祝!長野移住人気第2位! 火山がアップを始めているが?

スポンサードリンク

ヒャッハー!

皆様いかがお過ごしでしょうか。
ワタスはとーっても楽しい毎日を送っております。

さて、今日はこんなニュースを読みますた。

テレワークが進んでるからなのか。
地方移住人気で長野が2位だそうですた。

若者が地方暮らしをしたい都道府県2位「長野」、3位「静岡」 「自然豊かな環境で暮らしたい」などの声

キャリコネニュース


地方移住するならどこ?
トラストバンクは6月23日、「地方暮らし」に関する調査結果を発表した。調査は6月中旬にネット上で実施し、都内に住む20歳以上の男女1078人から回答を得た。

地方暮らしに関心があると回答した人は56%。新型コロナウイルスがきっかけで関心が高まったという人は46%だった。

2割が「都市部での新型コロナや災害のリスクが心配」

地方暮らしに関心を持った理由に関しては、6割以上が「自然豊かな環境で暮らしたいから」(61.6%)と回答。

次いで、「生活コストが安いと思うから」(34.6%)、「出身地などのふるさとや好きな地域で暮らしたいから」(21%)、「都市部での新型コロナや災害のリスクが心配だから」(19.5%)と続いた。

望む生活スタイルを聞くと、4割以上が都市と地方を往来する「二地域居住」(42.4%)と答え、最多となった。次いで、地方圏のみで暮らす(31.3%)、都市部に生活拠点をもちつつ休暇をかねて地方圏でも仕事をする「ワーケーション」(24.3%)が続いた。

実際に二地域居住やワーケーションなどを始めていると回答した人は4.5%だった。年代別に見ると、このうちの過半数を20~30代(56.2%)が占め、特に若い世代が関心を持つことが判明した。

2割の人は「地方暮らしをしても現在と同じ会社で働きたい」

希望する働き方を聞くと、「現在と同じ会社で働きたい(転勤やリモートワークなど)」(22.7%)が最多となった。2位以降、「地方暮らし後、働く予定はない」(21.2%)、「独立して働きたい」(20.7%)、「特にこだわらない」(20.9%)、「地方圏の会社で働きたい」(13.4%)と続いた。

地方暮らしをしたい、またはしている都道府県を聞くと、「特に決まっていない」(15.9%)が最も多く、次いで「北海道」(15.7%)、「長野県」(15.4%)、「静岡県」(11.4%)、「沖縄県」(10.9%)、「神奈川県」(9.8%)と並んだ。

選んだ理由について、1位は「出身地または過去に住んだことがあるから」(32.3%)となった。2位以降、「旅行などで訪れたことがあるから」(31.9%)、「自然豊かな土地だから」(30.1%)、「家族や知人など、親しい人が住んでいるから」(20.3%)が続いた。

くほほほほ。
くほほほ。

やっと時代が追いついて来ますたね。

ひじょーにめでたい。

ワタスが都内から長野に越して来たのが311前のことですた。

何が悲しくて長野なの?

家族、知人、友人。
あらゆる関係者から既知外扱い。
あいつは仕事のし過ぎで狂ったんだ。

そのように散々に言われたものです。

都会に住むのがステータス教。

外の宗教の声と自分の心の声。
どっちを信じるのか。

ワタスは自分を信じて良かった。

とかなんとか。

ところで、浅間山が最近アップし始めますたね。

実は、長野は色んなところで火山がアップし始めてます。

浅間山警戒レベル「2」1931年の西埼玉地震と状況そっくりで不気味すぎる

配信

気になる兆候(C)共同通信社

気象庁は25日、浅間山の噴火警戒レベルを1の「活火山であることに留意」から、2の「火口周辺規制」に引き上げた。

火口から約2キロ圏は、大きな噴石や火砕流に警戒が必要となる。

20日ごろからマグマだまりがあると考えられている西側で、山体膨張を示す地殻変動が観測されている。

同時に地震の回数が増え、25日には1日100回超発生した。浅間山では昨年8月7日に小規模噴火が起こり、同25日に噴火、高さ約600メートルの噴煙が上がった。

気象庁火山課の担当者がこう言う。 「昨年、地殻変動がないまま噴火しました。今回は2009年と15年の時と同様、地殻変動が見えるところが大きく違います。今後の推移は分かりませんが、噴火すれば地殻変動と地震活動も継続して起こり、続けて噴火する可能性があります」

■火山活動活発化で大地震の恐怖

気になるのが、1931年9月21日に発生した震度5、マグニチュード6・9の「西埼玉地震」時と状況が似ていることだ。

地震発生の約2週間前、浅間山で小規模のマグマ噴火が起きていた。

「浅間山だけの話ではありません」と立命館大学環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏(災害リスクマネジメント)がこう言う。

「上高地の焼岳、加賀白山でも火山活動が活発になり、4月22日から長野県中部や岐阜県飛騨地方で群発地震が頻発しています。

東日本大震災の影響がまだ続いていて、日本列島は北海道から関東までは東から西へ、関東から西日本は南から北に押されています。

地殻変動のひずみが最も集まりやすいのが、浅間山、草津白根山、焼岳、加賀白山の辺りです。

日本列島はストレスがたまっている状態なのです」  

上高地のある長野県松本市付近には大地溝帯があり、東と西で地質構造が違う。浅間山、草津白根山は北米プレートの西端、焼岳、加賀白山はユーラシアプレートの東端にあたり、端と端が一番ストレスがたまるという。

はい。
現在、岐阜の高山あたりで群発地震が起きてますね。

ワタスの見たところ岐阜の高山方面と浅間山方面と連動する可能性がある。

長野人気で、留飲を下げてる場合じゃないのです。
ワタスは長野はそれほど安全じゃないと思ってます。

日月神事にもこうあります。

極めの巻 第17帖 (095)
今迄の、のがれ場所はヤマであったが、今度はヤマに逃げても駄目、カミの御旨の中であるぞ、山に移りて海に入れよと申してあろう、今度のことぞ。

まぁ、時期は分かりませんが山に逃げてもダメかと思ってます。

ヒャッハー!
ワタスのみたところ、この一帯の火山は連動してチュドーンする可能性がある。
浅間山と焼岳、飛騨高山。
その間にある松本とか上田のラインは注意。

最近ワタスは、もはやどこに逃げれば良いかとか。

外側より内面。

普段から波動を上げて
ヒャッハー!

心を空にしておけばインスピレーションがおりてくる。
それに従うしかない。

とかなんとか思ってます。

本当にありがとうございますた。

トコロテンかよ!山頂あるある


目指せYoutber:
祝!玉ちゃんねるスタート

メルマガ始めました:
2020/6/24 ある空軍大学の文章が今年を言い当てる パンデミックと米国債の紙屑化=借金踏み倒し計画

直近イベント:
・占星術で未来を読む 2020年ホロスコープ国際情勢分析 7月7日(火)夏至の後、7月から始まる変化変容の時

高田宏臣 出版記念トークライブ in山梨 2020年7月18日(土)

ショップ情報:
国産精麻 1300円

↓1日1回応援クリック

スポンサードリンク

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう