金融崩壊はユーロ発 あと数週間~数か月以内 スペインのベーシックインカムは宣言だけ

スポンサードリンク


ベーシックインカム?

最近、驚くニュースが多いですね。
先日の世界政府宣言もそうなんですが。

もう何でもありですね。

ベーシックインカムとは、働かなくても月30万。
はいどうぞ。
政府が国民一人当たり毎月支給してくれる有難い制度なのですが。

スペインが導入宣言と出てますたね。

スペインで「ベーシック・インカム」導入、経済大臣が宣言


新型コロナウイルスの感染者数が世界2位に達したスペインは、経済の立て直しに向け、可能な限り迅速に「ユニバーサル・ベーシック・インカム(最低所得保障制度)」制度を導入することを決定した。

4月5日、経済大臣のナディア・カルビニョが発表した新たなスキームは、終了期限を設けずに導入されることになる。カルビニョは現地メディアの取材に対し、感染拡大の脅威が去った後も、ユニバーサル・ベーシック・インカム制度は継続すると述べた。

予算規模などの詳細は未定というが、政府は既に導入に向けた調整を進めている。感染拡大による経済的ダメージからの復興に向け、スペインのペドロ・サンチェス首相は3月17日、2000億ユーロ(約24兆円)の支援策を発表していた。

支援策には1000億ユーロの政府による信用保証のほか、企業に対する無制限の流動性供給などが含まれていたが、ユニバーサル・ベーシック・インカムでこれを補完する狙いがあるとみられる。

スペインではロックダウンの開始から3週間で90万人が失業し、3月の失業者数は過去最大を記録していた。

カルビニョ経済大臣は現地メディアLa Sextaの取材に「ユニバーサル・ベーシック・インカムの導入に向けた手続きは、非常に煩雑なものになるが、我々のチームは決意をもって取り組んでおり、可能な限り迅速に導入する」と述べた。

びっくりしたなぁもう。

しかし、働かなくてもお金をばら撒く。
ってあんた。財源どうするの?

スペインはユーロでしょう。

日本の場合は、日本円だからそれはできる。
日銀が日本円を刷りまくって配れば良い。

他の国に反対されようが自国だけで決定できる。

でもスペインはユーロですよね。
自分の国だけの判断じゃできないでしょう。

ヨーロッパの中央銀行ECBにユーロばらまいて~とお願いしなきゃならないでしょう。

そんなことできるのか?と不思議に思ってたら案の定。

議論を16時間しても決着つかず。EU亀裂浮き彫りと出てますた。

新型コロナウイルス感染拡大のEU 経済対策で亀裂浮き彫り

EU=ヨーロッパ連合は、新型コロナウイルスの感染拡大で深刻な影響が出ている経済への対策について、16時間にわたって協議しましたが、資金の調達をめぐって意見が対立して妥協点を見いだせず、加盟国の間の亀裂が浮き彫りとなっています。

EU域内では、新型コロナウイルスの感染を抑え込むため、各国が外出禁止などの措置をとっていて、経済への影響が深刻化しています。

この対策を打ち出すため、EUは7日、ユーロ圏財務相会議を開き、資金繰りが厳しい加盟国に融資するEUの既存の枠組みや、ユーロ圏の各国が共同で発行して資金を調達する「ユーロ共同債」の発行などについて協議しました。

会議では、加盟国が債務を抱えることに慎重なオランダなどの北ヨーロッパ諸国と、強力な支援策を求めてきたイタリアやスペインなど南ヨーロッパ諸国の意見が対立し、各国は16時間にわたって妥協点を探りましたが、融資の条件などをめぐって最後まで折り合えませんでした。

会議のあと、スペインの閣僚は「これはEUの今後が問われている問題だ」と述べ、緊急時にも結束できない現状に強い不満を表明しました。

EUは、これまで連帯して新型コロナウイルスに対応していくことを強調してきましたが、各国間の亀裂が改めて浮き彫りとなっています。

バカなの?

イギリスがブレグジットしたのが1月31日。
その後にコロナが流行り始めた。

コロナはきっかけを作るだけ。
支配者層はリーマンショックがお遊びに思える程の金融崩壊を準備している。

何とも分かりやすいシナリオです。

多分ですが、今後。

イタリアやスペインの国債が暴落。

ユーロが支援策をあーだこーだ議論する。
議論まとまらず支援見送り。

イタリア、スペイン国債がついにヒャッハー!
デフォルトへ。

あっ。あああああああ。
ユーロ経済すっ飛ぶ デフォルトへ

アメリカ、日本に飛び火してヒャッハー!

あっ。あああああ。
世界経済すっ飛ぶ。

こういうシナリオなのでしょう。

もう次の金融崩壊はヨーロッパ発が決定した。

ちなみに、ロックダウン中のイタリア国債。
ジャンク債扱いになったと出てますたね。

イタリアにお金貸しても返ってこないよ~。
クズ債だから買わないようにね。
と格付けされてしまったということです。

先月3月20日頃。
覚えてると思いますが、イタリア国債は急落した。

国債暴落=利回り急騰。

この時は通貨の紙屑化来たー!と思ったものですが。

で、いかん!
欧州中央銀行ECBが緊急で7500億ユーロ(約90兆円)の量的緩和をして防いだのですた。

それでちょっと生き延びた。
でも、また最近になってイタリア国債利回りは上がり始めた。

以下はゼロヘッジさんからです。

言ってることはイタリアはギリシャと違って大きくて潰せない。
潰すとユーロ自体が終了してしまう。

スペインやイタリアはリーマンショック以来、経済立て直しをすると言ってたのに今まで何やってたんだ?

ふざけるな!
ヨーロッパの比較的金持ち国(オーストリア、フィンランド、ドイツ、オランダ)は怒って支援を拒否してる。

そうやって争ってる間にヨーロッパは逝ってしまうだろう。

今、経済の大地震が起きている。
後、数週間から数カ月の間にヒャッハー!してしまうだろう。
そう言ってるのですた。

COVID-19と迫り来るヨーロッパ単一通貨の崩壊

コロナウイルスが欧州経済に衝撃を与える中、欧州統一の最も目に見える象徴である欧州通貨ユーロが崩壊に直面している。

ユーロ圏は、ユーロを共通通貨として採用している欧州連合 (EU) 加盟27カ国のうち19カ国で構成される通貨統合であるが、深刻で長期にわたる景気後退の見通しだけではない。

欧州では、特にコロナウイルスの被害が深刻なイタリアとスペインが財政支援を受けられるかどうかで対立している。

3月13日、欧州中央銀行(ECB)のクリスティーヌ・ラガルド総裁は、イタリアからの大流行に対処するための財政支援要請を却下した。

同長官の発言が金融市場を混乱させた後、同長官は、ECBは「ユーロ圏にとって困難な時期におけるいかなる分裂も回避することに完全にコミットしている。」と述べ、イタリアのマタレラ大統領は、ECBには障害物よりも国境を越えた連帯を期待する権利がある、との見解を示した。

ECBは3月18日、政府債務市場の沈静化を図るため、国債購入に7500億ユーロ(8100億ドル)を投じると発表した。

ラガルド氏は「非常事態は非常な行動を必要とする。ユーロに対する私たちの約束に制限はない。」とツイートした。ガーディアン紙の経済編集者であるラリー・エリオット氏は、ECBの発表は、大規模な支援策がなければユーロ圏が崩壊の危機に瀕していた証拠だと書いている。

「状況は、イタリアとスペインの債券利回りが急上昇し、マリオ・ドラギの[2011年から2019年まで欧州中央銀行総裁]を引き起こしたときよりも、経済的にも政治的にも非常に危険である。」話すことが何であれ「2012年、何千人もの人々が死に、国境が閉鎖され、活動が崩壊する中、ヨーロッパのプロジェクト全体が危険にさらされている。」

3月26日、EU首脳はビデオ会議によって開催された仮想サミットの間、コロナウイルスに対する経済的対応について合意することができなかった。

その前日、ベルギー、フランス、ギリシャ、アイルランド、イタリア、ルクセンブルク、ポルトガル、スロベニア、スペインのユーロ圏9カ国は、コロナウイルス危機による被害を軽減するために、「コロナボンド」と呼ばれる共通の債務証書を要求した。

「私たちは皆、対称的な外的ショックに直面しています。どの国も責任を負うことはありませんが、その負の結果はすべての国が耐え忍んでいます。」と彼らは手紙で言った。

ユーロ圏の「質素な4人」と呼ばれるオーストリア、フィンランド、ドイツ、オランダは、南欧諸国の経済回復のために共同で債務を発行する案を拒否した。

ルッテ首相は、欧州連合「トランスファー・ユニオン」を設立し、単一通貨導入の土台を作ったマーストリヒト条約が想定していなかったユーロ圏をに変えるため、ユーロ圏の共同発行は「ルビコン横断」と述べた。「私は私たちが私たちの立場を変えるどんな状況も予見できない。」と、彼は言いました。

オランダのホクストラ蔵相は、議会への書簡で、コロナボンが、債務過剰の南欧諸国の経済改革を阻害することで、「モラルハザード」の脅威をもたらす、と警告した。

首相はまた、EUの行政機関である欧州委員会に対し、イタリアやスペインなどが2008年の金融危機以降、なぜ十分な経済改革を行っていないのか調査するよう要請しました。

オランダの新聞De Volkskrantが報じたところによると、欧州の外交官は、ホクストラ氏のコメントを、南欧に対する「ひどい侮辱」と表現した。

別の外交官は、このコメントは「南へのオランダの中指。」だと述べた。

・・

言い換えれば、もしコロナウイルスの危機によってイタリアが債務不履行に陥った場合、その影響はヨーロッパ全域、そして世界に波及するということだ。

イタリアはGDPが2兆ドル近くあり、「失敗するには大きすぎる、保釈するには大きすぎる。」と言われている、とアメリカンエンタープライズインスティテュートのフェローであるデズモンド・ラチラン氏は指摘する。

「ギリシャとは異なり、イタリアはユーロが存続するには大きすぎてつぶせない経済であり、欧州のパートナーにとっては大きすぎてコストのかかる経済で….を救うことができない。

「世界経済におけるイタリアのシステム上の重要性を測るに当たっては、同国の経済はギリシャの約10倍の大きさであり、ユーロ圏第三位の経済大国であることを念頭に置くべきです。

同蔵相は、 「同様に重要なのは、イタリアの国債市場が、日米に次ぐ規模にあり、2兆5000億ドル以上の債務残高を抱えていることだ。

「イタリアの債務不履行が欧州の銀行危機を引き起こさないというシナリオは考えにくい。そうなれば、世界的な経済・金融市場への影響が予想される。」

イギリスのインディペンデント紙の副編集長シーン・オグレディ氏は、今回のコロナウイルスの被害でイタリアが破産に追い込まれる可能性があると書いています。

「イタリアの危機はヨーロッパの危機だ。イタリアが風邪を引くとヨーロッパは肺炎にかかる。ユーロは、主要経済(イタリアはユーロ圏で3番目に大きい)が無秩序な混乱の中で崩壊することを許すことはできない。」

・・

ドイツ経済専門家会議のメンバーであるAchim Truger氏は、ユーロの崩壊を防ぐにはコロナボンドが必要だと考えていると述べた。

「ヨーロッパのすべての国、特にイタリアとスペインがこの伝染病の被害を受けている。したがって、ドイツを含むすべての国は、必要な医療支出を行い、経済危機を克服するための対策を講じることができなければならない。

これは追加的な政府債務を通じてのみ可能であり、これは再びユーロ危機を防ぐために保証されなければならない。

イタリアとスペインの債務負担が急増した場合、財政削減、ひいては経済・社会・政治の危機に追い込まれ、それが国家債務危機、ユーロ・EUの崩壊につながるため、結束した解決策が求められる。」

ドイツの経済学者であり、ヨーロッパ問題の著名な解説者でもある、ウェリントンに拠点を置くシンクタンク、The New Zealand Initiativeの事務局長であるオリバー・ハートウィッチは、ヨーロッパの苦境を次のように要約している。

「今日、ヨーロッパの国でうまくいっている国は一つもありません。つまり、ヨーロッパの国々がお互いに助け合う意志は限られています。彼らは自分たちの危機に対処するのに忙しい。イタリアがヨーロッパの危機に一人取り残され、今、中国から医療支援を受けている様子を見てほしい….

経済の大地震が起こりつつある。数週間から数カ月のうちに、欧州のいくつかの主要経済国は救済と支援策を必要とするだろう。

これは、ヨーロッパがこれまでに目にしたどんなものよりも数倍大きい。

しかし、どの国も中央銀行も機関も、それを提供しようとはしないだろうし、提供さえできないだろう。今テーブルの上にある巨大な金額でさえも十分ではないだろう。

「ところで、国際通貨基金のことは忘れてください。前回ギリシャに巻き込まれたときにはもう引き伸ばされていました。ユーロが崩壊する時、それはヨーロッパ全体を救済できない。」

まぁ、こりゃ当然ですね。

はい。
今年中に経済崩壊。そして来年が世界大戦。

そういうシナリオだとワタスは見てます。

もう元の世界にはどうやっても戻らない。
ヒャッハー!


もう。普通の理解力があれば次がすぐ分かることです。

今すぐヒャハる人=正常人です。

本当にありがとうございますた。


目指せYoutber:
祝!玉ちゃんねるスタート

メルマガ始めました:
2020/08/05 削除されまくってる動画

直近イベント:
・市川ジャンさん自然農オンライン!8/18(火)
・占星術で未来を読む 2020年ホロスコープ国際情勢分析 8月11日(火)今後の要注意日 火星の影響

ショップ情報:
国産精麻 1300円

↓1日1回応援クリック

スポンサードリンク

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう