令和は色々ありますの~ スイッチオフの時代 悲惨のスパイラルに意識を向けない

スポンサードリンク

さて、選挙の話は後で書くとして。
またイヤーなニュースが先週流れてますたね。

以下、令和が酷いと話題に。

ついでに神奈川が酷いと話題に

令和いいわ~。
名前のごとく一度ゼロになる動き。

とかなんとか。
まぁ、これは全部印象操作です。
マスコミの役目はこれ。

大事なことは報道せず、どうでも良いことを針小棒大に報道する。

真実は以下。
殺人件数も交通事故者数も近年だだ下がり中。

交通事故者数にいたっては過去最低を更新中。

つぉぉぉ。
日本めっちゃ治安良くなってますやん。

近頃、物騒で嫌ね~。
そう眉をひそめてるそこのオバちゃん!
あなたは完全に洗脳されている。

本当は日本は平和になって良かったね~(*^-^*)ニコニコ
ヒャッハー!

ってなもんなのです。

まぁ、それもこれも。
恐怖を定期的に与えないと、皆さんが奴隷から抜け出してしまうのだから。
奴らも必死なんでしょう。

波動を下げないと自分達が消えてしまうのですから。

この事件はどうも偶然が重なり過ぎてる。

なんでその日だけセキュリティ切ってるのか。

なんだかやらせテロのような気もしますが。

とかなんとか。
もちろん妄想ですが。

皆さんは、こういうドヨーンとさせるニュースはいい加減見ない方が良いんじゃないでしょうか。

治安の良くなってる日本で、
本来あなたの現実にはなーんも関係ないではないですか。

以下は悪いニュースを見ると更に悪いニュースに目が行ってしまい、
悲惨のスパイラルに入ってしまうという調査結果です。

悪いニュースは精神を害しさらに悪いニュースを見るようになる「悲惨のスパイラル」を生み出す


by Aliyah Jamous

ニュースが人のメンタルに影響を与えることはこれまでも知られてきましたが、新たな調査で、災害や事件のニュースでメンタルに悪影響を受けた人は、その後に別の悪いニュースが報道された時により長い時間をニュースに割くようになるという「悲惨のスパイラル」が生まれることが示されました。

Obsessively Reading About Tragedies Can Trap You in a Cycle of Misery, Study Finds
https://www.sciencealert.com/study-shows-news-about-tragedies-can-trap-us-in-a-negative-emotional-cycle
Media exposure to mass violence can fuel cycle of distress, 3-year longitudinal study shows | UCI News | UCI
https://news.uci.edu/2019/04/17/media-exposure-to-mass-violence-can-fuel-cycle-of-distress-3-year-longitudinal-study-shows/
Media exposure to mass violence events can fuel a cycle of distress | Science Advances
https://advances.sciencemag.org/content/5/4/eaav3502


4165人の被験者を対象とした調査から明らかになったのは、災害や事件などの「集団的トラウマ」のニュースを見れば見るほど人は将来に対して不安を覚えるようになり、それがさらに「災害や悲劇のニュースを見る」という行動にかきたてるということ。

この研究を行ったのはカリフォルニア大学アーバイン校の心理学者であるRoxane Cohen Silverさんらの研究チーム。Silverさんは研究結果を受けて、「テロが起こった時やハリケーンのような災害があった時に、人々が不確かな将来を不安に思うのは自然なことです」と述べています。

この研究は2013年に起こったボストンマラソン爆弾テロ事件から2016年に起こったオーランド銃乱射事件までの3年間にわたるニュースのネガティブな影響を調査したもので、被験者は2013年から2016年までの間に4回のタイミングでアンケートに回答しました。過去にも「ネガティブなニュース」と「メンタルヘルス」の関連性を調査した研究は存在しましたが、今回の研究はより長期的な影響に着目したのが新しい点です。

by Roman Kraft

分析を行ったところ、研究者は「ボストンマラソン爆弾テロ事件の後にニュースをよく見たこと」と「その6カ月後に心的外傷後ストレス障害(PTSD)になること」の間に関連性を発見。そして、ボストンの事件でPTSDになった人は銃乱射事件の後にニュースを見る時間がより長くなることが判明しました。

「24時間常に流れ続け、モバイル技術によってどんどん増加していく事件の報道は、画像やビデオ、センセーショナルな物語とともに繰り返されることで、直接事件に関わる人以上の人々にインパクトを与えていきます」「集団的トラウマのニュースに繰り返しさらされることは、事件を直に経験しなかった人にもフラッシュバックのような症状を与え、長期にわたって悪影響を及ぼします」と研究を行ったRebecca Thompson氏は述べています。

人々がメディアにさらされ苦しめられることは、公衆衛生にとっても悪影響であり、調査結果を受けて研究者は「メディアはこれらの事件を報道する際、視聴者の心配や苦痛を過度にあおらず、センセーショナルな側面を和らげた方がよい」と示しました。

また研究者は、ひどいニュースを見た人々が「次に起こること」を予期するためにもソーシャルメディアに釘付けになるのは理解できる、としつつも、このような傾向が過度になりすぎると悲惨なスパイラルへと入りそこから出られなくなるとして一般視聴者にも注意を呼びかけています。

by Alex Eckermann

あなたはもっと悲惨なニュースに目を向けたいんでしょうかね。
悲惨マニアなんでしょうか。

なんでそっちに引っ張られるのでしょうか。

今後、あなたはどういう世界に住んでいたいのか。
あなたの望む未来は?

怖がらせ屋の流すニュースは、いい加減スイッチオフの時期です。

地球人誰もが持ってる創造のエネルギー。
そのエネルギーをおバカニュースに向けるのはもったいない。

あなたがいつも夢が叶わないのは、
こういうおバカニュースにひっぱられて創造のエネルギーを浪費してるせいです。

奴らは列車が別れてしまうので、
最後のあがきをやってるのです。

とにかく引っ張られて、波動を下げない。
波動で分からなければ、別の言葉で言うと機嫌を悪くしない。

機嫌を良くしてれば良い現実を味わえる。
あなたの持ってる創造の力をもっと望む現実に集中しよう。

ワタスは最近その力がどんどん強くなって
現実化が速まってると見てます。

本当にありがとうございますた。


目指せYoutber:
祝!玉ちゃんねるスタート

メルマガ始めました:
2019/11/28 CS60内部情報

直近イベント:
電気を自給自足しよう!祝!自作ソーラーパネル発電講座! in山梨 12月14日(土)

ショップ情報:
国産精麻 1300円

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう