気になるサル痘

スポンサードリンク

ヒャッハー!

さて、これちょっと気になったので貼っときます。

なぜ気になるかというとビルゲイツ先輩がこんなことを言ってたからですね。

いつもいつもこの人はもう。
預言者のごとく予言を的中させてますからね。

で、最近、サル痘がアメリカ、イギリスで感染の兆しと出てますた。

 

 

他にもポルトガル、スペインで発生とのことですた。

ただ、小動物から感染するのであって、
人から人への感染率はそこまで高くないようですが。

 

まぁ、どうなんでしょうね。

 

「サル痘」は天然痘ウイルスに似た「サル痘ウイルス」に感染することで起き、国立感染症研究所によりますと、顔や体に特徴的な発疹が出るほか、発熱やのどの痛み、リンパ節が腫れるなどの症状が出ます。

過去にアフリカで感染が起きた際には、致死率は数%から10%程度に上ったと報告されています。

1958年に実験施設のカニクイザルで初めて報告されたあと、ヒトへの感染は1970年に今のコンゴ民主共和国で初めて確認され、

その後、中央アフリカや西アフリカの熱帯雨林地域で散発的に感染が広がっているとしています。

また、2003年にはアフリカからペットとして輸入された小動物を通じてアメリカにウイルスが持ち込まれたあと、

合わせて71人が感染しましたが亡くなった人はいなかったということです。

このウイルスは、ネズミやリスなど感染した動物にかまれたり、血液や体液、発疹に触れたりすることで感染することがあるほか、

感染した人の発疹や体液に触れたり、飛まつを浴びたりすることで、ヒトからヒトに感染する可能性があるということです。

ただ、WHO=世界保健機関は、ヒトからヒトへの感染は密接な接触によるもので、比較的限られているとしています。

治療法はありませんが、1980年に根絶された天然痘に対するワクチンが、サル痘にも高い予防効果があるとされています。

サル痘に詳しい岡山理科大学の森川茂教授は「天然痘の根絶によって若い世代はワクチンを接種していないので、基礎疾患があり、免疫力が低い人は重症化するおそれがある。

新型コロナウイルスのように飛まつ感染で広がりやすいウイルスではないので、世界中に一気に広がる可能性は低いと思うが、

海外の感染が広がっている地域で、野生動物にむやみに触れるようなことは避けてほしい」と話しています。

 

また次もやるのか。
と思ったりもしますが。

気になったのではっときますた。

本当にありがとうございますた。


↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!!1月24日発売!


目指せYoutber:
ゴールデンタマちゃんねるスタート

6/22 久しぶりに動画アップしますた。今こそ地方コミュニティが大事だという話


ショップ情報:
光触媒トリニティーペット用発売!
自作ソーラーパネル発電講座 録画動画 7000円
メルマガ始めました:
サポーター会員募集中(月額777円)

直近イベント:
・4月23、24日(土日)農業で独立プロジェクト in 八ヶ岳!
・4月23、24日(土日)市川ジャンさんの自然農講座!


↓1日1回応援クリック

スポンサードリンク

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう