地震情報 長野、山梨は要注意!!

スポンサードリンク

さて、ワタスも以前から注目して、ここでも2回ほど紹介した村井教授ですが。

過去記事
的中率75%?のメルマガ紹介  村井教授の地震予測法

村井教授の予測手法は、地震の前には必ず、GPS基準点データに異常が見られるというもの。

a82dj2013_000374.jpg

村井教授は元々地震学者でも何でもない測量学の権威です。
完全門外漢なのに最近の地震もビシバシ当てて話題になっているようです。

週刊誌などでも今度の5/5 東京の震度5を当てたと特集されていますた。

muraikyoju201405162.jpeg muraikyoju20140516.gif

で、その村井教授ですが。
最近のご自身の地震予知メルマガで長野・山梨はここ1ヵ月気をつけろと書いているようです。

JESEAメルマガから


内容を要約すると、
ゴールデンウィーク中に岐阜県に群発地震が起きている。
春先から飛騨・高山中心に20か所くらいの電子基準点で大幅な上下動が観測されている。

もっとも大きく動いているのは高山
2月7日と2月14日にそれぞれ7センチ、6センチと突然大きな沈降が起き、また隆起して元に戻っている。
これが村井氏のいう前兆現象。

以下のように電子基準点で大幅な上下動が観測されたとのこと。

c48jd2014_00002214.jpg
c48jd2014_00002215.jpg
c48jd2014_00002216.jpg
山梨の『中道』や、長野県の『生坂』など、他の基準点も同様の動きを見せている。
これまでの経験上、観測後3~4か月後に地震が起こるケースが多く、5月、6月は注意が必要とのこと。

場所はこんなかんじです。
黒い点が一番変動が大きかった場所。高山、生坂、中道。
c48jd2014_00002212.jpg

c48jd2014_00002213.jpg

ぇあ?

ちょ、ちょっと。。
この高山、生坂、中道の三点を結んでみると。。
だいたいその真ん中あたりは。。

それは黄金村のあるあたりではないですか。

つ、つぁぁぁあああ。

総員対地震用意!!

ガクガクガクガク

関東地方を襲うであろう超巨大地震。
震度9は覚悟しなければならない。

いかん!
こんなところに住んでいてはいけない。
考えるな感じるんだ!!

そうやって我々はこんな長野くんだりまで疎開したというのに。

長野の古びた古民家などを借りて。
楽しいスローライフ、田舎生活。
いいですねぇ。こののどかな風景。
カエルの鳴き声。

味のある古民家。
せんべいでも食べますか。。
ポリポリ

そうくつろいでいると。

ガタガタガタ

ん、なんだ?

つぁぁぁ。
長野 震度7発生!!
古民家ぺっしゃんこ。

ゲコゲコ
自分が、せんべいになってしまいますた。

残念ですが、黄金村全滅です。
皆さまさようなら。
今まで応援、本当にありがとうございますた。

このブログ。
今まで散々地震が来る!HAARP注意!
そう警告を与えて信州黄金村まで作って準備万端整えていたのに。

なんとそのワタスが真っ先に地震にやられる。
そんなことになったらこのブログ、死んでも死にきれないではないですか。

やらせはせん!やらせはせん!
カタカタカタ
亡霊になってもキーボードを打ち続けることでしょう。

うーん。

孫子曰く 「死を必すればすなわち生き、生を幸すればすなわち死す」
そう。人間、危険から逃れようとすると返って危険な目にあってしまうのかもしれません。

とかなんとか。

まぁ、良いでしょう。

とにかく長野・山梨注意です。

このブログを読んで長野や山梨くんだりまで疎開した人。
この5月6月は要警戒!!!
本当に宜しくお願いします。

念のため村井教授メルマガの詳細を載せておきます。

甲信越地方は要警戒
岐阜県、長野県、山梨県、群馬県、埼玉県の一部の群発地震(岐阜県飛騨地方を震源とする) の震源域を含む地域は2月に2回大きな異常変動が起きました。また、山梨県の富士五湖付近で小地震が起きています。 富士山の噴火とは今のところ関係がなさそうですが、周辺で最近異常変動が起きています。 総合的に判断して異常変動が起きてから3~4ヶ月あとの5月末から6月あたりは要警戒です。

「要警戒」は1ヶ月程度

岐阜・長野県境を中心に関東甲信越は地震に要警戒
 岐阜県と長野県そして富山県境にも近い山岳地帯で5月3日午前10時2分頃から5月5日夕方まで 40回近い小地震(最大震度3、M4.5)が起きました。崖崩れや落石の被害も報じられました。
 「MEGA地震予測」2月26日号および3月5日号でこの地域および山梨県、群馬県で週間異常変動が多数点生じたため、 注意を呼びかけていました。 先週の4月30日号でも「甲信地方は要注意」を呼びかけていました。
 下図(過去掲載図より抜粋)に示しますように2月2~8日と2月10~15日の2週に渡って突然の異常変動がありました。 異常変動を示した場所を見ると今回頻発している地震の震源を囲んでいることが分かります。
  特に、震源に一番近い電子基準点である高山は図に示すように2週とも7cm超の異常変動がありました。 震源に比較的近い生坂や、山梨県の中道も7cm超の異常変動があり、2月10日の週は異常変動の範囲は群馬県まで拡大しています。 これだけ一斉異常変動があったことから、図に示した点の地域で更に大きな地震が起きる可能性が高いと考えますので警戒 してください。

村井教授はツィッターやフェースブックもやってるようです。
以下、フォローしておくと良いでしょう。

https://twitter.com/JESEA1
https://www.facebook.com/jesea.japan

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう