金利が上がって来た 1.7 % → 2.3 % 米国債投げ売り中

スポンサードリンク

さて、トランプさん当選からだいぶ経ってるのでデモが収まってると思ったんですが、まだやってるみたいですね。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161116/k10010770751000.html
トランプ氏当選から1週間 各地で抗議デモ続く 11月16日 6時30分

アメリカ大統領選挙でトランプ氏の当選が決まってから1週間になりますが、アメリカ国内ではトランプ氏に影響されたと見られる差別的な言動や嫌がらせが相次いでいて、マイノリティーの人たちなどから不安の声が上がっています。

抗議デモにはマイノリティーの人たちも
首都では数千人の高校生が抗議デモ

何たるしつこさ。
ったく、アルバイトさん達も頑張りますね。

一方、株価ですが。
ワタスはトランプさん当選で猛烈な円高と株安になると思ってたんですが。

なんでしょうこれは。
為替110円まで行ってますね。 日経平均も今日見たら1万8千円行ってますた。

ap201611037zxcv12adaoigc1950873bazoxlvc9day14aoz000496

なんたる動きでしょうか。

で、一方で金利が急騰してます。

これは米国金利。
1.7から2.3まで上がってます。
ao201611037zxcv12adaoigc1950873bazoxlvc9day14aoz0004934

そのせいで米国ではいきなり住宅ローンが4%になったそうです。

https://zuuonline.com/archives/128299
住宅ローン金利が4%に上昇 史上空前の高金利到来?ーー米国

http://japanese.joins.com/article/647/222647.html
トランプ発の住宅ローン金利ショック…緊張する韓国

金利と債券価格は逆なので、つまり国債暴落ということですね。

これを受けてヤバい!
昨日、日銀が初めて指値で国債の買いオペやりました。

日銀初「指し値オペ」 米国発の金利上昇けん制狙う
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/economic_confe/list/CK2016111802100011.html
米国や日本で金利が上昇する中、日銀が17日、固定価格で国債を無制限に買い入れる「指し値オペ」に初めて踏み切った。

指値の買いオペなどと書くから分かり難いのですが、
やってることは自分が発行した借用証書を自分でお金を刷って買っただけです。
指値というのはいくらでもいいから買ってやると言って買っただけです。

二人羽折というかたこ足食いというか。
またジャブジャブ紙を刷っただけなのです。

なんでこんなことをやるかというと、金利が上がると金融機関の損失が膨大になる。
仮に金利が1%上がると金融機関は6兆円の損になり
日本政府などは750兆円の国債を発行してるから50兆円損するのでした。

海外記事ですがこんな記事がありました。

The Election of Donald Trump Is Already Having an Enormous Impact on the Economy
ドナルドトランプ当選は、既に経済に甚大な影響を与えている
http://theeconomiccollapseblog.com/archives/the-election-of-donald-trump-is-already-having-an-enormous-impact-on-the-economy

ドナルド・トランプの当選は米国経済と米国の金融システムに衝撃を広げました。
11月8日以来、ダウが最高値に達して、米ドルも強くなっています。

しかし株式とは異なり、債券はトランプ勝利に非常にネガティブに反応しています。
先週、債券トレーダーが悲惨な目にあいました。

そしてそれは今後、以下のように米国の消費者に劇的な意味合いを持っています。

CNNが指摘しているように、わずか2日間にわたるこの債券市場の「暴力的な反応」は
過去10年以内に3回起こっています。

10年債の金利は、選挙前に1.77パーセントから、2.3%に急騰しました。
ブラックロックのRuss Koesterichはこれを「暴力的な反応。」と呼びました

この動きは、すべてのアメリカ人に広範囲で影響があります。

米国政府はお金を借りるために多くを支払う必要があります。
また住宅ローン金利や車のローンのコストも上昇します。

米国債は他の多くの信用形態のベンチマークとして使用されています。
金利が上昇すると私たちの社会の中で、事実上誰もが痛みを感じるようになります。

車を購入するためのカーローンは以前より高くなりますし、クレジットカードの金利も上がります。
卒業した者は学生ローンの支払いにさらに苦しめられるでしょう。

しかし、最大の影響は、住宅市場でしょう。
30年固定住宅ローンの平均レートは、心理的に重要な4パーセントの壁に達しました。
それは2017年の住宅市場にとっては大きなトラブルを意味するでしょう。

金利上昇は、2008年の金融危機を起こした重要な要因の一つでした。
多くの人はそれが再び起こることを恐れています。

2008年のリーマンショックがまた起きる。

ワタスはかなり前から経済崩壊の前のサインは金利が上がることだ。
リンゼイ・ウィリアムズ氏の言葉を借りて言って来ました。

何度も言うように
金利が上がる=電源強制シャットダウンです。

じゃぶじゃぶに刷られたお金が出回ってるのは単に金利が低いからです。

誰もが安い金利で資金を調達して株につぎ込んでるから株が上がってるだけです。
住宅市場も安い金利で資金を借りて運用しているだけです。

いきなり金利が上がればそれを返金しなきゃならない。
で持ってる株や住宅を投げ売りする。

1929年のアメリカや日本のバブル崩壊の時と同じことがまた起きるだけです。

Sponsored Link

そして以下はいつものゼロヘッジからです。
今、中国とサウジが猛烈に米国債売ってます。

これは中国。

0-33usbondchart

これはサウジです。
今年から猛烈に売りまくってます。
0-34usbondchart

合計で、現在までに3747億ドル = 41 兆円の米国債が叩き売られてるとありました。

0-32usbondchart

そしてトランプさん当選でこれが加速しました。
債権暴落で金利がどんどん上がってます。

という訳で、今まで来る来る。
ずーっと言い過ぎてワタス自身が飽きてしまったのですが。

こりゃ本当に来るわ。
バーバパパさん大当たり。

トランプさん就任までに経済危機が起きて、第二南北戦争が起きる。
これは当たりでしょう。

そしてトランプさん当選を当てた原田武夫氏は次は日本デフォルトと言ってます。
これも当たりでしょう。

今、水面下でとんでもないことが起きている。

ったく。
これから長野は猛烈に寒くなり氷点下15度まで行くというのに。

真冬にモヒカン。。
ガクガクガクガク。

ワタスが一番恐れていたことが現実化しそうです。

10134464482_s

本当にありがとうございますた。


※直近イベント:
トークライブ波動学3回目 in新宿 2017年7月29日(土)18:30~
トークライブ in大阪 2017年8月11日(金)18:30~

ショップ情報
固定種苗、今期最後パプリカ、ミニトマト


スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう