8月8日、“不正判定”などの問題で世間を騒がせていた日本ボクシング連盟・山根明会長が、辞任を発表。・・

9月上旬は土星の動き、また火星とみずがめ座の関係に注目
「大地」をあらわす土星が、9月6日から順行を開始し、この影響が9月2~12日の期間に出そうです。9月11日に「攻撃性」や「トラブル」の意味を持つ火星がみずがめ座に入る影響も加わり、同期間は地震に噴火、竜巻や台風、豪雨などに気をつけましょう。みずがめ座は「最先端の技術」を示すので、電化製品の異常や、大規模な停電といったトラブルも想定しておいてください。9月2~12日の中でも、特に9月2日、9月5~7日と9月10~12日は警戒を強めてほしいです。
・・
下旬で地震や噴火、竜巻、台風、豪雨などの恐れがあるのは、9月24~27日の期間。
9月26日に土星と太陽が90度の位置となる影響に、9月24日の十五夜の満月の力も働いて、一波乱あるかもしれません。しかし、これらのエネルギーがポジティブに出た場合、個人レベルでは仕事で良い変化を感じたり、自分の殻を破るチャンスを掴めたりしそうです。

大規模な停電と言ってるところが凄いですね。
時期も当たってる。

北海道の停電もそうでしたが、大阪の停電もひどい。
まだ復旧してないところもあるようです。

ってことは、次は9月24~27日なのか。

他、気になるツィート張っときましょう。

北海道地震の続報。
死者42名、不明1名、現在2600人が避難生活だそうです。

他に、現在、硫黄島が噴火しそうだとか。

硫黄島が噴火すると高さ25メートルの津波が来るとか。

他、北海道地震の後、日刊ゲンダイと夕刊フジが揃って次は千葉と言ってます。

日刊ゲンダイの記事張っときます。

北海道大地震の次は千葉 専門家が指摘する「震度7」の予兆

震度7が国内で観測されたのは、2016年の熊本地震以来6回目。立命館大学環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏(災害リスクマネジメント)は、「今回が本震とは限らない」とした上で、こう警鐘を鳴らす。

「北海道の地震は、3.11の地震で動かなかった部分が活動したためだと考えられます。3.11は、日本列島が乗っかっている北米プレートと太平洋プレートとの間にたまったひずみが東北沖で解放されたことで発生しました。しかし、3.11で動いたエリアの北側と南側にはひずみがたまったままだったのです。今回の地震は、その北側のひずみが解放されたことで発生したとみられます。地震の規模を考えると、まだ完全にエネルギーは放出されていないので、同じ地域でもっと大きな地震が起こり得ます」

■政府の推計をうのみにしてはいけない

 今回は、3.11でエネルギーが解放されなかった「北側」で震度7の大地震が発生したが、同じように「南側」に位置する千葉県や茨城県も注意が必要だという。

・・
北海道では「胆振地方で2、3カ月前からM3~4の内陸直下地震が起きていた」(高橋学氏)という。千葉でも6月から東方沖を震源とする地震が多発しているため、予兆はあるのだ。
・・

たしかに千葉東方沖の地震が多発してます。

まぁ、以上。
予言等々は話半分としても。
バヌアツの法則もあるので直近注意。

ワタスの考える危険日は隊員専用[email protected]に送っときました。

本当にありがとうございますた。


※直近イベント:
玉ちゃんが元キャリア外交官・原田武夫氏になんでも聞いちゃいます!in大阪 2018年12月1日(土)
同上 in福岡 2018年12月22日(土)
玉蔵&山田貢司 年忘れトークライブin 新宿 12月27日(木)

ショップ情報
新発売!黄金の日焼け止めを知らないか?2,520円
予約発売!Q Tシャツ2,000円

新刊連動ブログ:
久しぶりの有望ICO MIDEX

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!現在、投資・金融部門アマゾンランキング30位 売れてます!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう