生物兵器が武漢国立研究所から漏れた 米ワシントンタイム紙、英デイリーメール紙が相次いで報道

スポンサードリンク

ヒャッハー!

さて、長野に帰って来ますた。

先日の金玉ナイトin新宿お疲れ様ですた。
それにしても、皆さん相変わらずヒャハーしてますたね。

新型肺炎などどこふく風。
恐怖はみじんも感じてない様ですた。
なんたる既知外っぷり。。
皆様のパワーに改めて感心したのは言うまでもありません。

さて新型肺炎の記事ばかりで申し訳ないのですが。
続報載せときます。

中国では死者56名になったとか。

めっちゃ増えてます。

まぁ、実際に報道されているのは5%だけで既に10万人に感染との情報もありますが。
これを見ると嘘を言ってるようには思えないのですが。

中国人さんの訴え。

で、以下は興味深い。

まずワシントンポスト紙が武漢の研究所から生物兵器が漏洩した可能性を報道してますね。

Virus-hit Wuhan has two laboratories linked to Chinese bio-warfare program

ウイルスに感染した武漢には、中国の生物兵器プログラムに関連する2つの研究所がある。

中国の致死性ウイルスを研究するための安全な研究所はそこにしかない。


イスラエルの生物兵器専門家によると、世界的に広がっている致死性の高い動物ウイルスの流行は、中国の秘密の生物兵器プログラムに関連した武漢の研究所から始まった可能性があります。

今週、中国の最も進んだウイルス研究所である武漢ウイルス学研究所を示す2015年の武漢テレビの報道を再放送した、とラジオ・フリー・アジアが報じた。

同研究所は中国で唯一、致死性の高いウイルスに対処できると公表されている。

中国の生物兵器戦争を研究してきた元イスラエル軍諜報部員のダニー・ショハムは、この研究所は中国政府の秘密の生物兵器プログラムと関連があると述べた。

特定の研究室研究所は、おそらく副次的少なくとも、まだいない中国のBWアライメントの主要施設として、中国では、研究開発の面で、生物兵器に従事してきた、とショハム氏はワシントン・タイムズに語った。

生物兵器に関する研究は軍民両用の研究の一環として行われており、「明らかに人目につかない」と同氏は電子メールで述べた。

ショハム氏は医学微生物学の博士号を持っている。1970年から1991年まで、中佐の地位にあり、中東および世界における生物・化学兵器戦争に関するイスラエル軍情報部の上級分析官でした。

うーん。
イスラエルの軍事諜報部員が証言しているのが意味深ですが。

こちらは英国デイリーメール紙です。
こちらも生物兵器が漏れた可能性を書いてます。
長いですが張っときます。

武漢国立生物安全研究所は、中国でもっともレベルの高い危険なウイルスを研究する施設だったようです。

発生源と言われる海産物市場から約20マイル(約32km)しか離れてないとは驚きですた。

China built a lab to study SARS and Ebola in Wuhan – and US biosafety experts warned in 2017 that a virus could ‘escape’ the facility that’s become key in fighting the outbreak
中国は武漢にSARSとエボラを研究する研究所を設立した。2017年に米国のバイオセーフティ専門家が、ウイルスがこの施設から漏洩する可能性を警告していた

中国は武漢にSARSとエボラを研究する研究所を設立した。

2017年には、米国のバイオセーフティ専門家が、ウイルスが漏洩する可能性があると警告していた。

科学者たちは2017年、SARSに似たウイルスが、その年に中国の武漢に設立された研究所から漏れて、世界で最も危険な病原体になる可能性があると警告した。

現在、SARSに似たコロナウイルスが800以上の地域で感染し、少なくとも他の10カ国に広がり、武漢市と近隣の州で25人が死亡した。

中国は、2017年に武漢において、エボラウイルスやSARSウイルスを含む最もリスクの高い病原体を研究する目的で、最大の安全性を確保した5から7つのバイオラボのうち最初のものを設立した。

メリーランド州のバイオセーフティー・コンサルタント、ティム・トレバン氏は『ネイチャー』誌に対し、この研究所が開設されようとしていたその年、中国特有の文化が研究所を危険に陥れるのではないかと心配していたと語った。

実際、Natureの記事によると、SARSウイルスは北京の研究所から何度も「漏洩した 」という。

武漢国立生物安全研究所は、海産物市場から約20マイル離れたところに位置しており、このアウトブレイクの発生地は偶然ではないかと考える人もいるが、科学界では現在、このウイルスが突然変異を起こし、市場での動物と人間の接触を通じて感染したと考えている。

ラトガーズ大学の微生物学者Richard Ebright博士はデイリーメール紙の取材に対し、「現時点では、疑いはない 」と述べた。

武漢ウイルス研究所にある武漢生物安全研究所は、中国が世界で最も危険なウイルスの研究のために設立された。

2015年に建設されたこの研究所は、安全性テストを受けていたが、2017年にオープンする準備がほぼ整っていた。

これは、バイオセーフティレベル4(BSL-4)の基準を満たすように設計された国内初の研究所であり、最も危険な病原体を扱う資格を持つことを意味する。

BSL-4の研究室には、気密性の防護服か、空気を介して感染する可能性のあるウイルスや細菌を密閉された箱に閉じ込めるための特別な「キャビネット 」作業スペースが必要だ。

世界中には約54のBSL-4研究所がある。

中国で最初の、武漢での認可は、2017年1月であった。

開設にあたっては、まずBSL-3の予防措置のみを必要とするプロジェクト、すなわちクリミア・コンゴ出血熱を引き起こすダニ媒介ウイルスのプロジェクトに着手する予定であった。

致死率の高い病気で、感染者の10から40%が死亡する。

SARSもBSL3型ウイルスだ。Nature誌に掲載された同研究所のYuan Zhimin所長のインタビューによると、武漢国立生物安全研究所はSARSウイルスの研究を計画していたという。

2018年の1月、同研究所は「BSL-4病原体に関するグローバルな実験のために 」と、Guizhen Wu氏は Biosafety and Health誌に記した。

2004年にSARSウイルスが別の研究所から「漏れた 」後、中国当局は安全性の向上だけでなく、研究所が出したウイルスそのものの研究を継続する能力の拡大にも取り組んだ。

武漢ウイルス学研究所の科学者たちは、高性能の防護服を着ている。

研究所の敷地内にある武漢バイオセーフティ研究所は、エボラやSARS+3のようなウイルスを含む最も危険な病原体を研究するために指定されている。

これらのHazmatスーツは、Wuhan lab+3で作業しているときに、呼吸によって感染するウイルスなどから科学者を守るためのものだ。

「2004年にSARSの研究所漏洩事件が起きた後、中国の旧厚生省は、SARS、コロナウイルス、新型インフルエンザウイルスなどの高度病原体の保存研究所の建設を開始した」 と、Guizhen Wu氏は書いている。

これらの研究所がどこにあったのかは不明だ。

武漢の研究室には動物の研究施設もある。

2017年、ネイチャー誌のインタビューに応じた科学者たちは、これがワクチンや治療法の開発にとって好機であることを認めました。

特に霊長類を対象とした動物研究の規制は、米国や他の欧米諸国よりも中国の方がはるかに緩く、つまりこれらの研究はコストがかからず、研究を制限したり遅らせたりする可能性のある障壁も少ない。

しかし、それはトレヴァンにとっても懸念材料であった。

209nCoVのようなウイルスの挙動を研究し、そのための治療法やワクチンを開発するには、これらの研究用サルに感染させる必要があり、これはヒトでの試験前の重要なステップである。

しかし、サルは予測できないとエブライト氏は警告する。

「走ることもできるし、噛むことで掻くこともできる。

いや、これは漏れたのか。

それとも、やっぱりアメリカ、イスラエルが中国一の研究施設の近くでワザとバラまいたのか。

本当は漏洩などしてない。
でも、この近くでバラまけば研究所のせいにできる。

まぁ、どっちか分かりませんが。

とにかく生物兵器に間違いない。

本当にありがとうございますた。


目指せYoutber:
祝!玉ちゃんねるスタート

メルマガ始めました:
2020/6/24 ある空軍大学の文章が今年を言い当てる パンデミックと米国債の紙屑化=借金踏み倒し計画

直近イベント:
・占星術で未来を読む 2020年ホロスコープ国際情勢分析 7月7日(火)夏至の後、7月から始まる変化変容の時

高田宏臣 出版記念トークライブ in山梨 2020年7月18日(土)

ショップ情報:
国産精麻 1300円

↓1日1回応援クリック

スポンサードリンク

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう