アラン・ワッツさん 学校教育の目的=つながりを切ること

スポンサードリンク

さて、新宿トークライブ。 お疲れ様ですた。

最近、ヤマーダ氏は芸にキレが出てきますたね。
岡本太郎さんのモノマネがひじょーに似ていて笑ってしまいますた。

さて、当日、我々が口角泡を飛ばして言ったことですが。
とにかく学校教育を受けるな。
宿題をするな。

ワタスは学校教育の最大の弊害は、今を生きられなくなることだと思ってます。

思い出して見て下さい。
学校に行く前はいつも今を生きてた。

でも、学校に行きはじめたら、なぜか将来のために生きるようになった。

以下は、イギリスの哲学者 アラン・ワッツさんの言葉です。

あなたは「今」を生きていますか?

君が初めて学校へ行った時のことを覚えているかい?

幼稚園へ行ったよね

幼稚園っていうのは一年生になるための準備だった。

その後、2年生、3年生、4年生へと進学していった。

そして君は高校生になった。人生にとって、大きな節目とも言える時代だ

高校では、よりよい成績をおさめ、大学に合格できるようにかなりのプレッシャーがかけられる

そして大学へ行ってからは、卒業してちゃんとした社会人になるために次から次へとやることがあり

めでたく晴れて社会人となれたところで

今度は成功しなくては・・・
その道を極めなくては・・・・と
頑張り続けることになるのだ。

つまり、君の前にはいつまでも登りつめなくてはならない。山が存在し続けるのだ。

そしてある日君が人生の中盤40-45歳になったころ

突如目が覚める

なんてこった!気がついたらこの年だ。

よくよく考えるといつも同じようなことを感じてきたな。

実際、騙された気がしないでもない

吾ながら馬鹿らしくなる。いつも何かのために生きて

すっと「今」を生きてこなかったなんて!

何度も言うがそうやって先のことを考えて生きること、計画を立てることが後に役に立つものだ

君は思い込んできた

将来のことを計画しても役には立たない

なぜなら
その時が来たら、それは「今」となりその時、君はそこにいないからだ。

君はその時もまた
決してやって来ることのない
また次の未来に生きているからだ

つまり、そんな感じで人は「今この瞬間」の行動がもたらす恵みを
受けることもできないし、喜ぶこともできないでいるのだ。

「今この瞬間」に100%生きられるまで

本当の意味で君は生きることができないのだ。

そう。
なぜか気づいたらいつも同じことを感じて生きてた。
なぜかいつも何か目の前に越えなきゃ行けない山がある。

気づいたら、将来のためばかりに生きてる。

ワタスは言いましたね。

今や人工知能が大学入試のほぼ7割の大学に受かるレベルになってる。
医師国家試験だってAIが解くレベルになってます。

http://healthpress.jp/2017/02/post-2820.html
人工知能が東大受験や医師国家試験に合格できるか? 臨床現場にAIがデビューする日

だったら暗記ものをやる意味は?
みんなに人工知能端末を持たせて受験させれば良いですよね。

入試試験に何の意味があるんでしょうか。

まぁ、当たり前ですが。
学校教育とは檻に入れるため。
人々を心の檻に入れるのに暗記ものが必要なのです。

この課題をあんたは乗り越えなきゃならないんだよ。
今を犠牲にして将来の準備をしなきゃならないんだ。

どんな無意味な課題でも良いのです。今を犠牲にできれば何でも良いのです。

日本人はうまく洗脳され過ぎた。
もう最近は、枠にはまりすぎた人ばかりになってる。

だからちょっとでも枠から抜け出す人を全力で叩くようになってる。
みんな優秀なエージェントになってしまった。

ほぼ9割の人は今を生きてない。
それは宇宙とのつながりがぶち切れた人ということです。

だから今を生きてる人の足を引っ張りたくてしょうがない。
まさに岡本太郎さんの言うとおり卑しい電波どもになっているのです。

宇宙とのつながりを切られた人は、

いつも自分と他人を比較して生きてる。
いつも人の目を気にして生きている。
そしてたった今やりたいことじゃなく、いつも将来の準備をしている。

どれかに当てはまる人はつながりが切れてる人なのです。
純粋な心を忘れてしまってるのです。

とにかく学校教育は受けるな、受けさせるな。

皆さんもお子さんがいたら夏休みは宿題なんかさせない。
宿題なんか宿題代行サービスにさっさと頼む。

そして今を生きる!
体を使って野山を駆け巡る。
そうした方がよっぽど将来のためになるというものでしょう。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう