ワクチン接種者からブルートゥースMACアドレス検出される謎 その③

スポンサードリンク

ヒャッハー!

さて、前の続きなんですが。

ワクチンを打った人からはブルトゥースでアドレスが検出されてしまう。

またまた~
んなわけないだろ~とワタスも最初は信じなかったんですが。
どうもそれは事実だった。

で、どういう仕組みかというと
最初、液体状態で体内に入れて、
それが乾いたら、体内で電子回路が浮き出て来る仕組みだった。

ちなみに液体で体内に入れる時に、ハイドロゲルという状態で入れる。

ハイドロゲルというのは要するに紙おむつとかゼリーとか寒天とか。
水分が含まれてぶにょぶにょしてる状態。

身近にあるハイドロゲル

私たちの生活には、意外とハイドロゲルが多いのですよ。

例えば、ゼリー、寒天、ソフトコンタクトレンズ、紙おむつ。

 

固体が溶媒を吸い込んで膨潤し、それ自体に流動性がない物質の形態をゲルといいます。

「溶媒=水」の場合をハイドロゲルといいます。

固体は高分子とは限りませんが、高分子である例が圧倒的に多いです。

出典:heritagebites.org

ハイドロゲルの骨格は、画像のように三次元の網目構造になっており、網目構造の中に水分子が入り込み、ぷよぷよとした状態になります。

小さいお子さんがいらっしゃる方には紙おむつが身近ですよね。

自宅で実験してみました。

紙おむつを分解し、中の吸収性ポリマーに水を加えた様子を撮影した動画です。

で、その水が含まれたハイドロゲル状態の中に、グラフェンという金属を入れていて
水が乾いたら回路が浮き出て来る仕組みのようですた。

グラフェンというのは鉛筆の芯をめっちゃ薄く一枚はがしたものです。

以下がグラフェン。

炭素原子1枚分の薄さしかないシートです。
炭素が、六角形の格子状に組み合わさったこのようなシート。

それが重なり合ってできたのが鉛筆の芯です。

グラフェンを作りたかったら、鉛筆の芯をめっちゃ薄く(原子一個分)剥がせば
グラフェンができる。

で、グラフェンは何が凄いかというと。

薄いのでめっちゃぐにゃぐにゃ曲げられて柔軟。
それなのにダイヤモンド並みの引っ張り強度を持つ。

それと導電性がめっちゃ良い。
つまりめっちゃ電気が流れる。

で、
以下は、グラフェンをある磁界の中に入れると、
グニャグニャ動きながらつながっていき回路状になっていく様子。

見てるととっても気持ち悪いですね。
面白いので良くみてみて下さい。

この現象をテスラフォレシスと呼んでるようですた。

まぁ、これが本当かどうかは分からないんですが。

で、以下、前回なんてこった!と叫んでた
スペインの研究チームのリカルド・デルガドさんからの続きです。

グラフェン、自己組織化、およびマイクロテクノロジーの識別

リカルド・デルガド: 今、私たちが見ているのは、あの有名なハイドロゲルの中に浮かんでいる典型的なグラフェンですね。

今回のサンプルが非常に特殊な条件で保管されていたことは承知しています。

それは、ハイドロゲルが簡単に蒸発しないようにするためでした。

ほらね。論理的に理解できましたね。

グラフェンには、折り目のような非常に特徴的な部分があります。
グラフェンの端は通常、折りたたまれています。写真とビデオが混在していますが、これは何ですか?

非常に明確なことですが 明らかに、この種の物体はどれもワクチンの中に入っているべきではありません。

あなたも、それらが何であるかをすでに知っています。

そして、光学顕微鏡でも、最大の倍率で見なくてはいけないということです。
これも非常にわかりやすいですね。

しかし、グラフェンは自己組織化するものではありません。

グラフェンは、電話機のアンテナから出るギガヘルツ帯の電波を倍増させるために存在しています。

そして、これらの自己組織化された構造(今から見るもの)が結合して機能するようです。

いいですか?

自己組織化。

グラフェンはテラヘルツ帯で機能するからです。

つまり、グラフェンはその信号を増幅するのです。

これは明らかに、3つの異なる構造体の結合または自己組織化です。

これらはジグザグに配置されています。最近、科学論文で見たのと同じです。

ここにもう一体来ました。

左側のものは、その絡まりに加わる途中です。

そして、それらが体内でマイクロ回路を形成するのです。

わかりますか?

ワクチンに含まれるとされるショ糖のような塩の結晶化について集められた科学的な文献はすべて、これとは何の関係もありません。

絶対に関係ありません。ここにもその一端があります。

この自己組織化のメカニズムは、テスラフォレシスではないかと考えています。

それは、外部の電磁場

環境そのものの放射です。

ご存知のように、現在、さまざまな周波数の電磁波が放射されています。右の写真はその一つです。

これらは、最初は気づかれない可能性のある画像です。

しかし、その背後にある科学文献の知識を理解すると

それは、私たちがライブで見たものとほとんど同じです。

これらの画像はとても印象的です。

特に人工的なパターンがある最後のもの。

そして私は、この情報が人々に提示されるとき、たとえ最もコロナに洗脳された人であっても、

彼らがメディアによってさらされてきた催眠から容易に目を覚ます傾向があること言えます。

グラフェンです。

公式メディアによると。

私たちは、2019年と2020年キャンペーンのインフルエンザワクチンが高齢者向けであることを知っています。

特に、当時私たちが顕微鏡下で分析したシロマス・ワクチンは、事実上グラフェンしか含んでいませんでした。

これは放射線照射を行い、より多くの量のグラフェンをもって、両側性肺炎を起こすことができる。

しかし、これらはグラフェンを運ぶだけでなく、ご覧の通り、このような銃筒のようなものをも運ぶのです。

下の部分が上の部分に近づいています。
次のフレームでは、既にどのように結合されているかを確認できます。

ほらね?

これは、2次元材料の自己組織化と呼ばれます。

実際にはこの意味では2次元と言える。

試料中の人工パターンとマイクロテクノロジーの識別。

今度は人工的なパターン識別です。あなたは今、ライブ動画で見ましたね。

このビデオを私の声で編集して偽造して白丸?のようなものをつけた人もいます。

この動画は国家情報局と政府のおかげで急速に広まりました。

彼らは、我々ラ・クェンタ・コラムナのメッセージを混乱させ、信用を落とし続けることを広めようとしている。

それが今、行われていることです。

ここで、フィルタを変更してみます。

この角度でエッジを見ると、これが人工的なオブジェクトであることがわかります。

それは結晶ではありません。

当時の人々に信じてもらいたかった。

つまり、一部の人にとっては、私たちがラ・クェンタ・コラムナで行っている膨大な研究成果を間違った情報にしたり、信用を失墜させようとしても、すべてが有効で証明できるのです。

次は、今まで見てきたものとは違うものを見ていきます。

可能性はあります。

血液が行うことは、赤血球 (赤血球) の凝集です。
予防接種を受けた人の血液に見られるように。

これは私たちがやらなければならないが、保留しているもう一つの分析だ。

なぜ?

ワクチンに正確に導入されたグラフェンが放射線を吸収して増殖するからです。

ある意味で得られた結果は有名なルーロー?効果です。

ここでは、コンポーネントとは何かが明確にわかります。

これらは、回路の一部のように見えるコンポーネントです。

人工的な装置にはっきりと反応することがわかるように角度をよく示します。

結晶化や塩の配置とは全く関係ありません。
塩はそのように結晶化しない。特にショ糖はこうなりません。

Googleの科学文献で調べることもできます。

さらに、これらの写真を撮影して、それが何かをGoogleに尋ねることもできる。

回路とナノテクノロジーの会社にリダイレクトされます。

どういうわけか、彼らがチャットで言っているように、彼らは私たちに信用を与えてくれただけなのです。
彼らはとてもアホです。

「ダイオードのように見えますが」と誰かがここでコメントしましたね。

ナノレクテナの中には、DCからACへのダイオード整流ブリッジを備えているものもあります。
その可能性が高いです。

明らかにこれはマイクロテクノロジーです。

これが覆い隠していたものもしくは隠していたものあの有名なハイドロゲルです。

そのため特に低温に保たなければなりませんでした。

サンプルの蒸発が継続しないように、これを観察することができました。

例えば、すでに日本で起こったように。その国では何百万ものワクチンが回収されました。モデルナからのバッチ。

これは1000倍以上に拡大したものです。

近くの磁石も試してみました。紫外線を当ててみました。

私たちはテストを続けなければならない。

しかし、何よりもまず、磁気効果は水素と接触して体内で生じることに留意してほしい。

電子レンジに入れておけば、蒸発はさておき、何かが起こるのは確実だ。

でもとにかく、電子レンジに入れたり、今この瞬間に放出されている周波数と1メートル当たりのボルトの質で家の外に置いたりすると、実際には同じことが起きていたのです。

この画像がはっきりしています。

時間の経過とともに少し進化しています。
サンプルが進化するとします。

これは科学文献にもかなり見られる。

かなり頻繁に。

サイズは約50ミクロンである。幅は50から100ミクロンです。

明らかに、材料や塩の結晶化はこの方法では起こりません。

そして最後に、時間が経つにつれてより精巧なイメージが出てきた。

ビデオ:これがコミナティ ファイザーワクチンの中身です。周りの人と共有しましょう。

リカルド・デルガド:そうですね。この動画はラ・クォンタ・カラムナのTelegramチャンネルに投稿されました。

ここから私たちが求めるのはダウンロードして周囲の人に見せることです。

知人・親族。もちろん、ソーシャルネットワークに投稿してください。

いや、本当。

とんでもない技術ですね。

これで人体内で回路を作ってブルトゥースの電波を飛ばしてるのか。

これはDARPAが研究して作ったものという情報も出てます。

1280px-DARPA_Logo.jpg

ひじょーに興味深いので、また続きを載せましょう。

本当にありがとうございますた。


↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!!予約開始!1月24日発売!

ショップ情報:
国産精麻 1400円
自作ソーラーパネル発電講座 録画動画 7000円

直近イベント:
・11月27日(土)1千万プレーヤーを目指せ!稼ぐ農業!佐伯康人さん

目指せYoutber:
ゴールデンタマちゃんねるスタート

1/17 また久しぶりに動画アップしますた。今回は金融崩壊ネタです(笑)


メルマガ始めました:
サポーター会員募集中(月額777円)

↓1日1回応援クリック

スポンサードリンク

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう