リンゼィ・ウィリアムズ 最新情報オバマが金融エリート達を裏切った

スポンサードリンク

さて、前から、結構当たるので注目していたリンゼイ・ウィリアムス氏の情報

なにかオバマが金融エリート達を激怒させたとか。
オバマがエリート達を裏切った?
等の情報が出ています。

興味深いのでメモしておきましょう。

リンゼィ・ウィリアムズ氏は、2007年に1バレル170ドルだった原油価格がそのうち1バレル150ドル以下になると予測した時、多くの人たちは価格が それほど下落するはずがないと笑っていました。しかし2008年夏には1バレル147ドルになりました。彼は当時、9か月~12か月以内に原油価格が1バ レル50ドル以下にまで暴落すると予測しました。そして2008年11月に50ドル以下にまで暴落したのです。
ウィリアムズ氏はエリートらの内部情報を伝えているのです。彼はアメリカの支配層(エリート中のエリート)に親しい友人がいるのです。彼の友人が驚くべき情報(秘密アジェンダ)を彼に伝えています。

4か月前にウィリアムズ氏は原油価格はそのうち暴落すると伝えていましたが、実際、今年の夏には115ドルだった原油価格が今では56ドルまで暴落しています。なぜ、ウィリアムズ氏は原油価格が暴落することを2ヶ月前に我々に警告してくれなかったのでしょうか。
彼のウェブサイトを見ると、彼は定期的にメールで最新ニュースを配信していたのが分かりました。そこには、ウォール街の関係者からの情報として。。。原油価格は下落し続け、最終的には無料になるだろうと言っています。

以 前は、ウィリアムズ氏の友人(エリート中のエリート)が原油価格が下落する前に彼にそのことを伝えていたのですが(エリートらが原油価格を決めていたた め。)。。。現在は、エリートらが原油価格を決めているのではないため、価格の推移が予測できないそうです。つまりエリート以外の誰かが原油価格を決めて いるのです。
オバマ大統領はケリー国務長官をサウジアラビアに送り、原油価格の下落に関する協議を行わせています。
ウィリアムズ氏によ れ ば、エリートらはオバマに言葉に表せないほど激怒しているそうです。オバマは後に大きな問題を起こす重大な事をやってしまったようです。それは。。。聖書 のエゼキエル38-39章に記されていることが現実に起きているかのような状態です。(IMFも米政府を蚊帳の外に置き始めました。
現在、オバマとエリートらの間に大きな溝(問題)が生じています。アメリカやサウジアラビアはシリアのアサド政権を支援しているロシアとイランに打撃を与えるために原油価格を下落させているのです。

※翻訳は日本や世界や宇宙の動向さんより

6月にリンゼィ・ウィリアムズ氏が彼の友人(エリート中のエリート)から聴いた2015年のアジェンダを有料DVDで伝えています。
この9か月間、ウィリアムズ氏は沈黙を続けていました。しかしエリートが計画しているアジェンダを知ったウィリアムズ氏はこれ以上秘密にしておくわけにはいかないと沈黙を破りました。
ウィリアムズ氏が教えてくれたエリートの2015年のアジェンダを以下にリストアップしました。
7年の周期で大きな出来事が起きています。2015年には特別な出来事が起きるでしょう。

・金融システムが崩壊する。
・住宅市場、株式市場、デリバティブ市場が大混乱する。
・多くの企業の倒産
・神の介入(聖職者の介入?)
・9月~10月に新しい準備通貨の誕生に注意せよ。

オバマが目覚めた?
ということは金融エリート達の計画、2015年の金融崩壊はなくなったんでしょうか。
良く分かりませんが。

とりあえずベンジャミン氏等も言うように、何か重大なことが起きてるんでしょう。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう