ケルビン14面体 バシャールトークライブお疲れ様でした

スポンサードリンク

ヒャッハー!

さて、先日はトークライブお疲れ様ですた。

以下は、今回の説明図。

今回もひじょーに難解なお話ですた。

いろんな話があったのですが。
今回ワタスが面白いと思ったのはケルビン14面体(切頂8面体)の話です。

例えばビールの泡。

これは、良く見ると六角形が敷き詰められてますよね。

これは以下のような立方体。

この立方体は、ケルビン14面体(接頂8面体)と言います。
19世紀末,英国の物理学者ケルビン卿の名前をとってつけられた。

この立方体で空間が敷き詰められてるということです。

ケルビン14面体は、いわゆる空間充填できる立方体なのです。

http://www2.hamajima.co.jp/~mathenet/f20/kelvin.htmより

しきつめると隙間なく空間が埋まる。

ちなみに京都の七条大宮の交差点の外灯はなぜかこのケルビン14面体だとか。
で、地底人さんが言うには人の意識がこの世界を映し出している。

体の中が、外側に映し出される。
うちわーそと。
外と内は一緒。

ということは、空間を充填できる立方体は、体の中、意識の中にも存在する。
これはひじょーに重要な意味がある立方体ということですた。

これはひじょーに良く分かる。

この形は、各地の神社にある六芒星マークですよね。

↓例えば、伊勢神宮の六芒星マーク。
tourou121311214.jpg

isejingu_rokubosei.jpg

これも六芒星マークですよね。
middle_1252043219.jpg
もののけのしおりちゃんもこのような図を描いていた。


あの神聖幾何学の名著。

フラワーオブライフの著者のドラヴァロ・メルキゼデグ氏もこんな図を描いていた。
 
   
ワタスはまだ読んでないのですが、この人の理論は地底人さんの話にかなり似てます。
まぁ、とにかく重力や次元の変換点。

次元転換、物質変換。

意識の中にある形が何らかのキーなのか。

六芒星、六角形。
放射能除去の話もそうですが。

例えばトルマリンは俗に「電気石」と呼ばれています。
フルボ酸などのナノ結晶構造、そして特に炭。

こういう物質は六角形構造をしている。

これはトルマリンの結晶構造。

173tourmal.gif

どうもやはりここら辺がキーなんだ。
昔の人はこれを知ってた。

だから陰陽師もそうだし。
神社などにその痕跡が残ってる。

いよいよ真理に近づいてきたなぁと思ったのですた。

本当にありがとうございますた。


目指せYoutber:
祝!玉ちゃんねるスタート

メルマガ始めました:
2019/11/28 CS60内部情報

直近イベント:
電気を自給自足しよう!祝!自作ソーラーパネル発電講座! in山梨 12月14日(土)

ショップ情報:
国産精麻 1300円

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう