株が下がって来たが 明日からのFOMC

スポンサードリンク

さて、株価なんですが。
うーん。

これは。。
かなり下がってます。

c681ZCVA_000002611.jpg

選挙前は日経平均は一時1万8千円まで行ったのに。
いきなり1万6千700円へ暴落。
あっという間に千円以上の下げです。

なんでも、原油価格の下落に伴う、ルーブル暴落が原因だとか。

これは、ワールドビジネスサテライト(WBS)の岡田 晃氏の分析
逆石油ショックと言ってます。

http://news.mynavi.jp/column/economytsubo/006/
株価は選挙後に大幅下落、最大の原因は原油価格の下落

今 回の自民党の勝利は、このようなアベノミクスに対し有権者が一定の評価を与え、さらに今後の成果に期待を込めた結果と言えます。ところが株価は選挙後に大 幅下落しました。月曜日(12月15日)の日経平均株価は272円安、火曜日(16日)は344円安となり、1万7000円台を割り込んでしまいました。

この最大の原因は原油価格の下落です。原油価格の下落は本来ならプラス材料なのですが、現在の状況はプラスの効果よりマイナス面が材料視されています。これ については本連載の第5回(12月1日付け)の最後で指摘しましたが、原油価格の下落がロシアなどの産油国経済に打撃を与えるリスクの方が前面に出てし まった形です。あまりにも短期間で原油価格が下落して歯止めがかからないためで、そのことが世界経済に悪影響を及ぼすとの懸念から世界的な株価下落となっ ているのです。いわば「逆石油ショック」です。また最近発表された欧州や中国の経済指標が良くなかったことも世界経済悪化との懸念を強める一因となりまし た。

これは日本の総選挙とは別の動きで、株価もすでに選挙の1週間前から下落が始まっていました。株価下落が円高にもつながっています。 世界的には米系などの大口ファンドが多額のドル資金を使って国際的な投資行動を進めていますので、米国の株価が下落すると、より安全とみられる日本円に資金を移すようになります。それが円高となるのです。こうした動きを市場では「リスク・オフ(リスク回避)」と呼んでいますが、円高になると日本株はより下 落することになります。

こうしてみると、日本の株価と円相場は海外の動きに大きく左右されることがわかります。ですから日本経済が弱けれ ば、その影響は一段と大きくなってしまします。最近ではリーマン・ショックがその代表例です。それだけに、日本経済自身がしっかりしていなければなりませ ん。この観点からもアベノミクスの真価がこれから試されることになるでしょう。

おそロシア。。。
ルーブルが暴落して対ドルで半値以下になってしまったとか。
日本円が一ドル300円ぐらいになるようなものですね。

これはルーブルチャート
http://goo.gl/6PHZDN

c681ZCVA_000002608.jpg

まぁ、しかし。
こりゃ単なるプーチンさん攻撃の報道でしょう。
ワールドビジネスサテライトなどは欧米勢の洗脳メディアですからこのような提灯コメントを出すのでしょう。

実を言うと騒ぐほどには、ロシアはそれほどダメージを受けてません。
ロシアはすでに準備通貨の米ドルを捨て去ってます。

前にも書きましたが、APEC会議でロシアは原油取引を中国元で決済すると署名してました。
ロシアはすでに完全にドルからルーブルを切り離してます。
準備通貨は中国元にしている。
なので、対米ドルでいくらルーブルが下がったところでそれほどダメージはないでしょう。

ロシアがもう終わりだなどと騒いでるのは単なる欧米メディアのプーチンさん攻撃。
当のロシアはそれほどダメージを受けてないのですた。

そんなことよりワタスが注目しているのは、今日から始まるFOMCです。

FOMCというのはFRBの会議のことです。

FOMC
Federal Open Market Committeeの略。
FOMCは、FRB(連邦準備制度理事会)の理事7名と地区ごとの連邦準備銀行総裁5名で構成。
アメリカの今後の金融政策を決定する最高意思決定機関。定期的に約6週間ごと年8回開催される。

インチキ偽札製造機関FRBの代表が一同に会して今後の政策はこう決めますた。
と発表する会議です。

ワタスが前から言ってるように、FRBが利上げをするのかしないのか。

前までの声明は「とうぶんの間、利上げしません。」という声明でした。
今回の焦点は、その一文がいよいよ削除されるかどうか。
もし削除されたらどうなるのか。

ちなみに以下はリーマンショック時の原油チャートです。

原油価格は、2008年7月3日から暴落が始まって、2008年12月22日まで続いてます。
c681ZCVA_000002610.jpg

で、以下は株価チャート
原油の暴落が始まって、その最中の2008年9月15日から株価暴落が始まっています。
で、最終的に2008年10月28日には6994円になっています。

riman_shock20141217.jpg

なんだか、今と状況がそっくりなんですが。

リーマンショック時と同じ動きだと仮定すると。
年末から来年2月ぐらいまでに大暴落ということになるでしょう。
米国でも暴動が起きている今、やるとしたらベストタイミングではないでしょうか。

まぁ、しかし。

ったく。

前から経済崩壊を待ち望んでいたのに全然嬉しくありません。

この寒いのにモヒカンなど。
たまったものではありません。
それに、株価暴落より、ワタスは豪雪によるビニールハウスの大暴落。

ヒャッハーーー!!

豪雪の中、モヒカンでビニールハウスの修繕作業。

ぜんぜん嬉しくないではないですか。
どうしてくれるんでしょうか。

本当にありがとうございますた。

ちなみに2015年はいろんな人が経済崩壊の予想本を出してるんですね。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう