当たり前がなくなる日もある ひまわりの約束

スポンサードリンク

さて、来週月曜は楽し嬉しの金玉ナイト。
2次回はたいていカラオケに行きます。
ちょっと人数が増えすぎなので後ちょっとで締め切ります。→ 申込フォーム

さて、以下は、たまたまに見つけた動画。

カラオケバトルという番組です。
バカバカしいのですが、昨日見ててちょっと一人でしばらくウルウル( ;∀;)してしまいますた。

のび太の元をドラえもんが去っていく時の話は泣けますよね。

秦基博-300x259

ドラえもん映画の主題歌を歌ってました。

友達と言えば。

ワタスが思いだすのは、
もうこのバカ!
どアホ!
思わず、毒づいてしまうどうしようもない人がその昔いました。

金玉村では、伝説の男と呼ばれているシュウさんという人です。
金玉村は、最初は、まったくなーーんもない、腐ったような古民家を借りるところから始まったのです。

誰もいない、何にもない場所なので誰も住みつかない。
そこに、都内から原チャリ一つでやってきた男がいた。
まだめちゃくちゃ寒い日だったと思います。
そして、何もない古民家に住み着いたシュウさんを助けるため全国から物資があつまって
人が集まり始めたのです。

もう馬鹿でアホで。
一人で富士の樹海ツアーとか。
青ヶ島に行こうとか。
八丈島ツアーとか。
突拍子もないことを思いついては実行する。
くだらなさ100%。おバカ100%の人でした。

そしてルールも守れない人でした。
シェアハウスの大掃除がはじまったら、こそこそと逃げて温泉で休んでるとか。
粗大ごみは捨てるのが面倒なので、畑の中に埋めてしまうとか。
ずるくって、怒られたら逃げて。
でも、憎めない男だった。

ダメダメだけど本当に優しい人だった。
いつもニコニコしていた。
バカすぎて、みんなが脱力して和む人でした。

みんなからシュウさんシュウさんと慕われて
あの童話モモさんみたいな人でした。

そういう人もいなくなると寂しい。

また、日本のどこかを放浪してるんじゃないか?とワタスは思っています。

いつもケンカしているトモダチとか、家族、親だったり。
いつも一緒にいるとそれが当たり前になって、
いつしか、その人の良い面ではなく
ダメな面ばかり見えて来るようになる。

人間とは不思議なもので当たり前のことを忘れ、不平不満ばかり言うようになる。

同居なんかすると、ほんとに悪い面ばかり見えて来て
イライラしてケンカになる。

でも、一緒にいるのも、本当は当たり前じゃない。

友達だったり、ペットだったり。
ペットは人間より寿命が短いのだし、子供は成長すれば家を出て行ってしまう。
親はいつまでも生きてる訳じゃない。
良く考えれば本当は一緒にいることが当たり前ではなくて、
いつしかいなくなってしまう。

だから問題ばかりに目を向けないで、ちょっとの欠点には目をつむって
一緒にいる時間を大事にしよう。
今、一緒にいる日々が有り難い。もっと大事にしよう。

そう思った動画でした。

本当にありがとうございますた。

ひまわりの約束 歌詞

そばにいること なにげないこの瞬間も 忘れはしないよ
旅立ちの日 手を振る時 笑顔でいられるように

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう