AKIRAと晴海フラッグ 東京湾に現代のディストピア出現

スポンサードリンク

さて、トランプEXITの後には東京が来るんだ。

逃げろ~
考えるな!逃げるんだ!

とかなんとか。

はい。いつものワタスの妄想です。

さて、あのアニメAKIRA。

AKIRAのあらすじは1982年に都内で謎の巨大爆発が起きた。

そして、その後、壊滅した東京湾が埋め立ててネオ東京が建設された。

AKIRAはネオンきらめくそのネオ東京が舞台の物語ですた。

これって現在の湾岸の埋め立て地にそっくりですよね。

うーん。
やはりAKIRAの作者は未来を透視してたのか。

最近、あの晴海フラッグ。
まるでディストピアだと話題になってますたね。

いや、本当。
完全ディストピア化している。

それにしてもいつもワタスは東京湾岸。
お台場とか晴海とか。

良くこんなとこに高層ビルを建てて住むなぁ。
昔はここら辺は完全海だったのに。

その豪胆さに呆れはててます。


隅田川の河口には中州があった。
それを埋めてて大きくしたのが豊洲。

こんな高層ビル建てちゃって

現在の月島、豊洲、勝どき、晴海あたりの風景。

以下はあの葛飾北斎さんの冨嶽三十六景
武陽佃島(ぶようつくだじま)の絵です。

この絵が、今の晴海あたりですよ。
昔はこんな中州があっただけですよ。

人間は、不幸せにするような物を一生懸命発明して得意になっている。
困ったことに大多数の人間たちはそのバカな発明を奇跡のように思ってありがたがり、その前に額づく。

こんなところに高級マンション、ファッショナブルなどといって有難がって住む人の気が知れない。

バカは死ななきゃ直らない。

もし怪文書のとおりの地震が起きたら高層マンションごと海中に沈む。
すごい光景が見られることでしょう。

ここは住んじゃいけない場所だったんだ。
人の浅知恵を思い知る日が来ることでしょう。

本当にありがとうございますた。

イベント情報:
7/27(土) 超実践編!ソーラーパネル発電DIY講座! in山梨

祝!DENBA代理店になりました

ショップ情報:
在庫補充しました 黄金村の苗!

能登半島地震:
地球守活動募金先

ショップ情報:
自作ソーラーパネル発電講座 録画動画 7,000円

メルマガ始めました:
サポーター会員募集中(月額777円)

スポンサードリンク

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加

関西黄金村 隊員連絡網はこちら
友だち追加

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう