フリーメーソンと数字の11  11/11(日)歴史スペシャルin福井

スポンサードリンク

さて、またも株価下がってますね。
これは昨日の株価。

さて、そんな中。ワタスは福岡にも札幌にもいく。
最近では大手町では元外交官さんとご一緒する。

ワタスの尊敬するあの一発芸芸人の皆様。
エスパー伊東氏、テツandトモ氏、ダンディ坂野氏等々。

どうも聞くと、この伝説の方々は地方巡業で稼いでいるという。

うーん。
素晴らしい。
ワタスも芸人の端くれとしてこの方々に続かねばならない。

という訳で、今度、どこ行こうかな~
場所がとれたので来月、福井行きます。

ヒャッハー!
福井とってもいいね。

くほほほ

福井と言えば、やはり越前ガニでしょうかね。

カニ食べ行こう~

非常に楽しみです。

ちなみにワタスは、美味しい料理と美人をスタンバって頂けると全国各地に行きます。
なんなら海外も行きます。
リクエストお待ちしてます。

さて、今回は山田高明氏と一緒にやります。
以前のトークライブが好評だったのでまたやることになりますた。

なんと日付も11月11日(日)。

11の不思議。
このブログを昔から読んでる方は知ってる話かもしれません。
9.11、3.11。
なぜか世界的な事件になる日は11日が多い。
photo.png
なぜなんだ。。
ワタスは過去に何回も書いています。
11という数字には何らかの隠された意図がある。

11というのは、どうもあの全国冷やしそうめん愛好会。
フリーソーメンさんが大好きな日らしい。

太古の昔。奴らの神殿。
ソロモン神殿の前にこーんな柱があったからという説が一般的ですが。 600x339.jpg

054kirisuto5.jpg

ソロモン神殿の前にはこういう2つの柱があったんですね。
数字の11はこの柱を表しているという説があります。

この2つの柱は、ボアズとヤキンと言います。奴らのシンボルになっているのです。jachin_boaz.jpg
略してB,Jなどと言ったりもします。

天球儀と地球儀の乗った二本の柱は内部が宇宙的な広がりをもつことを意味する。
ヤキンは「確立」、ボアズは「力」を意味しており、ふたつあわせて「安定」を意味する。

その昔、フリーソーメンとして知られている、トーマスグラバーさん。
長崎のグラバー亭にも2つの柱がありますた。
grabartei.jpg

フリーソーメンさんの儀式では入会の際、確かこの2本の柱をくぐる儀式をやるのでした。111120backstage_1.jpg
masterscarpet1-copy4.jpg

McL_masonic12-215x300.jpeg

とかなんとか。
まぁ、これは単なる噂です。

中世の建築物を多く建てたフリーソーメンさんたちは2本の柱を基本にした建築物が大好きとも言われています。

ロンドン ウェストミンスター大寺院
dsc_3954_01.jpg

パリ ノートルダム寺院
notredame06.jpg 

このように
image010.jpg

2本柱というシンボルをいろんな建物に埋め込んでいるのですね。

新宿都庁ももしかしたらフリーソーメンさんの建物かもしれません。
image014.png
とかなんとか。

そもそも、この2つの柱は何らかの意図があって作られたものとワタスは見てます。

ワタスの解釈では、11というのは世界支配。
資本主義と共産主義。
アメリカとロシア。
等々。

わざと力の拮抗する2つを並べ世界のバランスを取る。
世界支配の仕組みを表してるのでは?

そして確かに調べると、世界の権力層の歴史を見ると大きく分けて2つの派閥がある。

バチカンvsフリーメーソン
それは
ローマカトリック(旧教)vsプロテスタント(新教)とも言える。

中世以から20世紀
ヨーロッパを支配したのは強大なハプスブルグ帝国でした。

そしてテンプル騎士団はハプスブルグに壊滅させられ散り散りになって逃げました。

それが地下に潜って、中世以降のフリーメーソンの元になったと言われています。
その逃げたテンプル騎士団を庇護する貴族達もいた。

どうもナポレオン戦争以降、そのような貴族達が力をつけてスイスに結集した可能性が高い。
ヨーロッパの歴史は語り出すと長いのです。

例えばスペインと言えばハプスブルグ、カトリックの国ですが、
そこから独立した国オランダはプロテスタントの国です。

そして、知る人ぞ知る会議。
あの世界のビルダーバーグ会議はオランダのビルダーバーグホテルで開催されますた。

1954年に最初の会議が開かれその名の由来となりました。

ビルダーバーグ初代議長は、オランダ王室のベルンハルト公です。
オランダのユリアナ女王の旦那さんです。

ベルンハルト・ファン・リッペ=ビーステルフェルト

ビルダーバーグ会議はオランダ貴族が開いたのです。
なぜオランダなのでしょうか。

オランダはプロテスタントとして独立しましたが、独立できなかった隣の国ベルギー。
なぜかそこには世界の重要機関がひしめいています。

オランダは日本との関係も深い。
オランダは日本が鎖国していた間も唯一貿易が許された国でした。

どうもここら辺。
どの地域、どの時代でも、2つの勢力が歴史を作り、
そしてそれらが絡み合っている。

ヨーロッパでは、ハプスブルグvs周辺貴族
大昔にはエジプトvsメソポタミア。
日本になるとそれは南朝vs北朝。

現代においては、それがCIAやNSA内部の闘争になってる。

まるでDNAの螺旋構造のようです。

今起きてることを正確に読み取るには歴史を知る必要がある。
でも、歴史と言っても奴隷用の学校教育が教える偽の歴史ではなく真実の歴史です。

山田高明氏は、真実のヨーロッパの歴史にひじょーに詳しい。
ワタスはフリーメーソンさんの出自、エジプト、そして世界王室連合のお話しましょう。

そして来年以降の未来予測、未来の世界地図もお見せ致しましょう。

という訳で、越前ガニを食べつつフリーメーソン、そして世界権力について語る会。
良く分からない会ですが、お好きな方はお越しください。

以前、やったときは長すぎて時間が足りなくなったので
今回は昼の部と夜の部に分けてやります。

中東メソポタミア~現代ヨーロッパ、そして日本の歴史までやります。

本当にありがとうございますた。

・11月11日(日)歴史スペシャルin福井 昼の部 13:00~17:00
・11月11日(日) 歴史スペシャルin福井 夜の部 18:00~21:00

2部構成で長い歴史を語ります。
できれば両方出て下さい。

・エジプト、メソポタミアから始まる歴史
・ヨーロッパの歴史
・フリーメーソンとは?
・バチカンVSフリーメーソン
・日本の南朝VS北朝
・世界王室連合について

現在のタイムライン
・ディープステート(影の権力)について
・ユダヤ金融財閥の上にいる貴族達について
なぜスイスなのか?

2019年予測
・経済崩壊(株価暴落)は?
・北朝鮮および中国の動き
・アメリカ、ヨーロッパの動き
・仮想通貨の未来は?

聖書と様々な予言からの近未来予測


※直近イベント:
玉ちゃんが元キャリア外交官・原田武夫氏になんでも聞いちゃいます!in大阪 2018年12月1日(土)
同上 in福岡 2018年12月22日(土)
玉蔵&山田貢司 年忘れトークライブin 新宿 12月27日(木)

ショップ情報
新発売!黄金の日焼け止めを知らないか?2,520円
予約発売!Q Tシャツ2,000円

新刊連動ブログ:
久しぶりの有望ICO MIDEX

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!現在、投資・金融部門アマゾンランキング30位 売れてます!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう