学校教育=ケガレチ=人を腐敗させる場

スポンサードリンク

さて、発酵と腐敗の話。

これは菌だけの話じゃなく人間も全く同じですよね。

人が集まると場ができる。

そしてどんな会社でも何らかの組織でも団体でも
大きく分けて2つの方向に分かれる。

お互いに責め合って非難しあってる組織。
部下をしかりつけて萎縮させてる組織。

そういう組織は、どっかの立派なビルに入った会社だったとしても
一歩入るといやーな雰囲気を醸し出してる。

そして、なんだか知らないけど長く続かない。

そして逆にお互いに褒め合って従業員ものびのびやってる組織もある。
ふるーいオンボロ屋根の中小企業だったとしても、将来発展していく。

優秀な社長とか経営者はそういう場を作るのが上手い人なんでしょう。
斎藤一人さんもそういうイヤシロチ(発酵の場)を作る天才ですね。

当たり前ですが、ワタスだって同じ働くならそういう発酵組織で過ごしたい。

で、はっきりいって、現代社会というのは、もう全体が腐敗の場ですよね。
日本社会はケガレチ(汚れの場)。

不倫だとかなんとか。
なんとか発言で炎上とか。

なぜ人と人が仲良くなっただけで叩かれるの?
なんで思ったことを素直に言っただけで叩かれるの?

子供が自由に遊んでなんでうるさいって叩かれるの?

まさにケガレチ。

こんな金玉なんていう個人ブログすら匿名で毒言葉を投げかけて来ます。

もう現代社会はかなり腐敗した場になってるのです。

こんな指摘をしてる人がいますた。
安富 歩(あゆむ)さんという東大教授が学校に行かせるなと言ってるんですね。

「あなたが苦しいのは社会システムが狂ってるからです」東大教授・安冨歩の発言になぜ共感が集まるのか

・・
たまに満員電車に乗ると「なんなんだ、これは」と恐ろしい気持ちになります。

でもみんな平気で乗っている。平気なほうがおかしいんです。
みなさんがふつうの人を見て、「なんであんなことができるの」と思ったら、それは正しい問いなんです。

「おかしい」と意識することです。

システム全体が狂っていることを認識することが大事です。でも、そんなひどいシステムでも、それしかないから折り合いを多少はつけないと生きるための資源が手に入らない。どうやって最低限の折り合いをつけるかが問題です。

折り合いをつけるためには、ふたつのものが必要です。それは「最低限のお金」と「友だち」。

まず、生きるうえで必要なお金が少なくてすむところに移動する。家賃が安いところや食料が手に入りやすいところに行って生活する。そのうえで、必要最低限の収入をなんとか手にいれる。そうすればとりあえず生きていくことができます。

そしてそれ以上に大事なのが、友だちをつくることです。友だちがいないと生きていくのは難しいです。

少数でもいいから友だちをつくること。今はインターネットがあるから、つくろうと思えばどこにいても友だちをつくることができます。

「必要最低限の金」と「友だち」。このふたつがあれば、なんとかなる、というよりそれが「人間が生きる」ということなのです。多くの人は、無意識に「自分のなかの最低限」を引き上げていってしまうので、ずっとお金が足りず、そのうえ、友だちがひとりもいません。

「学校なんか行くな、行かせるな」と伝えたいですね。なぜならあそこはものすごく危険で無意味な場所だから。

意味のない情報を詰め込まれたうえに、友だちにいじめられて自殺に追いこまれたり、教師がセクハラしたり、えこひいきしたりする。なんでそんな危険なところに行かなきゃいけないんですか。

そもそも学校のモデルは軍隊です。明治のはじめに読み書きそろばんと国民意識を植えつけるために学校をつくった。そんなことをいまだに続ける必要ないでしょ、と思うんです。

昔は学校へ行かないと何も習えなかった。どこにも知識がなかった。本を読むだけでもお金がかかるので、学校にアクセスしたほうが効率よかったんです。だけど時代が進むにつれて、本を自由に買えるようになった。さらに今ではインターネットがあるから、学びたいことを学びたいだけ、タダで学べる。そんな時代に学校に行く意味なんてそもそもないんですよ。

そう。学校なんて行かせるな。

もうネットで学べる環境がいくらでもあるのに。
もう勝手に自分で週休4日ぐらいにして休めばいい。

なんでわざわざそんな汚れた危険な場所に行く必要があるでしょうか。

ワタスは学校教育というのは、まさに人を腐らせる、ケガレチの代表だと思ってます。

おいおい。
そんな完璧な人がいるかよー
これはある小学校で入学前に配られたプリントです。読んで笑ってしまいますた。

要求高っ!
大人すらこんなことできないのに。

学校では、子供の頃からあんたはそこがダメだとか。ここがダメだとか。
散々、ダメ出しされて過ごす。

それで成長すると腐ってしまって立派な腐敗菌に育つ。
腐敗菌に成長したあなたは、今度は、他のピュアな菌に毒を吐いて腐敗菌に変えてしまう。
腐敗スパイラルのできあがりです。

この日本で育った人、今の学校教育をうけて育った人はみーんなケガレチ、腐敗の場からのスタートです。

だからワタスはもうケガレチからの影響をなるべく少なくしよう。
最低限の関わりだけにしてバカな腐敗言葉から遠ざかろう。

自分だけのイヤシロチ(癒しの場)を作ってそうやって、自分で自分を癒しているのですた。

多くの人が忘れ去ってしまってること。

実は、その昔、我々は発酵の世界にいた。

この世界には今と真逆の場があるのです。
お互い自由に自分の心に従ってのびのび生きられる。
発酵の場がある。
みんな忘れているだけなのです。

本当はお互い褒め合って、認め合って、笑い合える真逆の世界がある。

今、現代社会は本当に逆の底に向かって行こうとしてます。

多くの人が本当に大事なことを思い出した時に反転する。
悪が極まれば反転する。

今は、その大事なことを確認するプロセス。
ここを通り抜ければ真逆の世界に戻る。

ワタスはそう思ってます。

本当にありがとうございますた。

これはユーミンさんの風立ちぬです。


戦争前の1920年代。
日本は不景気と貧乏、病気そして大震災とまことに生きるのにつらい時代でした。
何故か今日浮かんできた歌でした。


※直近イベント:
玉蔵 トークライブin札幌 9/21(金)18:00~
スペシャル対談!原田武夫さん×玉ちゃん in丸の内 10月13日(土)17:00~

ショップ情報
新発売!黄金の日焼け止めを知らないか?2,520円

新刊連動ブログ:
久しぶりの有望ICO MIDEX

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!現在、投資・金融部門アマゾンランキング30位 売れてます!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう