日月神事 春節から始まる流れ 今起きてる流れが分かってない人が多すぎる②

スポンサードリンク

さて、なんだかな~。
昨日、ワタスは麓に行ったのですが。

トイレットペーパーのみならず。
お米が売ってないのにびっくりしますた。

デマが発端とはいいつつ。
各地で色んな物品に買い貯めが波及しているようですた。

川崎民は籠城の構え。

令和米騒動勃発中。

アメリカにも波及中。

イタリアもそうなんですね。

うーん。
なんたること。
こんな田舎の長野でさえ買いだめに走るのかよ。

まぁ、ワタスは何年も前から備蓄してるので心配ないんですが。

1ヵ月前に武漢で起きてた流れ来てますね。

ちなみに、もはやあまり意味ないですが今日の感染者数。

うーん。
正直、こういう数字は意味がなくなった。

海外で日本帰りの人が感染というニュースが色々出るようになって来た。

北海道は相当前にアウトブレイクが起きてたので当たり前です。

大阪もそうでしょう。

これは昨日、3/1時点の世界の感染増加数です。

増加数と死者計
中国 575人増 死者計2,870人
韓国 813人増。死者計17人
イタリア 239人増、死者計29人
イラン 205人増、死者計43人
日本 8人増、死者計5人

日本だけたったの8人増な訳ないでしょ!
常識で考えれば分かる話です。

という訳で、まだ今起きてる流れを理解してない人がいるので書いときます。

皆さんは日本の有名な予言書、日月神示は、ご存知ですね。
麻賀多神社(まかたじんじゃ)という千葉県成田市の神社でおろされた神示です。

以下は、麻賀多神社(まかたじんじゃ)です。

場所はここ。

千葉の成田市にあります。

1944年。

神典研究家で画家の岡本天明さんという人の筆先が突然
漢数字、独特の記号、抽象絵、そして、かなの混じった訳の分からない文字を書きなぐり始めました。

その当時は、書いた本人の天明さんにもほとんど読むことが出来ませんでした。

その後、その文字を神典研究家などの仲間が協力して解読したのが日月神示です。

で、こんなことを書いてますよね。
色々張っときます。

子(ネ)の歳真中にして前後十年が正念場、世の立替へは水と火とざぞ
磐戸の巻 第十六帖

今年はもちろんねずみ年です。

子(ネ)の年が今年とすると、前が2010年、後ろが2030年。
とすると今の流れは2030年まで続く可能性がある。

日月神事は旧暦で書かれていますよね。
で、確かに2020年の旧暦の正月からこの流れが始まってます。

旧暦の正月と言えばもちろん春節です。
春節から確かに今回のコロナ騒動は始まった。

以下は『黙示録の騎士』。ヴィクトル・ヴァスネツォフ作(1887年)。
yohane1280px-Apocalypse_vasnetsov.jpg
キリスト教予言書のヨハネの黙示録では、来年から殉教者の苦しみ期間が来ると言ってます。

日月神事もヨハネの黙示録も。
同じ集合意識から読み取って書かれたものだと思ってます。

この流れ。
つまりコロナ騒動など始まりに過ぎないという話です。
次は、戦争か天変地異か。

ヨハネの黙示録にも同じ記述がありますが。
日月神事には、地震と雷、火の雨で洗濯すると書いてあります。

第三十九帖 (三九)
 地震かみなり火の雨降らして大洗濯するぞ。よほどシッカリせねば生きて行けんぞ。カミカカリが沢山出来て来て、わけの分らんことになるから、早く此の理(みち)をひらいて呉れよ。神界ではもう戦の見通しついてゐるなれど、今はまだ臣民には申されんのぞ。改心すれば分りて来るぞ、改心第一ぞ、早く改心第一ざ。ひつくのか三。

日月神事には、一日に10万ほど死に出したら神の世が近づく証拠と言ってます。
いくら買いだめしても無理と言ってるのですね。

上つ巻 第25帖 (025)
一日に十万、人死にだしたら神の世がいよいよ近づいたのざから、よく世界のことを見て皆に知らして呉れよ。

この神は世界中のみか天地のことを委(まか)されてゐる神の一柱ざから、小さいこと言ふのではないぞ、小さいことも何でもせなならんが、小さい事と臣民思うてゐると間違ひが起るから、臣民はそれぞれ小さい事もせなならんお役もあるが、よく気をつけて呉れよ。北から来るぞ。

神は気もない時から知らして置くから、よくこの神示、心にしめて居れよ。

一日一握りの米に泣く時あるぞ、着る物も泣くことあるぞ、いくら買溜めしても神のゆるさんもの一つも身には附かんぞ、着ても着ても、食うても食うても何もならん餓鬼の世ざ。

早う神心にかへりて呉れよ。この岩戸開くのは難儀の分らん人には越せんぞ、踏みつけられ踏みつけられている臣民のちからはお手柄さして、とことはに名の残る様になるぞ。元の世に一度戻さなならんから、何もかも元の世に一度は戻すのざから、その積りで居れよ。

欲張っていろいろ買溜めしてゐる人、気の毒が出来るぞ、神よく気をつけて置くぞ。

この道に縁ある人には、神からそれぞれの神を守りにつけるから、天地の元の(てん)の大神、くにの大神と共に、よく祀りて呉れよ。六月の三十日、ひつくのか三。

で、自分だけ助かろうとする心。
我よしはダメと言ってます。

「どこへ逃げたら助かるのぞと云う心我よしぞ。何処に居ても救う者は救ふと申してあろうが」

「身魂みがけた人間ばかり、神が拾い上げてミロクの世の人間とするのぞ、どこへ逃げても逃げ所ないと申してあろうがな」

これは不思議な記述ですが、人間は、獣として地を這う人と、空を飛ぶような人に2極分化すると書かれています。

富士の巻 第19帖 (099)
 神世のひみつと知らしてあるが、いよいよとなりたら地震かみなりばかりでないぞ、臣民アフンとして、これは何とした事ぞと、口あいたまま何うすることも出来んことになるのぞ、四ツン這ひになりて着る物もなく、獣となりて、這ひ廻る人と、空飛ぶやうな人と、二つにハッキリ分かりて来るぞ、 獣は獣の性来いよいよ出すのぞ、火と水の災難が何んなに恐ろしいか、今度は大なり小なり知らさなならんことになりたぞ。一時は天も地も一つにまぜまぜにす るのざから、人一人も生きては居れんのざぞ、それが済んでから、身魂みがけた臣民ばかり、神が拾ひ上げて弥勒(みろく)の世の臣民とするのぞ、どこへ逃げ ても逃げ所ないと申してあろがな、高い所から水流れるやうに時に従ひて居れよ、いざといふときには神が知らして一時は天界へ釣り上げる臣民もあるのざぞ。 人間の戦や獣の喧嘩位では何も出来んぞ、くどう気附けておくぞ、何よりも改心が第一ぞ。八月の二十六日、 のひつくのかみ。

これも不思議な記述です。
半霊半物質の世界に移行すると書いてます。
人類ではないものに進化する?ということなんでしょうか。

五葉の巻 第十六帖

マコトでもって洗濯すれば霊化される、半霊半物質の世界に移行するのであるから、半霊半物の肉体とならねばならん、今のやり方ではどうにもならなくなるぞ、今の世は灰にするより他に方法のない所が沢山あるぞ、灰になる肉体であってはならん、原爆も水爆もビクともしない肉体となれるのであるぞ、今の物質でつくった何物にも影響されない新しき生命が生れつつあるのぞ。岩戸ひらきとはこのことであるぞ、少し位は人民つらいであろうなれど勇んでやりて下されよ、大弥栄の仕組。

AKIRAというのは東京オリンピック中止予言で注目されてますが。

本来は、こっち予言の方を注目すべきですよね。

AKIRAは超能力を持つ少年少女が出てくる話です。

ワタスは2020年。
いよいよ。進化した人達が出てくる。
それは、このブログでずっと前から言ってることです。

で、ワタスは半霊半物質の世界というのは、
備蓄したりとか、自分だけ助かろうとすることとは真逆だと思ってます。

今の流れは半霊に近づくので益々、似たものが引き寄せ合う。
それが益々、激しくなる。

今、4千憶匹のイナゴが中国に向かってる。

ワタスから言わせると中国自体がイナゴですよね。

環境を破壊しつくし、自然を汚染し尽くし。
それで一体一路でどんどん世界に増殖する。

イナゴのような国にイナゴが引き寄せられただけでしょう。
似た者は引き寄せ合う。

だから、我よしで買いだめに走る人。
そういう獣のようなゾンビ同士で固まって住むようになるのです。

良くスピリチュアル系の人が言うこと。
波動を高くすればコロナに罹らないよ。
怖がったり気にするからコロナに罹るんだよ。

でも、中国で真っ先に罹ったのは、
ヒャッハーー!

4万人の大宴会してた人達ですよね。
日本で真っ先に罹ったのはカジノとギャンブルのクルーズ船の人達でした。

こういう人達はスピ系で言うところの著しく波動が高い人達ですよね。

お酒を飲んで、ギャンブルやって美味しい物をたらふく食べて、
環境を汚染しつつ、多くの生物を絶滅させつつ。

上機嫌で笑って生きる人達。

奥様方がグルメしながらスピリチュアル。
はい。それも良いでしょう。

でも、ワタスから言えばインチキスピリチュアル。
我よしスピリチュアル。

普段の生活を顧みずポジティブシンキングすれば大丈夫。

それは、何かの宗教の信者が、私は敬虔な信者だから助かると言ってるのと一緒です。
自分勝手な理屈。都合の良い勝手な妄想。

ワタスはこのブログでずっと前から言ってること。

美意識。

ワタスは普段、遠くアルプスの山々を見てると感じることがある。

物質文明が進み過ぎて、人々は心を失くし分離され過ぎた。
今の世は、それが究極まで来た。

貧富の差は益々激しくなり。
派遣やアルバイトでひいこら働く人達。
一方でギャンブルを楽しむ大金持ちがいる。

こんな世界が長く続く訳ないだろう。
それは前からずっとある違和感です。

本当は自然は、全ての生き物が等しく楽しく暮らせるように
何もかも与えてくれてた。

それなのに、勝手に自分の物にして争って奪い合って暮らしてる。
本当は与え合えば何も足りなくない。
楽しく暮らせるのに。

あなたの美意識は警告を発していないでしょうか。
宗教とかスピリチュアルとか言っている間に、感覚を研ぎ澄ました方がいい。

もっと自然に目を向けた方が良い。

限りなく優しく美しい富士山。日本の象徴。
fujisan20130330.jpg
自然は無償で何もかも与えてくれるお母さんです。

お母さんが争い合う子供たちを見て何と思うでしょうか。
バカな人間の行いが直るのをずっと静かに待ってくれた。

それに気づいた時。

わーー。ごめんなさい。
ごめんなさい。

心の中から分かることがあるのじゃないでしょうか。

今の流れは表に出てた者が引っ込む。
隠れてた者が前に出る。

互いに一つになること。
我々が互いに励まし合い、愛し合わなければならない時が来たのだぞ。

物質を追い求めるのではなく。

弱いもの同士いたわり合い助けあう。
一つ屋根の下に生きる愛のある世界に行こう。

自然を見てたら分かる。
今の流れが分かる。

予言書を読まなくてもメッセージが分かる。
これはこのブログでずーっと前から言って来たことです。

考えるな感じるんだ。

本当にありがとうございますた。


目指せYoutber:
祝!玉ちゃんねるスタート

メルマガ始めました:
2020/08/31 安部首相辞任の背景

直近イベント:
・市川ジャンさん自然農オンライン!9/10(木)
・占星術で未来を読む 2020年ホロスコープ国際情勢分析 9月11日(金)10月に起きる事

ショップ情報:
国産精麻 1300円

↓1日1回応援クリック

スポンサードリンク

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう