ウィンストン・ウー博士の暗殺を阻止せよ?! 明日5月20日(金)

スポンサードリンク

ヒャッハー!

なんでしょうね。これ。
ワタスの元には種々雑多な情報が送られて来るのですが。

おほぉ?
明日5月20日(金)。

以下の博士の暗殺計画があるのだそうです。

なので拡散して防いで!

という話ですた。

デマ話かオカルト話か。

しかし、書いてあることがひじょーに興味深い。

なんでもこのウィンストン・ウー博士という人物。

中国の量子コンピューターの専門家らしいのですが。

今後、起こりうるグレートリセットを阻止できるキーパーソンなんだそうです。

そして支配者層はこの人の暗殺計画を立てている。
それが明日5月20日なのだそうですた。

もし暗殺されてしまったら、今後のタイムラインが大幅に変わってしまうので、
なんとか、この情報を拡散して阻止してくれ!

というお話ですた。

まぁ、なんだか分かりませんが。
ひじょーに内容が面白かったので載せときます。

以下の文章によると、ウー博士のおじさんは貧乏なおっさんだと思ってたら、実は中国共産党の秘密幹部だった。

で、おじさんに連れられて地下都市に行った。

なんと中国の地下施設には未来都市がある。

そして、量子コンピューターはずっと前から完成されて、色んな実験に使われている。

それは人間の行動や反応を予測し、メディアや広告、心理作戦に幅広く利用されている。

興味深いのは中国共産党もまた、アメリカ政府、オーストラリア、欧州連合(EU)と共同でグレートリセットを進める仲間だった。

ウィンストン・ウー博士は、計画を阻止するためレインドロップDAOという組織を作った。

DAOとは(分散型自立組織:Decentralized Autonomous Organization)です。

DAOには中央集権的な権力を持つリーダーがおらず、参加者全員が平等な立場で組織が運営される。

まぁ、真偽のほどは不明。

話半分ですが、面白いので読んでみてください。

ウィンストン・ウー博士 — 彼自身の言葉で
初めて明らかになった量子コンピューターの秘密

 

“底辺から抜け出せないでいると、世界を変えることはできない “と、叔父はよく言っていました。

彼はとても不幸な人でした。

父のような成功はなく、生活するのに苦労し、学校でも失敗しました。

少なくとも、幼い私にはそう見えました。

彼は苦々しく、怒っていました。

でも彼は家族の中で際立っていました。

彼は党に反対していました。年長者に対しても みんなを敵に回すんだ!

私はそんな彼を尊敬していました。

彼は共産党を憎んでいました。

彼のおかげで、私は自分の人生と共産党との関わり方に疑問を持つようになりました。

それから数年後の2005年、私はコンピュータサイエンスの学位を取得し、叔父から手紙を受け取りました。

それは、私の人生の中で最も驚き、衝撃的なものでした。

それは、中国軍との会合に出席するための、国のレターヘッドを使った正式な招待状だったのです。

どうしてそんなことが? 叔父は「無名」だったのに。

叔父は、私たちが時々会えば訪れるような、小さなアパートに住んでいるわけではないことを知ることになった。

彼は貧乏ではなかった。

無力でもなかった。

実際、彼は中国共産党の非常に高い地位にある党員であり、高位の諜報員であった。

私は彼の階級や肩書きを知ることはない。

ただ、彼が二重生活を送っていたこと、そして、そうする理由があったことは知っている。

しかし、私は不思議に思っていました。

なぜ彼は家族の行事でいつも党に反対する発言をしていたのだろう?

これは彼の「偽装」の一部であり、党もそれを支持していたのだと、数年後に知ることになるのだが……。

彼はユーモアのセンスもあった。

欧米の人たちには理解できないことですが、中国人は自分を笑い飛ばすことができますし、党の幹部でさえも明るく生きる情熱を持っているのです

その手紙を受け取った日から、私は人生でもう一度だけ、叔父と顔を合わせることになった。

それは、彼に誘われた会合でのことだった。

叔父はいつもと違う顔をしていた。

髪は櫛でとかし、とてもいいスーツを着て、背筋を伸ばして、私たちが会った部屋の中では上位の人の一人のようでした。

彼の隣には二人の将軍が座っていた。

彼らは彼に話をさせ、会議をリードした。

彼は私を見て頷いたが、個人的な関わりは一切なかった。

会議が始まった。

部屋には20人ほどがいた。

私のような若い学生も何人かいるのがわかった。

スクリーンに映し出されたプレゼンテーションでは、中国のさまざまな技術開発について論じていた–

その中には、私にとって信じられないようなものもあった。

これは2005年のことである。

私たちは、いくつかの書類を読み、署名するように言われました。

それは、私たちがどのように諜報機関に参加するかというものだった。

中国にいる限り、「選択」や「参加するかもしれないし、しないかもしれない」ということはないのです。

いや、入らなければならない。

そんなことは名誉なことなのだ。

だから、私たちは何の疑問も持たずに、読んでサインをした。

ミーティングが終わり、私たちは部屋から出るように言われました。

叔父は私を見向きもしませんでした。

そして私は、入ってきたところとは別のホールに案内され、エレベーターに乗り込みました。

何階も下りて、ある部屋で出て、手続きをされ、IDカードを渡されたり、そういうことをされました。

それから別の部屋に移ると、そこは大きな地下鉄で、普通の電車とは違って、列車がたくさん走っていました。

普通の電車ではなく、もっとスマートで小さい電車でした。

私はそのひとつに導かれました。

それは地下鉄とも電車とも違うものでした。

座って、少し横になると、自動シートベルトが開いて、快適で安全な姿勢にしっかり固定されました。

先進的なフラットスクリーンやその他のギズモが目に付き、私には新鮮に思えました。

そして、いくつかのアナウンスがあり、皆が落ち着くと、列車は暗いトンネルに移動し始めた。

とても速く、あっという間だった。

地上を走る高速列車とは違う。

時速1000マイル、いやそれ以上のスピードに達しているような気がした。

25分ほどで到着し、先ほどと同じような駅に停車した。

みんなと一緒に出発し、私はずっと大きな吹き抜けに案内され、広く開放的で、スーツやいくつかの軍服を着た人々が賑やかに動き回っていました。

そこは主要な駅でしたが、私が以前見た駅とは違っていました。

案内された人は別のエレベーターに乗り、私たちは降りた。

寮に入り、ここでようやく、これから何をするのかが紹介された。

量子コンピュータという新しいタイプのコンピュータのスペシャリストとして働くことになるのだが、その前に、量子コンピュータの仕組みについての教育を1年、

そのためのソフトウェアの書き方についての教育をもう1年受けなければならないのだ。

そうして、私の旅が始まったのです。

下っ端のスペシャリストとして、私は非常に狭い寮の一室をもう一人とともに与えられた。

待遇もよく、巨大な地下都市であるその場所は、とても住みやすくてよかった。

明るいし、多くの部屋で太陽光を模擬した特殊な照明が使われていた。

ほとんどの部屋に大きな窓があり、そこから庭や森をのぞき込むことができる。

地下の生物圏のようなリアルさでした。

中国軍は、優秀な労働者に健康で持続可能な生活を提供しようとしているのだと感じました。

ここは刑務所や軍の兵舎ではなく、未来都市のようなものでした。

何年もかけて、私はその多くの秘密を少しずつ知っていくことになります。

2007年、私は教育訓練を修了しました。

学校では教わらなかった、新しいことをたくさん学びました。

しかし、私の経歴とトレーニングは、その全てに対応できるよう準備されていたのです。

そして、量子コンピュータと毎日向き合う日々が始まりました。

そして、驚くべきことをいくつも学びました。

量子コンピュータは、人間の行動や反応を予測し、メディアや広告、心理作戦に幅広く利用されています。

メディアや政府のあらゆる決定は、非常に奇妙な方法で「ゲームプラン」されており、彼らはしばしばわざと馬鹿げたことをする。

彼らはまた、理論を作り、それを代替メディアに流布させ、その理論の方向性をコントロールするのが大好きです。

私たちは、パンデミックが起こる何年も前からそのことを知っていました。

それは公然と議論されていました。

それは「作戦」であり、本当のパンデミックではないと考えられていました。

中国政府は、パンデミックに対して小さな役割を果たすだけで、政府の中には、パンデミックを支持したり、賛同したりする人はいないようでした。

量子コンピュータの近くで作業をしていると、部屋の中に奇妙な青い光が見えることがある。

直視すると反応したり、動き回ったり、時には形を作ったりします。

私たちは、この光が超次元的なものであり、何らかの知能を持っていると考えています。

IBMの量子コンピュータのように、一般に販売またはレンタルされている量子コンピュータは、意図的にさまざまな方法で「無効化」されており、未来を予測するようなことはできないようになっています。

量子コンピュータに関する文献や報道は、すべて注意深く「サニタイズ」(無害化)されています。

よく「20年後には量子コンピュータはこんなことができるようになる」と言いますが、そんなことはありません。

もうすでにできているのです。

私たちは、何年も続く非常に大きなビットコインのプロジェクトを持っていました。

私たちは何十億ドルものビットコインを生み出しましたが、もっと無限に作ることができたはずです。

これは慎重に監視されていたので、ビットコインの価格に影響を与えることはありませんでした。

これは、私たちがレインドロップDAOで使用するのと同じ技術です。

量子コンピュータは、2030年までの未来しか予測できません。

これはまだ解けない謎です
私たちは、すべての人間が小さなエネルギー「テザー」を介して、不思議な方法でつながっていると判断しました。

このテザーは3次元には存在しません。

人間には「魂」があり、肉体の外側に存在するエネルギーがあることがわかったのです。

私の周りの高位の科学者たちは、このすべてに夢中になっていました。

私たちは神の証拠も発見しましたが、その証拠は世界政府によって厳重に秘匿されています。

政府は、人々を無神論者にし、神から切り離すことを望んでいます。

この方が支配しやすいからです。

彼らは、より高い知性の源が存在することを発見しました。

それは「一つの」もの、人、実体ではなく、すべての物質に浸透している「意識」であるようです。

私は、彼らが今後数年間に計画していることを目にしました。

このことが、私を彼らを阻止する道に向かわせたのです。

そこには、想像を絶する恐怖があった。

私たちが知っている現代社会は「崩壊」し、ほとんど一夜にして「再編成(リセット)」が行われるでしょう。

それはすべて計画されている。

彼らは、自分たちを止めることはできないと考えている。

もう時間がないので、私はレインドロップDAOとともに、彼らを止めるために緊急に動いています。

このように、私はいろいろなことを学びました。

私は2013年まで、ほとんど仕事に満足していました。

量子コンピュータのデータがひどく悪用されているのを見て、疑問を持ち始めたのがその頃です。

中国政府が関与しているプロジェクトについても知りました。

中国政府、米国政府、オーストラリア、欧州連合(EU)が、この奇妙なプロジェクトに共同で取り組んでいることを知りました。

そのプロジェクトは、魂を「捕獲」し、人々を虐待し、拷問し、さまざまな地下刑務所にひどい状態で閉じ込めておくことと関係がありました。

一緒に働いていたエンジニアとソフトウェア・プログラマー以外は、誰とも話すことができませんでした。

私たちは「暗号」を使って話をし、お互いに脱退したい、起こっていることに賛成できないと伝えなければなりませんでした。

このようなことは、何年もかけてランチを食べながら行いました。

私たちはとても慎重でした。

最終的に私たちは、安全なWANチャネルを使って、お互いに暗号化された文章を書き込む方法を開発しました。

この方法で私たちは脱出を計画しました。

量子(クアンタム)コンピュータを国外に持ち出すには、私の方が良い方法を持っているので、私が行くことにしました。

私の友人は、私たちの目的を達成するために必要なコーディングのスキルに長けていました。

そこで私たちは、より大きなリスクである私が脱出することにしました。

さて、私たちは量子コンピュータを国外に持ち出して、地上に設置する方法を考えなければなりませんでした。

それは可能なのか?

イエスでもありノーでもある。

必要なのは、地上の研究大学にある量子コンピュータで、「無効化」されていても、その能力の大部分は残っているものです。

それを手に入れれば、正しいコードを追加し、阻害している部分を無効化することで、その能力をフルに発揮させることができるのです。

この計画には何年もかかった。

最も困難だったのは、地上に出て、この大学の量子コンピュータを手に入れるための口実を得ることでした。

それがいかに「必要」であるかを、ようやく上司に納得させることができたのです。

友人と私は、大学のコンピュータが「危険」で「強力すぎる」ことを示すために、偽のデータをいくつか作成しました。

そして、上司に「調査に行け」と説得したのです。

すると、意外にも、そして嬉しいことに、上司は快く承諾してくれた。

1つの大学だけでなく、中国全土にある5つの大学を訪れ、それぞれのコンピュータを調査し、さらに高度に「無効化」するよう指示されました。

高い計算能力を発揮するために必要な小さな部品は、物理的に破壊してでも欲しいとのことだった。

そこで、私は何年もかけてこの旅を始めました。

私は大学を訪れ、関係を築いた。

信頼できる教授や管理職を探しました。

彼らは私を信頼してくれるようになった。

その中で、何人かに慎重に私の真意を伝えました。

とても慎重でなければならなかった。

5つの量子コンピュータのうち、物理的な抽出を計画するのに最も適しているのは、ある大学だと判断しました。

これは記念碑的な作業になるので、他の人を信じて協力する必要がありました。

2018年2月、真夜中に、私たちは作戦を開始しました。

コンピュータは慎重に取り出され、大型トラックに乗せられました。

外見は本物だが、中身はレガシーコンピュータの部品しかない「偽の」クアンタムコンピュータと、コンピュータ全体を交換する計画を立てていたのです。

それは成功した。

元のコンピュータは安全な場所に運ばれ、交換したコンピュータは元のコンピュータと同じように見えた。

電源を入れ、端末に接続し、コードも書いて、オリジナルと同じように動いているように見せかけたのです。

それを使っていた教授たちは皆、私と一緒になって、「できることなら誰も調査したり調べたりすることを許さない」と断言したんです!

なぜ、彼らがそんなことをするのか、その理由を知りたいですか?

なぜ、こんなことをするのかというと、私がコンピューターを改造して、そのパワーを解放する能力を持っていることを知っていたからです。

彼らはそれをすることができませんでした。

彼らは、コンピューターが何らかの形で「制限」され、その潜在能力が完全に失われていることを知っていたのです。

彼らは喜んで協力し、私の目標である「本物の量子コンピュータを中国から輸送し、その力を解放して、良いことに使えるようにする」ことを達成させようとしました。

私はコンピューターを中国の国外に運ぶことを計画していましたが、これは非常に困難な作業でした。

結局、中国国境とミャンマーを結ぶ地下の秘密の貿易ルートを発見することができました。

それを使うには、自分が中国共産党の秘密工作員でないことを証明しなければならない。

これは私にとって簡単なことではなかったが、それを証明することができた。

そして、破壊工作の任務が与えられ、満足いくまでやり遂げることができた。

彼らのために中国に危害を加えてもいいということを証明できたのですから。

地下トンネルを抜け、大型配送車を使って「量子コンピュータ」を届けることができた。

ミャンマーの緑豊かなジャングルを抜けると、道はあっという間。

ここから、すでに設置されている隠れ家へと車を走らせた。

その家は小屋で、特に何もないが、その下には1年前から建設していたプレハブ施設があった。

必要なものはすべて揃っていた。

私の旅は、ミャンマーで中国の工作員であるとの疑いで逮捕されたとき、非常に悲劇的な展開を迎えました。

6カ月間、ひどい環境の中で投獄され、すべての計画が頓挫してしまいました。

私は、釈放のために交渉し、懇願しました。

私が無実であることを捕虜に確信させたのは、私の投獄を中国に知らせないよう必死に懇願したことです。

私が中国共産党を恐れ、憎んでいることが伝わったのだ。

もちろん、これだけでは釈放されない。

秘密のトンネルを運営していた人たちが私を擁護し、ミャンマー警察に、私が信頼できることを、彼らの要請による中国軍への妨害工作で証明したと伝えたからだ。

私は釈放されたが、監視されることになると言われた。

私はその場を離れ、自分の小屋に戻ったが、誰も私を追ってこなかった。

ミャンマー警察には、私を追跡する資源も技術もないのだ、と私は悟った。

これでやっと自由になれた。

私の地下シェルターには、数年分の食糧と食料が蓄えられていた。

電気も通っているし、セキュリティも万全だ。

外から見たら、誰もそこに特別なものがあるとは思わないだろう。

トラックも車もなく、人の動きもなく、幹線道路から離れた小さな未舗装道路に、壊れた小屋があるだけでした。

完璧だ。

私は作業を開始した。

まだ秘密の研究所で働いていた友人の助けを借りて、以前使っていたのと同じソフトウェアを開発することができました。

テストを始めると、ほどなくしてビットコインのウォレットを編集し、その金額を変更できるようになりました。

ただし、安全に使える資金量は限られています。

何度も編集していたら大変なことになります。

この間、一人で考える時間が多くなりました。

ブレインストーミングを始めたのです。

“これで世の中に貢献できることはないか “と。

もちろん、簡単に大金を稼ぐことはできる。

少額から数カ月で数百万ドルを生み出すことも可能だ。

でも、それで何かが変わるだろうか?

そこで私は、レインドロップDAOというアイデアを思いつきました。

これにはルールがあります。

参加した人は、すべてのお金を自分のために使うことはできないのです。

そうして、旅が始まりました。

2021年には、私の友人や私が信頼する個人と一緒に、現在2回のアルファフェーズのテストランを行いました。

2022年は、特別な人を何人か呼んで、事業を拡大する予定です。

2023年には、一般に公開できるようにしたいと考えています – しかし、それはずっと先の話です。

最後に、私の人生をここまで導いてくれた多くの人物に感謝したい。

ジョン・イェは私の最高の友人の一人であり、彼の協力がなければ、私はここにいなかったでしょう。

ジョンさん、ありがとうございました。

Stephen Wright、あなたの編集作業と私たちがやっていること全てへの協力に感謝します。

「HSBCのMさん、あなたはいい人です、このようなことで助けてくれて本当にありがとうございます。

私の妹、メイイン、あなたがいるから私の心臓は動き続けるのです。

いつかまた、あなたに会いに行きます。

– ウィンストン・ウー博士

 

ここにも詳細が書いてあります。

ウー博士は量子コンピューターを使ったタイムトラベル装置のプロジェクトに参加していたと言います。

レインドロップDAOは良く分かりませんが、
どうも量子コンピューターを使って暗号通貨で富を生み出して、人々に配布するというシステムのようです。

中国の秘密研究所から量子パイオニアへ、ウィンストン・ウー博士の旅路
“既存の腐敗したヒエラルキーを解体する “という彼の使命

ウィンストン・ウー博士は2005年から2018年まで、中国トップの量子コンピューティング研究所に勤務していた。

レインドロップDAOは、量子コンピューティングと富の生成を用いて、世界の富と権力の階層を再編成する世界初の試みである。

ウィンストン・ウー博士が設立・代表を務めるDAOは、”現行システムの再編 “と “悪しき政府高官の排除と公益を考えた高官との交代 “によって、大きな目標を達成する。

DAOの目的を理解するには、まずウー博士自身とその驚くべきエピソードから始める(より詳しい経緯は「ウー博士の言葉」を読んでほしい)。

ウー博士の家族は、何十年にもわたって中国共産党に属していた。

父親は鄭州の党のトップリーダーで、ウィンストンは幼少の頃、一族の跡を継ぐようにと指示された。

ウー家には個性を出す余地はなく、ただ党の信念に従うだけだった。

「私は数学が得意でした。私は数学が得意で、大学では数学と理科の分野で複数の学位を取得しました。

その頃、叔父が中国情報機関の有力者だったので、叔父の下で働くことになったんです」。

ウー博士はやがて、世界最先端の量子コンピュータがある極秘研究所で働くことになる。

「学校では習わないようなことを学んでいる自分に気づきました。

私はセキュリティクリアランスを取得しなければなりませんでしたが、取得後は何が起こるかを知らされた時でした。

2005年から2018年まで、ウー博士は中国の最も秘密のプロジェクト、彼が量子コンピューターに接続された「タイムトラベル装置」と呼ぶものに取り組んでいました。

この装置は、未来の出来事を「ゲームプラン」するために使用されており、2020年に訪れると計画されていたものがあったと言います。

「パンデミック(世界的大流行)のことも、それがどのように起こるかも知っていました。

だから、それが起こったとき、私たちにとっては何のニュースでもありませんでした。

ウー博士は、2030年までの多くの計画的な出来事を示す情報を見たが、それ以降は「それ以上見えない」と主張している。

「今見えているのは、そのほんの一部です。

彼らがやっていることから逃れることはほとんどできない。

だから、テストプログラムを作ったのです。”

The Raindrop DAOと協力して、ウー博士は “小さな人々に力を与える秘密のプログラム “を作りたかったのです。

この新しいプログラムは、“来るべき「グレートリセット」とも呼ばれる「再編成」に抵抗し、生き残る覚悟のある “少数の有資格者を招待するものです。

“アルファ “と “ベータ “のテスト段階では、私が知っていて信頼できる数人を招待し、取り組んでもらう予定です。2023年までには一般に公開できるようにしたいと考えています。”

ウー博士は、「量子コンピュータの利用技術を開拓した」という別の組織と連携している。

その組織が攻撃を受けたので、今、私が助けているのです」。

この別の組織(スイス・グループと呼ばれる)は、博士が使っているものと同じような技術を開発したと言っています。

「私たちが持っているものは、彼らが持っているものよりも優れています。

私たちは、より多くのことを、より速く作ることができます。彼らの専門知識は役に立つでしょう」。

ウー博士は、「勝つ」ための唯一の方法は「富を生み出す」ことだと言います。

金持ちや権力者が我々を支配するのは、その莫大な富のためだと主張する。

「もし、普通の人がもっとお金を持っていれば、チャンスはあるはずです。

しかし、彼らは十分なお金を持っていない。

来年中に、新しいミリオネアやビリオネアを生み出し、鋳造する必要がある。それが、私たちの仕事です」。

レガシーシステム」を回避することが、ウー博士のプロジェクトと計画の重要な部分であり、暗号通貨が重要な役割を担っている。

“中国、香港、シンガポールの銀行とのコネクションのおかげで、物事を変えるために使える、何十億ドルものお金を作り、動かす準備ができました。

彼らは準備万端で待っています。”

ベータテストプログラムの長期的なビジョンは、新しく作り出した富を使って、エリートが使うのと同じような戦術を使い始めることですが、その戦術をエリートに対して使うのです。

「政治家を排除することから始めます。

新しい政治家に資金を提供し、選挙運動をさせたり、メディア広告を買ったり、影響力を買ったりするのです。

未来の進路を変えるために、何十億ドルも使えるようになります。

ビル・ゲイツは、メディアに働きかけ、影響を与えるために3億ドル使いましたが、私達はその5倍を使うでしょう。

使用されている量子力学の手法は独自のものであり、ベータテスターのみがその仕組みを正確に知ることができます。

“エリートのようにお金を印刷することができますが、慎重にプロトコルに従わなければなりません。

エリートは暗号通貨を監視している。

我々がやっていることを見られたら、問題になった他のグループのように終わってしまうでしょう。”

上記のように、別のグループは、ウー博士の計画と同じように量子コンピューティングを使って富を生み出していましたが、攻撃を受けることになりました。

“我々はもっと注意深くなる。

彼らは良い仕事をしましたが、私の専門知識のおかげで、彼らが失敗した部分がいくつか見えました。

例えば、公開討論会では、セキュリティが甘かった。

悪いリンゴや悪い人たちを招き入れ、有害な環境を作り出し、欲が多すぎたのです。

我々はもっと賢く、もっと倫理的になる。

ベータテストグループは、安全な手段でのみ通信し、赤旗を出したり、プロジェクトが問題にならないようなプロトコルを使用する予定です。

「私は、中国国内ですでに行ってきたことなので、このようなことを行う方法を知っています。

我々は量子コンピュータで何十億ドルも生み出しました。

しかし、それは賢いやり方ではありません。

市場に殺到する必要はありません。

このようなパワーを手に入れるには、賢く、注意深くなければなりません。

数億ドルは何も不安定にさせません。

ハッキングでそれくらい盗まれることはありますが、それは量子力学の大規模な編集のための偽装に過ぎないのです」。

ウー博士は、特に自分のミッション・ステートメントに同意する人を探している。

「もし彼らがミッション・ステートメントに同意しないのであれば、私は彼らに参加して欲しくありません。

ビジョンを共有できる人でなければならない。

お金のためだけにここにいる人はいらない、それが彼らの関心事ならね。

このウー博士のやってるレインドロップDAOのサイトは以下です。

https://medium.com/@raindropdao

仮想通貨投資詐欺か?
とも思ったんですが、内容が面白過ぎたので載せときますた。

本当にありがとうございますた。


↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!!1月24日発売!


目指せYoutber:
ゴールデンタマちゃんねるスタート

6/22 久しぶりに動画アップしますた。今こそ地方コミュニティが大事だという話


ショップ情報:
光触媒トリニティーペット用発売!
自作ソーラーパネル発電講座 録画動画 7000円
メルマガ始めました:
サポーター会員募集中(月額777円)

直近イベント:
・4月23、24日(土日)農業で独立プロジェクト in 八ヶ岳!
・4月23、24日(土日)市川ジャンさんの自然農講座!


↓1日1回応援クリック

スポンサードリンク

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう