kintama_big1.jpg黄金の金玉を知らないか?

総合エンターテイメントブログ。イベント、コンサート、ツアー、カフェ、ネットショップ、火山地震、予知予言、経済情報配信中。続け者ども!伝説はここから始まる!
スポンサードリンク
HOME > 経済情報 > 年金溶かしたのだーれ? 誰も知らない超巨大ヘッジファンド ブラックロックについて

年金溶かしたのだーれ? 誰も知らない超巨大ヘッジファンド ブラックロックについて

スポンサードリンク

  

さて、株価も17000円近辺まで上がって来たようです。
3月あたまに17000円と予想した通りになりました。

ここから後ちょっと上げて、来週後半、SQ日を過ぎた辺りからまた地獄の急落が始まる。

ヒャッハーー!

そうなると、落ち着いて奴らについて色々書けなくなってしまいます。
その昔、奴らの正体を暴くシリーズを書いていました。

ショッカーの皆様シリーズ
覚えてるでしょうか。

なんだかめんどくさくなって途中で止めてたんですが。

皆様はヘッジファンドといえば、ゴールドマンサックスとか、日興シティとか。
クレディスイス、UBS、ソシエテジェネラル、ドイツ証券等々は聞いたことがあるかもしれません。

大きすぎて潰せない。
こうういう連中は、ロックフェラーとかロスチャイルドがやってる証券会社ですよね。
それで何兆円もバクチですって損しますた。
すみません。

そういって国民のお金で補てんされてしまう会社です。

しかし、こういうヘッジファンドも奴らの中でも中堅規模というか。
サメクラスというか。

その上に幹部クラスがいる。
鯨クラスというか。
超巨大モービディック白鯨クラスがいる。

ぜんぜん知られてない超巨大ヘッジファンドがある。

皆様は以下の名前を聞いたことがあるでしょうか。


ブラックロック


日本語でいえば、黒い岩のヘッジファンド。
まさに奴らを表すかのような名前です。

この証券会社は、奴らの本尊に近いところがやってるヘッジファンドです。



blackrock-inc.jpg



blackrock-bond-plan.jpg

Wiki ブラックロック
より

概要
アメリカ、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア、中近東を含む世界24カ国にて拠点を構え、11,400名超の社員を擁している(2011年現在)。
運用資産は株式、債券、キャッシュ、オルタナティブ、不動産、アドバイザリー戦略と多岐にまたがり、その総額は世界のGDP合計(75兆ドル)の約6%の4.6兆ドル(約500兆円)にのぼる(2015年時点)。


つぁぁぁ。
運用資産は全世界GDPの6%の約500兆円。

ってあんた日本のGDPと同じぐらいではないですか。
大きすぎて潰せないと言えばあんた、この証券会社以外ないでしょう。

あまりにブラックロックを知らない人が多いので白日の下に晒しときましょう。

これはJPPressというサイトの記事。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39395
金融界を塗り替えるブラックロックの台頭

ブラックロックは、創業から25年で世界最大の投資家になった。その圧倒的な市場影響力は問題になるだろうか?

  陰謀論者に「世界を本当に動かしているのは誰か?」と問えば、恐らくシティグループ、バンク・オブ・アメリカ、JPモルガン・チェースといった世界的な銀 行の名前が挙がるだろう。エクソンモービル、シェルなどの石油大手を挙げる人もいるかもしれない。あるいは、アップル、マクドナルド、ネスレなど、何十億 もの消費者を取り込んでいる消費財企業に目を向ける人もいるだろう。

 彼らが名前を挙げそうにない会社の1つが、米ブラックロックだ。こ の資産運用会社の名を聞いてぴんとくる人は、金融業界以外ではほとんどいないはずだ。だが、ブラックロックは、上で挙げたすべての企業の最大株主だ。さら に、米国だけでなく世界中で、ほぼすべての上場企業の株式を保有している(実際、ブラックロックは本誌=英エコノミストの筆頭株主であるピアソンの筆頭株 主だ)。

 同社の業務範囲は、株式だけにとどまらない。社債、国債、コモディティー(商品)、ヘッジファンドなどもカバーしている。ブ ラックロックは2位を大きく引き離す世界最大の投資家で、直接運用している資産は4兆1000億ドルに上り(すべてのプライベートエクイティとヘッジファ ンドの合計額とほぼ同じ)、運用プラットフォームのアラディンを通じて、さらに11兆ドルを監督している。

 ブラックロックは、ラリー・ フィンク氏を中心とするウォール街の面々が1988年に創業した。同社の成功の一因は、S&P500などの株価指数と連動した上場投資信託(ETF)のよ うな「パッシブ」な投資商品の提供にある。こうした投資商品は、クライアントよりも資産運用会社の懐を潤す従来のミューチュアルファンドに代わる安価な選 択肢だ(もっとも、ブラックロックはミューチュアルファンドも多く扱っている)。

 ETF分野は急速な成長を続けている。ブラックロック は、「iシェアーズ」ブランドなどを通じて、規模が利益をもたらすETF業界の最大手となっている。その結果、アラブのソブリン・ウェルス・ファンド (SWF、政府系ファンド)から小規模な個人投資家に至るブラックロックのクライアントは、莫大な手数料を節約している。

・・

続きはソースで
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39395


さて、なんで今更こんな金融業界では分かり切った話を書いたかというと。

皆様の大切な年金基金。
皆様がひいこら上司に小言を言われながら、毎日コツコツとなけなしのお金を積み立てて来た虎の子の年金基金。

その運用をつかさどる年金ファンド。
正式名称GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)。

最近のこの暴落で10兆円ぐらい損しちゃったようですね。
こんな話も出てます。

http://www.huffingtonpost.jp/2016/02/15/pension-reduction_n_9234772.html
年金給付の減額「あり得る」 安倍首相が株価下落の影響に言及


つぁぁ。年金減額!
そう騒いでる暇があったらなぜその裏を調べないのか。

ったくこの馬鹿どもがぁぁぁ。

皆様は全然知らないようですが。

日本の年金基金ファンド。
運用委託先が何を隠そうこのブラックロックですよ。

良くお調べ下さいね。


参考までにもう一つ記事を載せときます。
ブルームバーグが珍しくブラックロックについて書いてました。

全能の神ブラックロックは「軽蔑も称賛も受けない」ゴールドマン
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-LD725O07SXKX01.html

larryfink.jpg
Laurence "Larry" Fink, chairman and chief executive officer of BlackRock Inc. Photographer: Daniel Acker/Bloomberg

12月10日(ブルームバーグ):米ブラックロックの会長兼最高経営責任者(CEO)として、ラリー・フィンク氏はドイツの国内総生産(GDP )を上回る規模の資金の運用を統括する。

世界最大の資産運用会社ブラックロックは、米ウォール街の投資銀行にとって最大のトレーディングパートナーであり、3兆4500億ドル(約288兆円)を管 理する巨人だ。

同社は今年、これら投資銀に計10億ドルの手数料を支払うもようだ。ニューヨークやニュージャージー、カリフォルニアを含む州の公的年金向 けに1兆4000億ドルを運用するほか、アブダビ首長国などの政府系ファンド(SWF)や中央銀行向けに2400億ドルの投資も手掛けている。

ブ ラックロックは米財務省にとっては、民間部門で金融助言を仰ぐ対象だ。同社は2008年の米保険会社アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG) と証券会社のベアー・スターンズの救済後、不良資産に投じられた公的資金少なくとも1500億ドルを運用した。同社の経営にはもちろんチーム運営的な側面 があるものの、フィンク氏(58)が指揮を執るブラックロックはウォール街の頭脳になりつつあると、ブルームバーグ・ビジネスウィーク誌(12月13日 号)は報じている。

同社の共同創業者で07年に退社したラルフ・シュロースタイン氏は「ブラックロックほど巨大な銀行やSWF、保険会社 は存在しない」と語る。現在はエバーコア・パートナーズのCEOを務める同氏は「ブラックロックは現在、世界で最強とは言えないまでも最も影響力の強い金 融機関の一つだ」と指摘した。

ほとんど無名

ただ驚くべきことに、ウォール街の外ではフィンク氏もブラックロックもほとん ど知られていない。債券取引会社として1988年に設立された同社は金融界ではあたかも全能の神のような存在となったのに、一般社会からは注目を浴びない ままだ。著名投資銀行ゴールドマン・サックス・グループにしばしば向けられる軽蔑も、そして称賛も受けていない。

ゴールドマンの資産運用部門はブラックロックと競合しているものの、両社は根本的に違う。ゴールドマンの事業の大半は投資ではなく、トレーディングが占めるためで、同社はまた、幹部が仰天するような巨額報酬をもらうことでも知られている。

これに対してブラックロックは、投資信託や上場投信(ETF)などを活用した年金基金などの機関投資家と個人向けの堅実投資に軸足を置く。自社向けのポジションを取ってもうけるというよりも、資産運用手数料で稼いでいる。


このブラックロック。
ちょっと前に書いたあのブルッキング研究所。
奴らのシンクタンクに近いヘッジファンドですよ。

ブルッキング研究所は、金融政策が得意なボストン派閥のシンクタンクです。
ボストンと言えば、ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学あるアメリカの頭脳。
なぜボストンなのか。
ボストン茶会事件を知ってる人ならピンと来るでしょう。


これから起きる暴落。
それはもう仕組まれてるのです。

それは、ブラックロックちゃんが日本人の大切な虎の子の年金をそっくりそのまま貰ってドロンするという話なのです。

ちゃんちゃん。

t02200321_0329048011670903709.png


本当にありがとうございますた。


・直近イベント:7/31(日)ダーチャプロジェクトin 山梨 小屋作り基礎開始

スポンサードリンク

 

独自サイトGolden News+立ち上げました ニュース配信中
FaceBookページ始めますた
金玉掲示板はこちら
人気ブログランキングに登録してます。ただいま3位!
↓1日1回応援クリック


関連記事
[ 2016/03/04 09:13:31 ] 経済情報
  最新記事
 応援クリック
1日1回、応援クリック!↓

人気ブログランキングへ
 サイトマップ
 このブログを検索
 カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2016年07月 | 08月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


 スポンサードリンク


    ブログパーツ