大峠の超え方シリーズ2 冬眠について

スポンサードリンク

ぁぁあああ
き、金玉がぁぁ

000240.jpg

 19日朝は全国的に冷え込みが厳しく、長野県内では本州で過去最低の気温を観測しました。

 長野県上田市の菅平高原では、午前4時前にマイナス29.2度を記録。これまでに本州で観測された最低気温を更新しました。長野県内では市街地でも軒並みマイナス10度前後の冷え込みになっています。全国的に見ても、札幌や金沢などでこの冬一番の寒さでした。東京は6回目の氷点下を記録しています。冷え込みをもたらした寒気の影響で、日本海側は19日も雪が降っています。ピークは越えましたが、まだ局地的に強く降っているところがあり、鳥取市では19日朝になって10センチ以上、新たな雪が積もりました。福岡市内も依然として2センチほどの雪が残っています。午後も気温の低い状態が続きます。路面凍結によるスリップ事故や屋根からの落雪、雪崩などに注意が必要です。

マ、マイナス29℃?
どうりで一昨日はブログを書く手がかじかむと思いますた。
やらせはせん!
これから日本から出るであろう次元を超える人にメッセージを伝えねばならない。
大峠の超え方シリーズを再開しなければならない。
ガクガクガクガク
なぜかか金玉の震えが止まりませんですた。
ひょっとして次元を超えてその人と感応し合ってるからなのでしょうか?
その人もワタスの想いを受け取ってチリンチリンと2人の金玉が共鳴しあってるからなのでしょうか。。
そう思ったのですが。

うーん。
-29℃ってあんた。。

アルゴアさんが、地球温暖化などとしきりにいっていましたが。
以下地球温暖化を必死に訴えるアル・ゴアさん
e0171614_11455671.jpg

どこが温暖化してるんだこの野郎!
なぜ皆様からは、そういう至極まっとうな突っ込みがされないのでしょうか。

ところでそんな話はさてよりワタスが注目したのは以下の記事です。

食料なしで雪中2カ月、男性救出 スウェーデン、冬眠状態か
 男性が食料なしで約2カ月間過ごして発見された車=18日、ウーメオ(ロイター=共同)
 【ロンドン共同】スウェーデン北部ウーメオ近くの林道で、雪に埋もれた車の中に食料なしで約2カ月間いたという男性(45)が救出された。ロイター通信が18日、地元紙の報道として伝えた。
 人間は通常、水だけで1カ月程度は生き延びられるとされるが、地元紙は、男性が寒さの中で31度前後の低体温の冬眠状態になり、体力を消耗せずに生存できたのではないかとの医師の見方を伝えた。
 男性は17日、近くを通りかかった人に発見され、救助隊が病院に搬送。昨年12月19日からずっと車の中におり、寝袋に入り雪を食べていたという。発見時は衰弱していたが、回復に向かっている。

そしてこれは去年のニュースです。

「冬眠状態」奇跡の生還 六甲山遭難の兵庫の男性退院
 神戸市の六甲山で10月に遭難し、24日ぶりに救助された兵庫県西宮市職員の打越三敬(みつたか)さん(35)が19日、奇跡的な回復力を見せて病院を退院した。意識を失ったまま20日以上も飲まず食わずで、発見された時は体温22度、心肺停止状態だった。持っていた焼き肉のたれと水で飢えをしのいでいたとも伝えられたが、意識があったのは2日間だけで、「たれは数滴試しただけ」という。治療にあたった医師は、低体温の「冬眠状態」だったことが幸いして回復できたのではないかと分析している。

ぇえ?
冬眠?

そう。
あまり知られてないことではありますが。
人間は冬眠できる。
何かしらの条件が重なれば冬眠状態になる。

冬眠する動物はいろいろいますよね。熊とかシマリスとか。
しかし、冬眠とはそういう動物だけの特権ではなかった。
哺乳類は共通して冬眠可能な仕組みを体に持っているのですた。

http://www.kitasato-u.ac.jp/sci/resea/seibutsu/joho/studies01.htm
シマリスの冬眠特異的タンパク質HP-20,-25の遺伝子の肝臓特異的な転写が,哺乳動物に共通に存在する転写因子HNF-1,-4によって制御されていることが明らかになった。従って,哺乳動物の冬眠は,冬眠動物特有の特殊な機構によって成り立っているのではなく,むしろ哺乳類に共通な機構を冬眠用に再調整することによって行われている可能性が強い。
したがって、人間も、適切な環境を人工的に作ることで冬眠できるのかもしれません。研究者は、シマリスの長寿命(11年)から、冬眠することで寿命が伸びるのでは、とも言っているようです。

科学的に言っても人間だって冬眠可能なのです。
ワタスの書きたかった大峠の超え方。

これから苦難の3年半が来る。
本当は氷河期が来る可能性すらある。
これから来るつらく厳しい3年半どうやってやり過ごすのか。
それがこのシリーズのテーマですた。

その答え。
そう冬眠してやり過ごすんだ。
だからこそ、ワタスはこのような極寒の地に移り住んだのです。

くほほほほほ

とかなんとか。
完全な冗談です。

ちょっと-29℃という恐ろしいニュースを見てこんな記事を書いてみますた。
参考にして寒空の中、車内泊などしてみて下さい。

本当にありがとうございますた。

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう