UFO技術ついに公開? 米軍がUFOの特許技術を出願  TR-3Bの飛行原理について

スポンサードリンク

ヒャッハー!

さて、今日はクリスマスの中、
独りぼっちで四畳半でペヤングを食べるいたいけな隊員達へ。

ワタスからのささやかなクリスマスプレゼントです。
極秘情報をお送りしましょう。

とかなんとか。

昔から米軍はすでにUFOを開発している。
その名はTR-3Bアストラという。

そういう噂は絶えなかったのですが。

こんな動画も沢山アップされてますた。

 

で、なんとなんと。

最近、驚きの情報が出てきますた。

なんと、2018年の段階で、アメリカ海軍の航空戦センターがTR3Bとおぼしき特許を出願してた。

飛行原理は、帯電した外壁と、同じく帯電した内壁を共振させるようですた。

張っときます。

米海軍の特許には「フライングトライアングル」船のEMドライブが記載されている

電磁駆動装置と超伝導体を専門とする海軍内の研究組織である海軍航空戦センター航空機部門に勤務する航空宇宙技術者サルヴァトーレ・セザール・パイス博士が出願した2018年の特許には、陰謀の金字塔の可能性がある。

特許(US10144532B2)には、「慣性質量低減装置を使用したクラフトは、内部共振空洞壁、外部共振空洞、およびマイクロ波エミッタから構成されている」と記載されている。

帯電した外部共振空洞壁と電気的に絶縁された内部共振空洞壁は共振空洞を形成します。

マイクロ波エミッタは、共振空洞全体に高周波電磁波を発生させ、共振空洞を加速モードで振動させ、外側共振空洞壁の外側に局所的に分極された真空を形成する。

この飛行機の形状は、空飛ぶ三角形を模したものです。

2019年8月、The Driveは、特許の詳細を明らかにするために海軍に情報公開法の自由を要求しました。

それらの要求に答えられたかどうかはまだ不明だが、米国特許商標庁(USPTO)の公開特許出願情報検索データベースを介してさらに調査すると、超伝導体と電磁場発生装置は、実際にはすでに何らかの形で動作している可能性があることが明らかになった。

特許に記載されている技術がすでに稼働しているということは、海軍がUFOを作っているということなのだろうか。

で、以下のサイトにもっと詳細が載ってます。

https://www.thedrive.com/the-war-zone/28729/docs-show-navy-got-ufo-patent-granted-by-warning-of-similar-chinese-tech-advances

で、読むとびっくりするのは、なんでわざわざこんな極秘中の極秘。

UFO技術なんて特許出願するんだ?
そんなことしたら技術が盗まれるだろう。

と思いきや、

もう既に中国に技術を盗まれて類似技術を開発されてしまった。

先日、200万人の共産党スパイリスト流出のニュースを載せますたが。
共産党スパイはどこにでも入り込んでる。

で、米軍が大事に隠してた虎の子のUFO技術も盗まれてしまった。

つぉぉお。
こりゃまずい。
先に特許とられちゃうぅ。

と、中国の先の出願を防ぐために先に特許出願したようですた。

なんたること。。

長すぎるので機械翻訳を途中まで張っときます。

資料によると、米国海軍は中国の類似技術の進歩を警戒して「UFO」特許を取得したことを示してる

米国海軍長官は、メリーランド州パチューセントリバーにある海軍航空戦センター航空機部門(NAWCAD)本部に勤務する航空宇宙技術者の特許を取得したいくつかの急進的な航空技術の譲受人としてリストアップされています。

これらの特許の1つは、「ハイブリッド航空宇宙-水中クラフト」を説明しています。革新的な電磁推進システムのおかげで、空中、水中、宇宙空間での速度と操縦性の本当に驚異的な偉業が可能であると主張しています。

遠回しに聞こえる?
あなただけではありません。米国特許商標庁(USPTO)の一次特許審査官もそう考えていました。

しかし、その後、海軍航空企業の最高技術責任者(CTO)が個人的に審査官に宛てた手紙を書き、中国はすでに「かなりの投資をしている」として、米国は特許を必要としていると主張した。

これは、中国は、類似した先端技術を活用している航空機を開発しているのか、あるいはすでに飛行しているのか、海軍は今、追いつこうと必死になっているのか、という疑問を投げかけています。

サルヴァトーレ・セザール・パイズ博士の不思議な発明

米海軍の奇妙な武勇伝と、その隊員が定期的に空で未確認物体に遭遇していることを突然認めようとしていることは、ますます奇妙なものになっています。

なぜ突然の方針転換なのか?これらの遭遇を公開する動機は何なのだろうか。

あらゆるタイプのニュース・アウトレットがこの問題を何ヶ月も議論してきたが、実際に何が起きているのかはまだ正確にはわからない。

明らかに、国防総省と海軍が慎重に物語をコントロールしています。

私たちが推測できるのは、ここ数年の間にメディアを通じて一般に公開されたものや公の記録を基にしたものだけである。

そうは言っても、まだ発展途上のサーガに最も好奇心をそそる追加事項は、サルバトーレ・セザール・パイズ氏(NAWCADの航空宇宙技術者)によって提出された奇妙な航空宇宙特許のセットである。

発明者とこれらの特許についてできるだけ多くの情報を調べようとしているときに、USPTOのデータベースにあるいくつかの補足文書に出くわしましたが、これは海軍の指導者がこれらの技術が実際に実現可能であることを知っていることを暗示しているか、あるいは我々や他の誰かに実現可能であると思わせようとしているようです。

サルバトーレ・セザール・ペイス博士については、ほとんど情報がありません。

知られているのは、彼が1999年にケース・ウエスタン・リザーブ大学で機械・航空宇宙工学の博士号を取得したことと、現在は海軍のトップ航空機試験基地であるメリーランド州の海軍航空基地パチューセントリバーでNAWCADの航空宇宙技術者として働いていることです。

ペイス氏は、電磁推進、革命的な室温超電導体、そして博士論文のようなトピックでの彼の仕事を記述したいくつかの記事を発表し、米国航空宇宙学会の会議で論文を発表してきました。

「コフローとクロスフローの両方の構成のための低重力条件の下でのバブル生成」

NASAは、彼らがここに彼らのウェブサイト上で持っているコピーを、彼の論文に資金を援助しました。

彼の出版物の完全なリストはここで見つけることができます。

海軍の特許を取得したハイブリッド水中航空宇宙艇

奇妙な形をした「高周波重力波発生装置」、室温超伝導体、小惑星を偏向させることができる「電磁力場」発生装置、そしておそらく最も奇妙なのは、「慣性質量低減装置を用いたクラフト」というタイトルのものである。

どれもかなり突飛な響きだが、後者は海軍航空企業の最高技術責任者がUSPTOへの手紙の中で、中国がすでに同様の能力を開発していると主張して、個人的に保証したものである。

この特許が最初に出願されたのは2016年4月28日で、ニミッツ空母打撃群が奇妙なチックタック型の航空機に遭遇してから10年以上が経過し、海軍航空基地オセアナとNASノーフォークから飛行する複数の中隊にまたがる海軍パイロットが未確認の航空機との一連の奇妙な遭遇を経験してから1年近くが経過していますが、その中のいくつかはチックタックのようにエキゾチックな性能を持っているように見えました。

一方、ペイス氏の特許にある航空宇宙と水中のハイブリッド機は、信じられないほどのスピードと操縦性を持ち、空中でも水中でも宇宙でも熱痕を残さずに飛行することができると説明されている。

これは、クラフトが物理学の法則を悪用することによって、「最も基本的なレベルで私たちの現実のファブリックを設計する」ことができるので、これは可能である」とパイズ博士は、特許で主張しています。

それを現実にするために必要な工学は何もないが、コンセプトはかなり単純です。

すべての物質は量子レベルのエネルギーを含んでいます。

理論的にそれ自身の信じられないほど密で偏光したエネルギー場を作成することによって、ハイブリッドクラフトは、それが相互作用するどんな空気か水分子を撃退することを可能にする自分自身の周りの量子の’真空’を作成することができると主張されています。

したがって、クラフトは、本質的に、空気力学か流体力学力を無視することができます、または、そう、特許で主張されています。

ハイブリッド航空宇宙水中クラフト(HAUC)について記述している彼の特許と出版物を通して、パイズ博士は、このクラフトが可能であるとされている速度と操縦性の根本的な偉業は、「高周波の軸スピン」または「加速された振動」と「電気的に帯電したシステムの高周波振動」との結合によって達成できると書いています。

言い換えれば、もしあなたが

a)信じられないほど高い量のエネルギーを貯蔵することができる室温の超伝導体を作成することができるならば、

そして

b)その超伝導体によって作成されたエネルギー場を、信じられないほど高速で移動するか、またはクラフトの周りまたはクラフトの中で得ることができるならば、

あなたはそれの周りに、基本的にそれの周りの空気または水のエネルギーを無視することを可能にする分極されたエネルギー真空を作成することができ、それによって方程式からそれ自身の慣性と質量を取り除くことができます。

彼の最も最近の出版物では、パイズ博士 は、ハイブリッド航空宇宙水中クラフトは、フロントまたはリアから丸い表示されます大体円錐形の車両として説明します。

“HAUCは円錐形の構成で、断面が楕円形で、形状的には超音速グライドビークル/ダーツに似ています。

興味深いことに、パイズ博士のいくつかの出版物の中のクラフトの記述と「慣性質量減少装置を使用したクラフト」の特許でさえ、ファラデーケージによって遮蔽された乗組員のコンパートメントのための部屋を含んでいます。

ハイブリッドクラフトの特許が2018年に承認された直後、パイズ博士は、今年1月過去にサンディエゴで開催された2019年アメリカ航空宇宙科学技術フォーラムで、別の関連論文「Room Temperature Superconducting System for Use on a Hybrid Aerospace Undersea Craft」を発表した。

論文の中で、パイズは、”室温超電導(RTSC)の達成は、科学技術の総パラダイムの変化を可能にする、非常に破壊的な技術を表している “と書き、その “軍事的、商業的価値はかなりのものである “と付け加えています。

論文に記載されている機能は、確かに過去数年間の海軍のUFOの話に続いている誰にでもよく知られているように聞こえるはずです。

ハイブリッド航空宇宙海中クラフト(HAUC)を想定することが可能であり、水中での極端な速度(水と皮膚の摩擦の欠如)と強化された空中/水中ステルス能力(RFとソナー信号の非線形散乱)を可能にする水中クラフトとして機能することができる。

このハイブリッド船は、電磁場による空気・水粒子の反発と真空エネルギーの分極効果により、真空・プラズマの気泡・鞘に包まれることで、空中・空間・水中を容易に移動することが可能となります。

これは、ひじょーに興味深い。

米軍がずーっと前からエイリアン技術を隠し持ってた。
UFOからリバースエンジニアリングで同じものを作ってるとの情報は得ていたのですが。

結局、中国に盗まれて公開せざる得なくなってきたのか。

今後もどんどん公開されて民間でもUFOを作れる時代が来るかもしれない。

本当にありがとうございますた。


直近イベント:
・占星術で未来を読む 2020年ホロスコープ国際情勢分析 1月19日(火)大統領選の行方
・波動学1月15日(金)
メルマガ始めました:
2020/1/9 気になる怪文書 その2

目指せYoutber:
祝!玉ちゃんねるスタート

ショップ情報:
国産精麻 1300円

↓1日1回応援クリック

スポンサードリンク

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう